スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家製あら挽きハンバーグに挑戦

そんなわけで今回は、勤労感謝の日に作ったハンバーグレシピをご紹介致します。 

12112801肉

発端は、冷凍庫で固くなっていた賞味期限ギリギリの牛薄切り肉。 
これをなんとかウマい料理に変身させる手段を検討する中で、以前から一度作ってみたかった 「肉から挽いて作るハンバーグ」 へのチャレンジを思い立ったというわけです。 

とはいえわが家にミートチョッパーなどあろうはずもございませんので、頼れるのは包丁一本。 さらしには巻きまへん (つまらん)。 

12112802細切り

まずは5ミリくらいの幅にスライス。 冷凍されていたので意外と切りやすかったです。 

12112803みじん切り

90°回転して同じくスライスし、5ミリ角のみじん切りのいっちょあがりっと。 

12112805豚バラ

脂のコクを加えたかったので、豚バラ少々も同じくみじん切りにしてみました。 
分量や割合は超テキトーですが、牛500g、豚100gくらいといったところでしょうか。 

12112806玉ねぎ

つなぎとして玉ねぎのすりおろしを4分の1個分くらいと、

12112807卵

全卵1個と塩・コショウ・ナツメグを適宜加え、

12112808少女ファイト

粘りが出るまで左ワキえぐりこむように練るべし! 

12112809焼く

小判形に成形し、定番の 「真ん中へこませ」 も施して、サラダ油をほんのぽっちり引いたテフロン加工フライパンで焼きます。 

12112809フタ

温度は200度に設定。 最初に両面を強火で焼き固めてから中火にし、フタを閉じて蒸し焼きに。 

12112811和風おろしソース

ソースは 「和風おろし」 にしてみましたよ。 
「クックパッドを丸裸に!」 のクックランドでクックパッドの人気レシピを検索して安直にそのまんま適用してしまいます。 材料は、大根、醤油、酢、みりん、酒、白ワイン、白胡椒。 分量と作り方はクックパッドをご参照ください。 

12112810焼けた

そうこうしている間にハンバーグもこんがり焼き上がり。 

12112812喰らおう

和風おろしをかけていただきましたらば、

うまかですよ。 

あら挽きのしっかりした食感にはレストランカミーノのそれを髣髴とさせるものがあり、もはや普通の挽肉で作ったハンバーグとは別次元と言っても過言ではなく、スーパーの安い牛薄切り肉の食べ方としては最強であると断言してしまいましょう! 
おろしソースとの相性も抜群で家族の評価も上々、わたくしの株も少しは上がったのではなかろうかと (たぶん)。 


肉を刻むのが多少面倒ですが、その手間に勝る美味しさがあります。 だまされたと思って、是非お試しあれ~ 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。