スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピェンローをつくろう

既に新年度を迎えて春本番という時分に 「」 というのもいい加減どうかと思うのですが、せっかく作り方を覚えたことだし、当ブログ上でも幾度か前フリさせていただいているので、無理矢理ご紹介させていただきます。 

出典は dancyu 2012年12月号 「永久保存版特集 日本一のレシピ」。 この料理を日本に紹介した妹尾河童氏直伝のレシピであります。 

【材料】 (3~4人前) 
 白菜:      半株 
 干し椎茸:    50g 
 豚バラ薄切り: 300g 
 鶏モモ肉:    500g 
 春雨: 適宜 
 そのほか、ごま油、塩、唐辛子、ご飯 など 

13040300前晩から戻す

味の要となる干し椎茸は、前の晩から水に浸けて戻しておきます。 忘れた場合はぬるま湯で30分くらいでも可。 

13040301干し椎茸

戻した椎茸は絞りながら引き上げ、軸を除いて4等分に。 

13040302白菜

白菜を用意。 オリジナルレシピでは大人5人分で一株使うことになっていますが、それだと相当大きな鍋でないと一度に入りきらないので注意してください。 

13040303分ける

葉と軸の部分に分けて、

13040304棒状

軸は棒状にカットします。 これは 「白菜と鶏団子のオリーブオイル蒸し煮」 からのいただきテクニック。 ちょっと面倒ですが、食感がワンランク向上するのでお勧めです。 

13040305鶏もも

肉を準備しましょう。 鶏モモ肉は一口サイズにカット。 

13040306GACKT.jpg

豚バラは食べやすい大きさに切り分けて、

13040307湯引き

熱湯でさっと湯通ししておきます。 
なお、これはくどい脂の苦手なうちの妻向けの下ごしらえなので、気にならない方は不要です。 

13040309椎茸投入

これで材料の下ごしらえは終了。 あとはひたすら煮ていくだけの工程になります。 
干し椎茸の戻し汁に適当に水を加えて強火にかけ、椎茸を投入。 

13040310固いところ

白菜の軸は固いので、早めに鍋に入れておきます。 

13040311肉投入

沸騰してきたら、鶏肉・豚肉を入れて、

13040312ごま油

ここでごま油を回しがけします。 オリジナルレシピでは 「のの字を書くように」 となっていますが、まあ適当に。 

13040313白菜の葉

続けて、白菜の葉を上からガサッと乗せましょう。 

13040314フタをして

最初フタが浮いていても、白菜の葉はすぐに根性が無くなるので程なく閉まります。 
このまま弱火で30~40分ほどコトコトと。 ここまで来れば完成したも同然です。 

13040315マロニーちゃん

本来であればこの間に春雨をぬるま湯で戻しておくという工程が入りますが、面倒なので省略。 
なお、わが家では中村玉緒のCMで有名な 「マロニーちゃん♪」 を愛用しております。 

13040316マロニーちゃん投入

火の通った鍋にマロニーちゃんを放り込み、

13040317ダメ押し

最後にダメ押しのごま油を。 油による執拗な攻撃は鶏団子のオリーブオイル蒸し煮の時と似かよっていますな。 まあ確かに白菜と油の相性は抜群です。 詳しいことはよくわかりませんが、オリーブオイルやごま油なら少々多めに摂りすぎても害は無いのではないかと。 

鍋本体はこれで完成。 

13040318塩

この鍋は食べ方に特徴があります。 
まず取り皿に多めの塩と唐辛子を入れて、

13040319スープ

そこへ鍋の汁を取ります。 味付けは少ししょっぱいかなと感じるくらいがお勧め。 

13040321ひたすら食べまくれ

あとはとにかく食べるのみ! この日は妻が不在でオトコ3人であったこともあり、黙々とひたすら食いまくりました。 

13040322雑炊

締めはスープにご飯を入れて。 もちろん鍋で雑炊にしてもOK。 いずれにせよ卵は入れないのがオリジナルレシピにおけるルールのようです。 


干し椎茸の出汁とたっぷりの白菜が決め手となって、非常に深い味わいがあります。 この冬は練習の意味も兼ねて3回作って食べましたが、これからもわが家の定番となりそうな気配。 

簡単で美味しい鍋なので、次の冬は皆様も是非一度試してみて下さい。 
ってずいぶん気の早い話ですみませんが (笑)。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。