スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイスポールセンPH5専用LED電球の明るさのカラクリ

前回からの続きです) 

PH5専用LED電球 (LDA18L-G/D-KCA) が、100W白熱電球に満たない全光束で150Wレベルを超える明るさを実現できるのは何故なのか? 

その答えを知るため、昨年の9月某日に六本木のルイスポールセンのショールームを訪問しました。 
そこでスタッフさんより伺ったお話を踏まえ、私なりの結論をものすごく乱暴にまとめてしまうと、

配光角が白熱電球よりも狭く設定されているから 

ということになります。 
以下、説明いたしますが、私個人の推定と独断を含みますのでご容赦下さい。 


13011201ポールセンショールーム


LDA18L-G/D-KCAの配光角は公表されていませんが、ここでは一般的な白熱電球の半分 (320÷2=160°程度) であると仮定します。 そうすると、単位面積あたりの明るさは同じ全光束スペックを有する一般電球の2倍。 

すなわち、全光束1400ルーメンのLDA18L-G/D-KCAが、その配光角内の照射面に対してもたらす明るさは、2800ルーメンの白熱電球に相当し、150W白熱電球 (2580ルーメン) を凌駕するというわけです。 


但しこれはあくまでもLDA18L-G/D-KCAの配光角内の照射面での話であり、それ以外の地点においては配光角が300°以上と広い白熱電球の後塵を拝することになる。 にもかかわらず 「150W白熱電球を超えた」 と言い切ってしまうのは誇大表現なのではないか? 

この疑問に対しては、「PH5において、電球の上半分から放たれる光はほとんどが無駄になっている」 というのが答えになると思います。 

対数螺旋による複雑な形状が自慢のPH5とはいえ、不透明のシェードをかぶったランプであることに変わりはなく、電球の上半分から放射される光は (トップ部分のシェードから漏れる分を除き) シェードに遮られることになります。 
シェードにぶつかった白熱電球の光の一部は反射して下方への照射をアシストすることになりますが、下面へ向けて強烈に光を放つLED電球の明るさを凌ぐにはどうにも力不足 ということでしょう。 


13011203PH50.jpg


ちなみに今回のプレスリリースでは、直下 (器具下60cmのポイント) 及びその40cm横のポイントの2箇所における照度の各種光源との比較結果が掲載されており、それによればLDA18L-G/D-KCAの照度は、直下ポイントにおいて150W白熱電球の1.24倍、40cm横のポイントでも1.1倍と、能書き通り150W白熱電球に勝るものとなっています。 

それでは、もし器具の真横の壁で照度を測定したらどうなるでしょうか? 
配光角の狭さを考えると、その時は150W白熱電球のほうに軍配が上がってもおかしくないと、私は考えています。 

ですが、仮にそうであったとしても、PH5はテーブルの上などから真下及びその周辺を照らす部分照明として使用されることが大半であるため、真横の明るさが問われる場面はきわめて限定的であり、目くじらを立てる程の問題とはならないのだろうと解釈しています。 


13011202ポールセンLED電球


いずれにしましても、器具外へ放たれる光の量がベストの状態となるように配光角が設定され、その効果がルイスポールセン自身により検証されているという点で、LDA18L-G/D-KCAがPH5専用LED電球として信頼に足る物であることは疑いないところでしょう。 

調光器にもしっかり対応しており隙がなく、PH5及びPH50のLED化を志向するユーザーにとっては、間違いなく 「買い」 の製品であると思います。 


ただそのためには、大きなハードルを乗り越えねばなりません。 
言うまでもなく、「価格問題」 であります。 


(やれやれ結局そこへ行き着くのか… とため息をつきつつ、次回へ続きます) 

 
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

こんにちは。 はじめまして。 
コメントいただきありがとうございます。 

防草シートと砂利のDIYで当ブログを参考にしていただけたとのこと、とても嬉しいです (^^) 

またいつでも遊びにいらっしゃってくださいね。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。