スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMMソーラーの結論

えー、
最後の記事を書いてから既に1年以上が経過しました。 
今更感はレッドゾーンを軽々と突破していると思料いたしますが、自分で広げた風呂敷は自分で畳まねばなりません。 

ということで、DMMソーラー (発電量シェアプラン) 導入の結論についてご報告します。                                                                                                                                                                                                                                         



見送りました。 

ハイ。 

盛り上げるだけ盛り上げておいて結局それかいっ! というご批判はもっともですので甘んじてお受けすることとして、見送りの理由を一言で申し上げるならば、

DMMという会社に対し、今後10年間付き合えると思えるほどの信頼感を持つに至らなかった 

ということになります。 

以下、経緯を簡単に記しておきます。 


DMMソーラーへの申し込み過程において、DMM自身からあったコンタクトは数本のメールのみ。 その内容もシミュレーション結果に関する連絡等、初期段階の事務的なものにとどまり、詳しいことは工事を行なう施工店と直接やってくれ というスタンスのようでした。 

現地調査を行なっていただいた施工店の対応は可もなく不可もなくという印象でしたが、私が最も心配していた雨漏り時の保証対応について尋ねてみると 「そういったことはDMMさんに問い合わせていただけませんか」 というご回答。 脳裏に浮かぶ 「たらい回し」 という単語を必死で振り払いつつ、DMMへメールにて質問してみましたが、それに対するレスポンスは待てど暮らせど返ってきません。 

時をほぼ同じくして、DMMがどういう会社なのかについて詳しく知ろうとするもののその全貌を明らかにする情報を探し当てることが出来ず、グイグイと前面に出てくるのはひたすらアダルト関連ビジネスばかり (のような気がする) という状況にいささか辟易していたことも手伝い、すっかりやる気を失って放置しているうちに、いつの間にか 「発電量シェアプラン」 の提供自体が打ち切られていたという (笑)。 

なので、正確には 「見送った」 のではなく、「気持ちが萎えるのと同じタイミングでプランの提供が終了した」 ということになりますかね。 もっとも、プランが継続していたとしても一度消えたやる気が再燃した可能性はきわめて低いと思っていますが… 


13051501DMM終了
発電量シェアプランは2012年末に締め切られ、現在DMMは 「コミコミ全部入り」 で特色を出したパッケージプランを展開しています。 



以上です。 

言うまでもなくこれはあくまでも私個人の話であり、DMMソーラーの発電量シェアプラン自体を否定するものではありませんのでその旨ご了承いただけると幸いです。 関心を失うきっかけとなったメール返信の件についても、単なる手違いであった可能性は十分にありますので。 


一時は大いに関心を抱いた者の一人として、DMM発電量シェアプランの対象となった方々が今後ノートラブルでメリットを享受されるようお祈り申し上げます。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

シェアプランなくなってたんですね。

こんばんは。

昨年の記事は、当時大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

家づくりの当初は、太陽光に付けられる予算などないと考えていたのですが、DMMソーラーと楽天ソーラーの登場で、急に可能性を感じて検討を始めたのを覚えています。

そういう意味で、非常にすばらしいサービスだと思っていたのですが、なくなってしまったのは残念ですね。

でも、結局DMMでも楽天ソーラーでもなく、普通に購入して付けたんですけど(苦笑)
どちらもかなり安いのですが、必ずしも最低価格というわけでもありませんでした。

あと、雨漏りの件は、結構どこに聞いてもグレーな印象でした。
太陽光の業者も、施工を起因とする雨漏りは保証するが、元々の屋根の問題の場合は保証しない。一方で後付け太陽光を付けると、ビルダー側の10年保証から外れてしまう。

となると、太陽光に起因しないとされる雨漏りが発生した場合ってどうなるんですかねぇ。

まっしんはやぶさ様

こんにちは。 お久しぶりです (^^) 

当ブログの記事を参考にしていただけたとのこと、ありがとうございます。 それなのに完全に尻切れトンボで放置していたことを申し訳なく思いますが、太陽光について納得のいく選択が出来てよかったですね。 「発電量シェアプラン」 は結局のところ利益の一部を会社側が持っていくシステムなので、投資効率最大化を狙うなら、多少のリスク覚悟でも自腹による設置しかないのだろうと考えています。 

太陽光の後付けによりビルダーの保証から外れるという話は知りませんでした。 落とし穴になりかねませんね…  
太陽光自体を諦めたわけではないので、今後の参考になります。 ありがとうございました。 

お久しぶりです(^^)

DMMを検討されているぐらいですから、国内メーカーにこだわりがなければ、今はかなりパネルも工事もお安くなっていますので、お屋根の条件によっては充分ペイできる条件で取り付けられるのではないでしょうか?

あと、雨漏りが心配な場合は、垂木施工ができるLIXILのソーラーラックもお勧めかも。
http://www.lixil.co.jp/lineup/solar_roof_outerwall/solar/roof/solarrack/
我が家では決めませんでしたが、結構頑張った見積もりを出してくれました。

私のブログでも太陽光購入の顛末をいずれ書く予定ですが、かなり先になりそうです(苦笑)

まっしんはやぶさ様

いろいろと有益なご助言、感謝致します。 助かります (^^) 

それにつけても、まっしんはやぶささんのブログを拝読していつも感心してしまうのは、過去の出来事に関する記憶力の確かさです。 細かなディティールまでよく覚えていらっしゃるなあと。 私はだいたい一週間くらい経つとどんどん記憶が怪しくなっていきますので (笑) 

太陽光導入の顛末の記事を楽しみにしております。 

いやー、間違っていました(汗)

直近の記事で思いっきり、記憶間違いがありました(笑)。
早速訂正記事を準備していますwww

さすがに、一年前の話しだと、かなり怪しいです・・・・(汗)

いつもお読みいただきありがとうございます♪

まっしんはやぶさ様

訂正記事、さっそく拝読いたしました。 なるほど。 

いやそれにしてもすごい記憶力だと思いますよ (^^) 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。