スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコアイテムの損得勘定

12092511リビングエアコン

最近めっきりと秋らしくなり、これから冷房を使うことはさすがにないだろうということで、エアコンのコンセントスイッチを切りました。 

12092512こまめにスイッチ

これはパナソニックの 「こまめにスイッチ」(200V用 WTF19227W) という製品で、スイッチをオフにすることで家電製品への電力供給を元から断ち、待機電力をカットできるというもの。 もちろんこんなものを導入しなくともプラグを抜いてしまえば同じ効果は得られるわけですが、いちいち抜き差しするのはいかにも面倒だし抜いた後のプラグがブラ~ンとぶら下がった姿は見た目にもちょっと残念です。 

昨今流行りの 「スマートな省エネ」 を実現するアイテム というわけですな。 


せっかくですので、「こまめにスイッチ」 で節約できる電気料金を試算してみましょう。 
わが家のリビングの三菱電機製エアコン (MSZ-ZW710S) の待機電力は取説によると0.9Wなので、1日の待機電力は、
 0.9W×24時間=21.6Wh 

エアコンのオフシーズンである春と秋、それぞれ3ヶ月ずつ 「こまめにスイッチ」 を切って待機電力をゼロにしたとすると、節約できる6ヶ月分の待機電力は、
 21.6Wh×182日=3,931Wh=3.9kWh 

電力料金単価を25円/kWh (東電値上げ後でありますッ!) とすると、
 3.9×25=97.5円 

すなわち、節約できる金額は1年で約100円ということになります。 

「こまめにスイッチ」 と普通のコンセントとの実勢価格差を1,500円程度とすると、投資を回収するのに15年かかるわけです。 建て替えや大規模リフォームで交換するまでコンセント類を15年以上使うというのは不自然な話ではありませんが、LED電球などのように大幅な節約効果が期待できるというものでもなさそうです。 25年使い続けても1,000円トクをするだけですから。  

とはいえ逆に元を取れずに大損を被って泣きを見る可能性も少なそうなので、エコの観点からはお勧めアイテムと言って差し支えないのかなと。 


正直、新築プランニングの際は細かいことなど全く考えず、カタログを見て 「オッこれいいじゃん」 と思い反射的に採用しただけだったんですけどね。 先日の車選びの記事で、ハイブリッド車は価格差を回収できないので候補から外しました! キリッ! などとエラそうなことを書きましたが、ことほどさように実はいい加減に生きております。 座右の銘は 「結果オーライ」 (笑)。 


以上、参考にしていただけると幸いに存じます。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

マメ知識

神楽嶽博士さん、こんにちは。

昨日、エアコンの売り場に行った時のことです。
親切なメーカーさんからの応援の方が、冷房としての使用を止める時は3時間ほど暖房機能を使ってエアコン内に残っている湿気を早いうちに乾燥させてしまうと、カビ予防に良いですよ。とのことでした。各メーカーの最上位機種以外は、カビ防止機能が徹底されているとは言えないようです。
以上、ご参考までに。
ほんと、神楽嶽博士さん、主夫の鏡。(だから違うって。)

撫子様

主夫の鏡でございます (笑) 

実は今回の記事を書くにあたり少し調べてみたところ、待機電力を気にして短期間のうちにコンセントの抜き差しを繰り返すのはエアコンの寿命を縮めるというような説も見つけました。 エアコンって何だか扱いづらいヤツですねー 

暖房運転によるカビ予防の件、全く知らなかったのでたいへん参考になりました。
さっそく試してみようと思います。 

貴重な情報、ありがとうございました。
また何かあったら教えて下さいね (^^)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。