電力メーターボックス考察

13050711電気メーターボックス

わが家の外壁に貼り付いている、電力メーターのボックスであります。 

どうしてまた今頃になってこんなものが気になりだしたかと言うと、最近複数の方のブログでメーターボックスがらみの記事を続けざまに拝読したから  という存在の耐えられない軽さ。 

それはともかくそれらのブログに共通して見られるのは

・HM標準のメーターボックスはダサい 
        
・ならばクールでスマートなデザインのボックスを施主支給してやろうじゃないか 


という思考の流れであり、そういう観点で改めてわが家のメーターボックス (パナソニック BQKN8314WK) をじっくり観察してみますれば、



13050712メーターボックスアップ

ウン確かにダサいわ (笑)。 

というかそもそも建築プランニング当時のわたくしは電気のメーターボックスを自分好みのデザインのものに変更することなど思いつきもしなかったのであり、皆様の家づくりへのこだわりと発想の柔軟さには頭が下がる思いであります。 えらいなあ。 


さてせっかくの機会なので、後学のためスマートデザインのメーターボックスにはどんなものがあるのか調べてみました。 

13050713パナソニックメーターボックス
パナソニックのスマートデザインシリーズのWHMボックス。 シリーズトータルで2011年度のグッドデザイン賞を受賞しているそうです。 

13050714カワムラメーターボックス
グッドデザイン賞受賞と言えば河村電器産業のこちら (ワットメーターボックス MXV) も。 エレファントデザインの 「空想生活」 から商品化されたというあたり、デザインコンシャス系プロダクトの王道という雰囲気が漂います。 

13050715カワムラメーターボックス2
同じ河村電器のMXOシリーズは、上のMXVシリーズよりもリーズナブル。 

13050716日東工業メーターボックス
日東工業のMBCシリーズは、シルエットがパナソニックのスマートデザインとよく似ていますね。 


軽くググってみた感じでは、このあたりが代表格のようです。 
思ったよりもバラエティに乏しく感じられるのは、電力会社の認定だか何だかを取得するために相当複雑で面倒なお役所的手続きが存在するためではなかろうかと勘ぐってみたり。 


ともあれ、次回 (ざっと見積もって来世あたり) 家を建てる時には是非メーターボックスにもこだわってみようと決意している神楽嶽でございます。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)