スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2×4住宅に制震システムは必要か?

住友ゴム工業 (株) が、ツーバイフォー住宅用の制震ダンパー 「MIRAIE・2×4」 を発表、3月5日に発売したそうです。 

 13030701miraie 2×4

制震ダンパーとは、建物の壁内に設置することにより、建物に代わって地震の振動エネルギーを吸収、建物の変形を抑え、損傷を軽減させる機能を持つ設備のこと。  
昨年3月に発売した在来軸組工法用に加え、今回新たにツーバイフォー向けを開発、対応可能な住宅の幅を広げたのだそうです。 

・商品名: MIRAIE・2×4 (ミライエ・ツーバイフォー) 
・適応住宅: 枠組壁工法 (ツーバイフォー) 2階建及び平屋建 (※多雪地域は適応外) 
・サイズ: 高さ 2,450mm (or 2,750mm) × 幅 745mm 

・繰り返し発生する余震にも継続的に効果を発揮 
・高い制震性能により設置箇所数を減らすことを実現 
・特殊な構造と接着方法により、耐久性は90年。 定期メンテナンス不要 


MIRAIE・2×4の商品概要はこんなところですが、ここで同じツーバイ系の住宅に居住する者として疑問がひとつ。 

ツーバイ系住宅には特別な制震システムは不要ということじゃなかったっけ? 

建築プランニング時、地震に対する構造面での備えという面では、「柱ではなく壁全体で支えるので、もともと地震に強い」 というツーバイ系のセールスポイントをよりどころにしてそれ以上踏み込まなかった私ですが、「ツーバイに制震システムは無用」 という情報だけはどこかで目 (or 耳) にしたような記憶があるのです。 

気になって少しばかりググってみたところ、(社) 日本ツーバイフォー建築協会のHPに、以下のような記述が見つかりました。 

制振構造は (中略) 鉄骨造のように振動が長く続く構造や、大きく変形する構造には適していますが、ツーバイフォー工法はもともと変形が小さく、適度に制振性をもった面構造なので、特別な装置等は、あまり採用されていません。


もともと制震性に優れた構造なので、特別な制震システムの必要性は薄い と。 
私の記憶は一応正しかったようであります。 

 13030702ツーバイフォーと地震
ツーバイは揺れの力を 「面」 で受け止め、分散・吸収する。(日本ツーバイフォー建築協会のHPより)


ただ、その一方で、同じ検索の結果、ツーバイフォーと制震システムを組み合わせた工法を売りにしている住宅メーカーもいくつかヒットしました。 以下にリンクを張っておきます。 

 ・ウィーザースホーム (J-ECSS)
 ・GLホーム (GTSウォール) 
 ・インデュアホーム (J-NVA) 

このように実際に採用している住宅会社が既に存在することや、今回住友ゴムのような大手がシステムをリリースしたことを踏まえると、「ツーバイ系に制震システムは不要」 と言い切ってしまうのはいささか無理がある ということになりそうですね。 
ツーバイ用の制震システムは、どの程度の効果が見込まれるものなのか? (=それがあるとないとでは結果がどれくらい違ってくるのか?) という点に関しては、その他の巨大地震対策と同様、究極のところは 「起こってみないとわからない」 ものであると (個人的には) 捉えています。 


いずれにしましても、私はもう建ててしまったので 「ツーバイ系の面構造は地震に強いのだ」 と呪文のように唱えながら住み続けるしかないわけですが (笑)、これからツーバイ系住宅の建築を検討される方の参考になればと思い、今回の記事をしたためてみた次第です。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お早うございます(*´∀`*)
そうなんですか・・
確かにツーバイなら絶対に大丈夫!!
と言い切る辺りで少し無理がありますね・・
勉強になりました^^

リンゴ66様

こんにちは。 

どうもそうらしいです。 住友ゴムの新製品が出るまで私も知りませんでしたが。 

ただ、過去の国内巨大地震後の調査からツーバイ系の耐震性は実証されているようですので、極端に神経質になる必要はないのかなと。 

ま、建ててしまってからあれこれ心配しても仕方ないので、家具の耐震補強や防災用品の充実などに力を入れようかと思っています (^^) 

No title

うちも2x4ですが、東日本大震災の時に実際ほとんど被害がなかったです。
家にいなかったので揺れのほどはわかりませんが、電動歯ブラシが倒れただけで、あとは何事もなかったように被害なし。
多分強いはずです。
そう思いましょう。

you036様

こんばんは (^^) 

大震災の被害がほとんどなかったとのこと、よかったですね。 
ツーバイにお住まいの方の実例をお聞きすると、非常に心強く感じます。 

ありがとうございました。 

2×4住宅に制震システム

2×4の住宅を28年前に建て昨年から、精密耐震診断・限界耐力の計算を行いましたが、建設時は、2×4の住宅は地震に強いとのことで建設しましたが、計算をしたら
みじめな結果で、原因が全面出窓が原因で一方向の偏心率(Re)が大きく
(出窓側が地震に弱い)耐震補強が必要で+制振装置を取り付けて限界耐力が
やっと1.5に近ずくようです。
2×4の住宅は、パネル工法なので地震に強いことは、事実ですが、一部壁が少ない
面等がある場合は、致命的になる場合があるようです。
又、制振装置は、2×4の住宅でも有効のようです。
最近懸念される繰り返しの地震に対して有効なようです。

FM様

はじめまして。
コメント下さりありがとうございます。

なるほど、やはり2×4なら必ず地震に強いというわけでもないのですね。
その意味で、2×4用の制振装置という物にも存在意義がしっかりあるということがよくわかりました。

精密耐震診断、実に興味があるところですが、もしネガティブな結果が出たらどうしようと考えてしまいますね。
何せまだローンを抱える身、問題ありの結果が出てもすぐに制耐震リフォームというわけにもいかないので(泣)

それはともかく、参考になる情報をいただいたことに感謝申し上げます。
ありがとうございました<(_ _)>
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。