スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケアの犬の取り付け

皆様こんばんは。 

本日の当地は温かく穏やかな天候に恵まれました。 このまますんなりと春に突入してくれたらどんなによいかと思いますが、よく考えてみるとそれは花粉による苦悶の季節の到来をも意味するわけで。 
世の中ままならないものですな。 


閑話休題。 
本日はうらうらとした日差しの中、近所のホームセンター 「ビバホーム」 へ自転車を走らせて、

13020201無理やり

こんな格好で戻ってきましたよ。 

13020202ストラップ&梱包ヒモ

抜群の収納力を誇るクランプラーのメッセンジャーバッグ 「ビーズ・ニーズ (The Bee's Knees)」 といえども60×45センチのボードが相手ではさすがに分が悪かったのですが、開いたままのフラップとバッグ本体双方のストラップを梱包用のひもで強引に結束して固定しました。 ここまでかさばる荷物を背負って運ぶことができたというだけでなんとなくテンションが上がる自転車バカ (笑)。 

13020203DIY材料

買い求めたこれらの品々で、後日DIYに取り組む予定です。 またご報告させていただきますよん  
(⇒ DIY完了しました



DIYといえば、今回の本題はこちら。 

13020204IKEAのしっぽ

イケアで買った犬の下半身フック 「BÄSTIS」 の取り付けを行なったのであります。 

13020205壁紙

取り付け先は次男坊の部屋。 下地探し 「どこ太」 で決定したポイントに鉛筆で印を付け、周囲の壁紙にカッターでVの字の切り込みを入れます。 

13020206ペラリ

壁紙を剥がし、ペラリとめくります。 露出した部分にビスを打つことで、後日ビスを取り外すことがあっても壁紙を戻せば穴の跡は残らないという寸法。 巷では比較的ポピュラーなテクニックのようですが、私は今回初めて試してみました。 

13020207下穴

キリで当たりを付けて、

13020208タッピング

タッピングビスを締め込んでいきます。 何もかまさずビスのみですが、これでよいのです。 

13020209これくらい

1センチほど残して締め込んだところで一旦手を止めましてと。 

13020213構造

BÄSTISの取り付け面はこのようになっています。 穴の円形部分をビスの頭に合わせて壁に押し付け、そのまま下方にスライドさせて固定する仕組み。 最初にビスのみを取り付けたのは、この構造のためだったのです。 

13020210密着

あとは、ビスを少しずつ締め込んでいき、取り付けたBÄSTIS本体が壁面に隙間なく密着するようになれば作業完了。 

13020211突っ込み

犬が穴に身体を突っ込んでお尻だけを出しているような、なんともユーモラスな光景であります。 

13020212ランドセル

尻尾には当初の目的どおり、次男坊のランドセルを掛けました。 

ランドセルは一体何が入っているんだと疑いたくなるほど重いので、実は耐荷重については一抹の不安を抱いております。 取り付け面の素材も金属ではなく樹脂ですし… 

忠犬ぶりをどこまで発揮してくれるのか、取りあえず様子を見ることにしましょう。 


(その後の顛末についてはこちらへ) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。