スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックが羽根なし扇風機を発売

最近すっかり暖かくなりましたねー  昼間車に乗ったら車外温度計の表示が24℃となっていて驚きました。 春ですなあ。 

ということで、今回は扇風機の話題をばひとつ。 って早すぎですか? 



パナソニックが、羽根のない扇風機 「スリムファン F-S1XJ」 を発表しました。  

 13030901パナソニックスリムファン


本体はスリムなポール型。 本体下部から吸い込んだ空気をポール前面のスリットから吹き出す仕組みで、ポール内に設けられた独自のループ構造により、揺らぎを持った肌に優しい風を作り出すそうです。 


 13030902スリムファン構造
 独自の 「流体素子技術」 により、ルーバーや首振りなどの可動機構なしで 「揺らぐ風」 を実現したとのこと。 


その他の特徴などは以下の通り。  

・低消費電力のDCモーターを搭載、最小3Wの省エネ運転が可能に 
・幅と奥行が180ミリという省スペース設計 
・ポール外装に、アルミ素材を用いた高品位なデザインを採用 
・ポール部トップにリモコンを装着、取り付けた状態でも操作可能 
・水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」を搭載、冬場は 「ナノイー」発生機として使用可能 

・オープン価格。 35,000円前後を想定 
・5月20日発売 



この製品には、個人的に注目したいポイントが2つあります。 

ひとつは、低消費電力のDCモーターを採用したこと。 

バルミューダデザインのグリーンファンが先鞭を付けて以来、高付加価値扇風機の代名詞となっている感のあるDCモーターですが、パナソニックは昨シーズンまでDCモーター採用の製品をリリースしていませんでした。 
聞けばF-S1XJと同時に発表した従来型デザインの扇風機2機種 (F-CJ329/328) もDCモーター採用とのこと。 パナソニックの参入により、この夏の高付加価値扇風機の市場は昨年以上に活気付きそうな気配であります。 

 13030903パナソニック新型扇風機
 左がF-CJ329、右が328。 東芝のサイエントと同じく羽根が7枚に増えております。 「掃除がしづらいぞ!」 と日本中の奥様から怒号が… 


2つ目のポイントは、「羽根のない」 デザイン。 
タワー型送風機は既にいろいろな会社から出ていますが、ポール状の本体に細いスリットのみという意匠の製品は初めてではないかと思います。 
大手メーカーとしてはかなり思い切ったデザインであり、個人的にはかなりツボ。 よろしいのではないでしょうか。 


ところで、「羽根のない扇風機」 といえばダイソンのエアマルチプライアーを真っ先に思い出しますな。 

 13030904大損エアマルチプライアー
 これこれ。 コイツらです。 

F-S1XJとエアマルチプライアーは 「扇風機らしくない外観の高付加価値扇風機」 という土俵で真っ向から激突することになるわけで、この夏に繰り広げられるであろう涼しくて熱いバトルの行方から目が離せません。 

これまで 「あなそにくでんこ事件」 や 「ヘボルタ事件」 などでたびたび辛酸をなめさせられてはおりますが、私だってメイド・イン・ジャパンのはしくれ、わが国を代表する家電メーカーであるパナソニックの復活を望まないわけではないのです。 

付け加えて言うならば私はダイソンというかその創業者を蛇蝎のように忌み嫌っているのであり (その理由については過去記事をご参照ください)、そういった意味からも 「羽根のない扇風機2013年夏の陣」 におけるパナソニックの大勝利を願い、声を嗄らしつつ応援するものであります。 


頑張れパナソニック! 

打倒ダイソン! 
おとなしくエゲレスへ帰れ!! 


 13030905コイツ
 フフ~ン何をほざいておるのかねキミは? 


…なんだか話が不穏当な方向へ向いてきましたので今回はこのへんで失礼致します。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

いつもブログを拝見してますが書き込みするのは初めてです。
いつも楽しいブログをありがとうございます!

ぼくもダイソンの上から目線のキャッチコピーが嫌で嫌で…
経済が低迷しているからこそ日本製品を買おう!と最近思っています。
パナソニックにはがんばってもらいたいですね!
(いまだにナショナルと言ってしまいます…)

ごん太様

こんばんは。 
ご覧下さっている上にコメントまでいただき、ありがとうございます (^^) 

あの会社の上から目線ぶりはいったい何なんですかねー 
いろいろ考えた上でのマーケティング戦略なのかもしれませんが、単なる 「勘違い野郎」 にしか見えないような気が… 

まあ、日本メーカーが彼らにいいようにやられているのは間違いないわけで、パナソニックをはじめとした日本勢にはもっと頑張ってほしいと思っています。 


パナソニックは私もまだ普通に 「松下」 とか言っています (笑) 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

あははは。 
炸裂してますねー! 

確かにその2社は語感が似てるかも。 
かたや自らのオリジナリティに (過度の) 自信、かたやコピーキャットの謗りを受けてアップルと大喧嘩と、ずいぶん毛色は違いますが。 

日本メーカーの捲土重来を期待したいところです。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。