スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆで卵の殻を剥きやすくする方法

(ここのところ料理ネタが頻繁に登場して申し訳ありませんがまあそういうブログです) 

先週末生姜焼きを作った際、ポテトサラダを付け合せにしました。 
レシピは以前記事にしましたのでご興味のある方はそちらをご覧いただくとして、今回はいつもポテトサラダに入れている茹で卵の、殻を剥きやすくするテクニックについてご紹介したいと思います。 

※テレビ番組などでも紹介された有名な方法ですので、この時点で 「ああ、あれか」 と思われた方は華麗にスルーしてやって下さい。 



一秒で終わります。 

「コロンブスの卵」 の要領で卵を立たせ、殻のお尻 (尖っていない方) にヒビを入れておく。 

13050201コロンブス

これだけ。 

この卵で作ったゆで卵は、クセになるくらいにツルンツルンとスムーズに剥くことが出来るのです。 

13050203ツルン

どうしてそうなるのかと言いますと、 

・ゆで卵の殻が剥きにくいのは、白身が薄皮に張り付いてしまうため。 
    ↓ 
・白身が薄皮に張り付くのは、白身に含まれる二酸化炭素が温められて膨張するため。 
    ↓ 
・卵のお尻にヒビを入れることで、そこから二酸化炭素が抜けていくため白身は薄皮に張り付かない。 
 (卵のお尻の部分には気室 (殻と薄皮の間の空気層) があるので、薄皮には傷が付かない) 
    ↓ 
・白身が薄皮に張り付かないので、殻は簡単に剥くことが出来る。 

このような理由によるのだとか。 

あと、産んでから日数の経った卵はガスが自然に抜けていくため、このテクニックを使わなくても殻は剥きやすくなるのだそうです。 最近のゆで卵が昔に比べて剥きづらくなったと感じるのは、流通が発達して新鮮な卵が手に入るようになったからなんですね。 


まあ小難しい理屈はともかくとして、この裏ワザ、剥くためだけの目的でゆで卵をたくさん作ってしまいたくなるほどの快感がありますので是非一度お試しください (^^) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。