スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに断捨離に着手/わが家のビリーは笑わない

以前の記事でもちらりと登場した、入居以来2年以上の長きにわたり手つかずのまま放置されているPCコーナー隅のダンボール箱。 中身は大半が書籍や書類の類であります。 

13032303手付かず

まあ何ですか、2年間も手を付けなかったものはこの先一生無かったとしても困らないものなのでそのまま廃棄してしまいましょう というのが人生がときめく片付けの魔法的な何かであることはなんとなく承知してはおりますが、そこまで思い切れる勇気があるならもっと早くに捨ててますって。 

とはいえ未来永劫このままでよいわけでもなく、折からの 「カウンター机の下に収納用品を置きたいのにこのダンボールが邪魔! なんとかして!」 という妻の苦情にも背中を押され、まずはダンボール内容物の移転先を確保すべくPCコーナー背後の書棚の整理から (しぶしぶ) 着手することにしたのであります。 

13042203ビリー・ザ・ブックシェルフ

書棚完成時にとにかく適当に突っ込んだ時のままなので、整理の余地は大きいです。 

13042204無造作

不要な書籍のピックアップを最上段から開始、バサバサと無造作に床上に放り投げていきます。 

13042205成果

2時間くらい頑張って、みごとこれだけの量の削減に成功致しました。 

13042206変わらん

なのに作業前とほとんど印象が変わらないのはいったい何故なんだッ!? 

……ローマは一日にしてならず。 これから地道にじっくり少しずつ進めていこうと思っています。 



さてわが家の書棚は、イケアのBILLYとBENNO (真ん中のCDラック) のコンビネーションであります。 震災後の再オープン直後のイケア港北店で大量調達し、苦労して壁一面に組み立てたことも今となっては思い出の1ページ (笑)。 自分で組み立てるのは確かに面倒だけれど、その分愛着も増すんだよねえ  などというセリフがつい出てしまうのはイケアマジックにガッツリ洗脳されている証拠なのであり、もはや後戻りはできません。 

BILLYについては、棚板が書籍の荷重に耐えきれずに変形してしまったという事例が多く報告されているようです。 私も購入前にその情報をブログへのコメントで教えていただいたため、当初考えていた80センチ幅×2棹のプランを、40センチ幅×4棹へと急きょ変更したのでした。 

もはやBILLYの宿痾と言っても過言ではない 「たわみ問題」 ですが、情報サイト All Aboutのとあるページによると、それに 「ビリースマイル」 というニックネームを付けている方がいらっしゃるのだとか。 
以下、引用させていただきます。 

悩みは、本が多すぎて棚板がたわむこと。たわんだ状態は「ビリースマイル」と呼び、それも個性と考えて愛用されているとのこと。これは素晴らしい発想! 経験上、歪まない本棚はありませんし、スマイルが家の中にある、と思えば、多少のたわみは許せてしまえます。


………。 

素晴らしき哉、プラス思考! 
素晴らしき哉、イケアマジック! 


ちなみにわが家のビリーですが、当初の目論見は成功したようで、少なくとも現時点では棚板の変形は一切見られません。 

13042207ビリーポーカーフェイス

これからもゴルゴ13のように決して微笑まず、不愛想なポーカーフェイスのまま口を真一文字に結び続けてほしいと願っていることは言うまでもないのであります。 




13042208ゴルゴ
2か月ぶりのうろ覚えシリーズは 「デューク東郷」。 どこか違うのはべつに今に始まった話ではないので気にしないけどどこが違うんだ? 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

ときめき自体捨てました。

こんにちは。


お懐かしや、ビリー!
健在でなによりです、ビリー!


私は「趣味は断捨離です」というくらい物を捨てます。
でも、ときめく物もときめかない物も捨てるので、
しまった~!と後悔することが何度もあります。
だから、多少溜め込むくらいが丁度いいんです。きっと。


デューク東郷、似てます。似てるんですけどねぇ...
薄いというか、日本色が強いというか、
こういうサラリーマン、どこかで見た気が...

ちむどん様

ビリー健在ですよ! 2年たってもヤレひとつ見られず、(今のところは) なかなかのスグレモノと評価しております。 

「ときめかない物まで捨ててしまう」 とは、男前ですね!(※褒め言葉です) 
私も見習って、それくらいの勢いでやろうと思います。 

本物のゴルゴは確かにもっと濃いですよね。 自分で描いておいて何ですが、この顔じゃとても人殺ししそうには見えません。 
現物の確認を怠っているので、どこがどう違うのかは未だにわからないんですけど。(笑) 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。