郵便物転送サービスが何年でも更新可能とは言っても

転居などの際に郵便局へ依頼する郵便物転送サービスの有効期間は1年。 
それでは少しばかり心もとなく感じたため、昨年の春に更新手続きを行なって期間を1年延長しました (以前の記事にも書きましたが、更新回数に上限は設けられていないようです。 郵便局のQ&Aページを見るとやんわりと自粛を促しているようですが)。 

新居に入居してから迎えた2度の新年の年賀状には転居した旨のコメントをしっかりと記した (それも2年目は前年に旧住所へ送ってきた人向けの葉書にだけ注記を印刷するという手の込みよう) つもりでしたが、数名の知り合いはいまだに旧住所宛てに送ってきます。 賀状ちゃんと読んでくれてないのね (泣)。
 

多忙を言い訳にして転居直後の 「引っ越しました」 連絡をサボったツケがこんなかたちで回ってきたかと後悔しても後の祭り。 まさか今頃になって 「引っ越しからかれこれ2年が経ちました」 なんて葉書を出すわけにもいかないため、郵便局さんには大変申し訳なく思いつつも、あと1年だけ転送期間を延長させていただくことにしたのであります。 

更新手続きにあたり、今回は郵便局へは出向かず、ネットで申し込むe転居というサービスを利用してみました。 


13032201e転居郵便物転送サービス

手順は上の画像にある通りで、画面指示に従って入力していけば10分程度で終了します。 転送開始日を指定できるので、切りの良いところで4月1日にしました。 
step3で本人確認のために指定の番号へ携帯電話をかけますが、これは自動音声により受け付けられ、24時間いつでもOKのようです。 

携帯電話をかける手間 (と電話料金) がちょっと鬱陶しかったですが、郵便局窓口で申込書に手書きで記入して申請するよりはずっと楽に感じました。 今後引っ越しを予定されていらっしゃる方は使ってみてはいかがでしょうか。 


さて、件の数名の知り合いには次回の年賀状で (※そんな薄情な面々とは年賀状以外のやり取りがある筈もないのであった) 今度こそ確実に住所が変わったことに気が付いてもらう必要があるわけですが、どうしたもんでしょうかねえ…  
住所だけ金文字とかで印刷したりすればいいのかな? 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)