スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドア枠をDIYでリペアする

12112401ドア枠傷


一昨日の記事にてカミングアウトしました玄関ドア枠の傷、記事に書いた途端気になって仕方がなくなり、昨日から今日にかけてリペアを行ないました。 (ブログに書くとこうやって懸案解決にドライブがかかるのはよいのですが、なんだか自らを過剰に追い込んでいるような気もして微妙であります (笑)。) 

12112402サンドペーパーがけ

まずは荒れた表面を均すために軽くペーパーがけ。 

12112403ウッドパテ

続いて取り出しましたるは、昨年のGWに子供のモザイクタイルの枠修理のために調達して以来なにかと重宝しているウッドパテであります。 

12112404パテ盛り

これを傷の部分にヘラでうりうりと盛りましてと。 

12112405盛り完了

パテ盛り完了。 ここまでが昨日の作業。 パテの完全硬化を待つためにこのまま24時間放置します。 

12112406高速サンディング

明けて本日。 硬化したパテの余分な部分を削り取るべくふたたびサンディングを行ないます。 カメラも捉えることのできない気合いの入った高速往復運動を見よ (笑)。 

12112407ペーパーがけ完了

サンドペーパーの番手は80番から始めて240番までかけました。 後でさわってみると少しザラザラした感じが残ったので、もう少し細かい目まで番手を上げた方がよかったかもしれません。 

12112408水勢ウレタンニス

塗装に入ります。 近所のビバホームへ出かけ、ワシンの水性ウレタンニス (色: 透明クリアー) を調達してきました。 130ml入りで880円。 オリジナルの塗装がウレタン仕上げとなっていることからのチョイスであります。 

12112409ニス塗布

これを刷毛でペトペトと塗りますれば、

12112410完了

リペア作業はめでたく完了! 
木部とパテの色目の違いにより傷跡は完全には消えませんが、補修前と比較すると違いは歴然。 満足であります。 


12112411手すりにも

ドア枠を塗るために小分けした塗料が少し余ったので、エッジ部分のクリア塗装が剥がれてきていた2階の吹き抜け手摺についでにペイントしました。 状況から推察するに、ここの塗装が剥がれたのは、シーツなどの大きめの洗濯物をたまにここに掛けて干していたことが原因のようです。 洗濯物、侮りがたし! 


12112412ここにも

ところで、玄関ドア枠にはこのような傷も付いていました。 右に見えているのはドアガードの受けパーツです。 

12112413犯人はドロボウよけ

どうやらこのようにドアガード本体がクローズの状態でドアが無理矢理閉じられ、激突した際のダメージのようです。 そうか、こういう傷の付き方もあるんだねえ  
…じゃなくてどこのどいつの仕業だッ! 

12112414リペア

などと怒っていても詮無きことなので今回こちらもパテ埋め補修しました。 色目が明らかに違っておりますがこれもハンドメイドの味ということで。 プロがこんな雑な仕事をやったら絶対に許さないのにね (笑)。 

不器用ながらも自分の手で補修を行なったことで、またわが家への愛着が深まった気がするのであります。 



12112450ペンキ塗り立て

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。