スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED電球レビュー/三菱電機オスラムの調光器対応は使えるか? (前編)

先日入手した三菱電機オスラムの調光器対応LED電球 「PARATHOM LDA12L-H/D」 を階段吹き抜けのPHスノーボールで試用してみましたので、レビューなど軽くしたためてみたいと思うのであります。 


1. (最初は) 赤い 

どういう理屈によるものなのか定かではありませんが、点灯直後の光色は若干ピンクがかったものになります (同様の指摘はAmazonなどのレビューでも頻繁になされています)。 数分も経てば普通の色になりますので実用上の問題はありません。 
私は最初こそ面食らいましたが、慣れるとこれも雰囲気があってアリかなと感じるようになりました。 

13051801赤い
左が点灯直後。 10分経過後の右と比べてかなり赤味が強いです。 


2. 明るい 

LDA12L-H/Dの全光束は810ルーメンと、現在販売されているLED電球の中ではかなり明るい部類。 
600ルーメンのシャープDL-LA6BLとの比較でも、明るさの差は明瞭に感じることができます。 少しでも明るいのは、白熱電球200W相当が究極目標の私にとっては嬉しいポイント。 もちろんその分消費電力も9.6Wから12Wと増えるわけですが。 

色調はシャープよりもオレンジ寄りで、より白熱電球に近い印象でした。 

13051802明るい
左が三菱電機、右がシャープ。 
…画像ではあまり違いが出ませんね (笑)。 でも実物ではかなり印象が異なるんですよ。 



3. 大きくて重い 

LED電球は同程度の明るさの白熱電球よりもサイズが大きいのが通例ですが、その中でもLDA12L-H/Dは相当大柄となります (全長125mm、外径62mm)。 

13051802大きさ比較
左から、200W白熱電球、シャープDL-LA6BL、電球形蛍光灯 (100W相当)、LDA12L-H/D。 さすがに200W電球よりは小さいですが。  

さらに驚くのはその重量で、なんと実測で196グラム。 あまりピンとこないかもしれませんが、下の画像で他と比較してみればそのヘビー級ぶりをおわかりいただけるかと思います。 

13051803重量比較3


重いことが実用上の問題となる局面は多くないと思いますが、照明器具への取り付けなどの際に落としたりしないよう注意が必要です。 


(長くなりましたので分割。 後編へ続きます) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。