スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスルームに透明ガラス窓とブラインド

これまでの記事でも何度か話題にしていますが、わが家のバスルームの窓は、透明ガラスとブラインドの組み合わせにしています。 

13050202バスルームの窓

プランニングの際、標準のすりガラス仕様から透明ガラスへの変更を申し出たところ、営業さんやコーディネーターさんから 「本当にいいんですか?」 と何度も念押しされました。 
プロがそこまで懸念を示すということは、透明ガラスの採用によって何か思いもよらない重大な不便が発生するおそれでもあるのだろうかとちょっぴり弱気になったものですが、2年間実際に暮らしてみての結論は、「透明ガラスにして後悔なし」。 

浴室のガラス扉を通して視線が屋外まで抜けることによって得られる解放感は目論見どおり。 下ろしたブラインドのスラット越しであることが大半とはいえ、そのままの景色が目に入ってくるのは気持ちがよいものです。

13050201バスルームの窓

もちろん入浴時はブラインドでシャットアウト。 照明の位置などによってはすりガラスに入浴中のシルエットが映るケースもある (窓の対面の壁に照明器具を取り付けるのはNGらしい) とかで、その点ではむしろ完全に視線を遮ることのできるブラインドのほうが優秀であると言ってよいかもしれません。 

あえて弱点を挙げるとすれば、ブラインドの掃除が面倒なことくらいでしょうか (掃除なんて滅多にしませんが、やってみるとアルミのスラットがベキベキと曲がってけっこう鬱陶しいです)。 


などと言っていたら、世の中には 「ブラインド内蔵ペアガラスサッシ」 という技ありアイテムが存在するそうじゃないですか。 

13050203ブラインド内蔵複層ガラス
画像はリクシルのHPよりお借りしました。

これならばブラインドは汚れようがないので、掃除は不要 (というかやりたくても不可能)。 また、以前発生した風で暴れたブラインドが窓辺に置いたものを転落させるような事故が起こる心配もありません。 
YKK APの 「ペアハートシルキー」 などのように、ペアガラス内のブラインドを昇降できるタイプもあるようです。 

プランニング時には浴室用にこんな便利なものがあることを知らなかったため、今になって少々悔しい思いをしているわけですが、たとえ知っていたとしても疑り深い神楽嶽のこと、ブラインド部分が故障した場合のリスクを嫌忌して採用は見送っていた筈だ。 きっとそうに違いない。 と、自分自身に無理矢理言い聞かせる日々であります。 


いずれにしましても、「浴室窓=すりガラス」 と先入観で決めつけてしまわずに、「透明ガラス+ブラインド」 の選択肢を視野に入れて検討することには、それなりの意義があるのではないかと思料する次第。 

以上、浴室への透明ガラス採用の一例として参考にしていただけると幸いです (^^) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

コメントは初めましてですが、ブログを書く前から神楽嶽さんのブログは読ませていただいていました。
こっそり参考にさせていただいていました。
ご挨拶もせずにごめんなさい(汗)

我が家もバスルームは透明ガラスとブラインドです。
そして、本当は「ブラインド内蔵ペアガラスサッシ」にしたくて検討していたので、思わずコメントさせていただきました。
家のお風呂は、ベランダへの掃出し窓なんですが、テラス窓には採用できるブラインド内臓のモノがないと言われ、泣く泣く諦めた箇所でした。

未だにこのことは残念に思っていたんですが、
『ブラインド部分が故障した場合のリスク』
全く考えていませんでした。
おかげでようやく諦められました(笑)

透明ガラスとブラインド、いいですよね?
私も気に入っています。

はな様

はじめまして。 こんばんは。 コメント下さりありがとうございます。 
それから、これまで当ブログをお読み下さっていたことにも感謝申し上げます。 とても嬉しいです (^^) 

はなさんのブログを拝読させていただきました。 お風呂からベランダへの透明掃き出し窓、とても開放感があっていいですね! 浴室の窓をもっと大きくできればよかったと呟いているうちの妻などは、相当羨ましがると思います。 

テラス窓はサイズが大きいので、ブラインド内蔵は難しいということなのでしょうか。 もしあったとしても、大型なだけに故障した時の修理もおおごとになりそうなので、セパレートタイプで正解じゃないかと思いますよ (無責任な意見で申し訳ありませんが)。 

今後ともよろしくお願い致します (^^) 

No title

ちなみにうちは磨りガラス+ブラインド。。。
やり過ぎました(笑)

you036様

いやいや、鉄壁のガードで頼もしいじゃないですか。 
備えあれば憂いなし です (^^) 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。