ウォークスルークロゼットの使い勝手を進化させる裏ワザ

13041802クロゼット扉

わが家のダイニングの横にある折り戸 (裏側がチョット残念な仕様ですがもうすっかり慣れました) を開けると、

13041803クロゼット

例のウォークスルークローゼットが現れます。 

ハンガーパイプの移設により使い勝手が大きく向上したことは先日の記事でお伝えした通りですが、そもそもこのスペースが手狭になっている根本的な原因は、対面に2棹並んでそびえ立つ洋服箪笥にあります。 

13041804圧倒的存在感

婚礼箪笥だけあって圧倒的な存在感を放っておりますな。 

こちらの面も反対側と同じようにハンガーパイプ仕様としておけば、通路側へのせり出しは減り、動きやすく圧迫感の少ない快適な空間になった筈です。 しかしながらこの箪笥は大切な妻の嫁入り道具 (※「大切な」 がどの単語にかかっているかはヒミツ) であるため、転居にあたって手放すというオプションは最初からあり得なかったのでした。 

要するにこの箪笥の存在は動かしがたい与件なのであり、更なる対策や工夫はこの制約と両立するものでなければならないわけですが、その条件を満たす技を今朝 (早っ!) 編み出したのであります。 


名付けて、「タンスの扉開けっ放し作戦」。 

13041805開放

着替える前にまず箪笥の扉を両方とも開け放ち、その間に出来たスペースで着替えを行なう というただそれだけ の作戦 (笑)。 
それだけではありますが、箪笥の扉と内容物の間の隙間がプラスされることによりフリースペースの幅は確実に拡大、着替えの際に動かす手足が周辺に接触してストレスが増大するリスクを、これまで以上に軽減できるわけです。 

これを前回のハンガーパイプ移設効果も併せて図示すると、以下の図のとおり。 

13041801クロゼット遷移

(1) が初期状態、 (2) がハンガーパイプ移設後、 (3) が 「扉開けっ放し作戦」 遂行時。 

ブルーで示したフリースペースが拡大していく様子がおわかりいただけますでしょうか。 わかっていただけますよね。 ねっねっ! (必死) 


まあ真面目な話、設備の追加や改変等によるハード面での対応にはおのずから限界があるのかなと。 
与えられた条件の中で使い方や暮らし方を無理のない範囲で見直していくようなソフト面での工夫の大切さを、最近とみに感じるようになりました。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど(笑)

ご無沙汰してます。

地階納戸を上手く整理できなく、記事に惹かれてお邪魔しました(笑)

>ブルーで示したフリースペースが拡大していく様子がおわかりいただけますでしょうか。 わかっていただけますよね。 ねっねっ! (必死) 


お写真で、なんとなく~わかるかな~と思った記事が図示で明確に理解できました。ただし、来客あった場合は折り戸は絶対あけないことがお約束ですかしら!?


>しかしながらこの箪笥は大切な妻の嫁入り道具
かかるキーワードが気になりますが(笑)

我が家は、洋ダンスをそれぞれ娘に押し付け・・・和ダンスのみ地階の納戸にしまって収納させました。主人の整理ダンスは、転勤先に強制出国させました(笑)

小屋根収納をほぼ寡占状態にしているので、これは納得させました。

それぞれの趣味への口出し、は絶対しないことは結婚以来の約束ですが、事、家族の大事に関しては毎回綿密なバトルを繰り広げております(*^_^*)

pikotan様

こんばんは。 お久しぶりです (^^) 

完全にタイトル負けしている記事ですみません (笑) 
他人様に参考にしていただける内容ではないと承知してはいましたが、自分としてはエポックメイキングだったのでつい書いてしまいました。 

タンスを娘さんに引き継いでもらうというのはいいですね。 
うちでも将来同じ手が使えるかな? いずれにせよずいぶん先の話になりそうですが… 

収納の問題は奥が深いですね。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)