うちの洗面台で化粧は綺麗にできるのか?

パナソニックが、新開発の 「ツインラインLED照明」 を組み込んだ洗面化粧台を発売するそうです。 

・鏡の中央部分に2本の縦型LED照明を組み込んだ 「ツインラインLED照明」を新たに開発 
・洗面化粧台 「ラシス」、「ウツクシーズ」、「シーライン」 の全てにラインナップ 
・6月21日より受注開始 


 13050101ツインラインLED照明
 画像はプレスリリースよりお借りしました。 


一般的な洗面化粧台用照明では頬や顎などの下に影ができやすく、化粧ムラや髭の剃り残しなどが起こりがちなのだとか。 「ツインラインLED照明」 は、縦型のLED光源で正面両サイドから顔全体を照らすことにより、こういった問題を解決するのだそうです。 
同様の発想で両サイドに蛍光灯を組み込んだ洗面台は既に実用化されていますが、場所を取るためにミラー裏の収納スペースが減るというデメリットがあります。 これに対し 「ツインラインLED照明」 は、コンパクトなLED光源の利点を活かし、収納スペースは従来通りの容量を確保しているとのこと。 

LEDの特性をうまく利用した面白い製品だと思います。 爆発的にとはいかないまでも、それなりの人気を博すのではないでしょうか。 


 13050102化粧も大丈夫
 「化粧の失敗が少ない」 というのは女性にとっては大きな訴求ポイントかと。 




さて、この観点より、わが家の洗面台まわりを眺めてみました。 

13050103洗面台ダウンライト

明かりは遥か上空のダウンライト with LED電球から燦々と降り注いでまいります。 
パナソニック言うところの 「頬や顎などの下に影ができやすい」 旧来型洗面台照明の典型ですな。 

このことがもたらす悪影響ですが、「髭の剃り残し」 問題に関しては、わが家においてはどちらかというと旧くなって剃り味の悪くなったシェーバーの影響のほうが大きいのではないかと思われ、照明に対して特段の不満は感じていません。 というかはやく新しい髭剃り買うてくれ。 

それではもう一方の 「化粧ムラ」 問題についてはどうでしょうか? 
あいにくわたくしにはソッチ方面の趣味はないので妻に尋ねてみましたところ、

ぜ~んぜん大丈夫!」 

と、まことにアッケラカンとした答えが返ってきました。 

光線の加減か何かで鏡に映った顔にたまたま陰影ができにくくなっているからなのか、それとも化粧という行為に対するわが妻のスタンスがひとよりも鷹揚で大雑把であるためなのか、理由は定かではありませんが、とにもかくにも妻が現状に満足していることがわかって安心した次第であります。 


もし万が一 「化粧がしづらい! なんとかして!」 などと泣き付かれたら、下からもスポット光を照射して頭上からの光を相殺すれば解決するのだろうかと妄想してみたり。 光量のバランスに注意しないと 「肝試しでアゴの下から懐中電灯を当てている人」 みたいになってしまいそうですけど。 


 13050104肝試し
 こんなカンジで。 コワイよう。  


まあいざとなったら、「化粧なんてしなくても、キミはそのままで十分キレイだよ」 という常套句の力を借りればいいさ。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)