スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試乗レポート (その4)

(「その3」 からの続きであります) 

6月に半分冷やかしで近所のフォルクスワーゲン販売店へ出向いた際、一度ゴルフヴァリアントの試乗を行なっています。  

現在乗っているオペルと同じドイツの車であるためか、ガッチリ固めの乗り味には違和感がなく (もちろん13年前の車と較べれば遥かに洗練されていることは言うまでもありませんが)、自然な運転を楽しむことができました。 ちなみに内装が国産車に比べると地味で暗くて華やぎに欠けている点も、オペルとよく似ております (笑)。 

12092206ゴルフヴァリアント@あざみ野ボークスフォルクスワーゲン

いいクルマだと思うけれど国産とは値段がぜんぜん違いますよね、これじゃあとても手が出せませんわワッハハハなどと試乗を終えてから雑談のつもりで気楽にペラペラしゃべっていたら担当営業B氏が本気モードに突入し、事務所に引っ込んだり出てきたりを繰り返して、ギリギリまで頑張ったという条件 (キャンペーンでナビ無料+30万円引き) を出してこられました。 

この条件は今だから出せるんです! 是非今日中に決めてください! 今ならまだエコカー補助金も間に合いますよ!」 と、まるで 「月刊自家用車」 で読んだみたいなセリフでグイグイ畳みかけられましたが、まだ他車の試乗をほとんど行なっていない段階でしたし、第一、たとえ 「ギリギリの数字」 であったとしてもわれわれの財布にとってはキビシイ金額であることに変わりはありません。 

申し訳ありませんが本日中の決断はとても無理ですと申し上げ、その場は丁重にお断りしたのであります。 近いうちに本格的な検討を開始したらまた必ずお邪魔させていただきますから と付け加えて。 


ここまでが、この6月に起こった話であります。 


12092207VW横浜あざみ野


時は過ぎて9月16日 (日)。 

予算が厳しい状況は依然変わらないものの 「近いうちにまた必ず」 の約束を反故にするわけにはいかないということで、件のVWディーラーを再訪しました。 
営業のB氏はなんとあの後すぐに別店舗へ異動になったとのことで、30歳前後くらいと若いK氏が担当を引き継いで下さいました。 

K氏の同乗であらためて試乗をさせてもらってから、やっぱりいいねえそうですか恐れ入りますなどと和やかににこやかに談笑しつつ就いた交渉のテーブルで、事件はいきなり勃発したのであります。 


 (1) K氏は神楽嶽に予算を尋ねた。 
 (2) 神楽嶽は目安として前回B氏の出した金額を告げた。 
 (3) K氏は一転態度を硬化。 「それは無理」 と即答。 
 (4) 無理は無理で仕方ないがそれにしてもその態度はいかがなものかと説教を開始する神楽嶽。 
 (5) 不機嫌な表情も露わに沈黙するK氏。 
 (6) あっという間に修復不可能なレベルにまで損なわれる顧客と営業との絆。 
 (7) 最後まで元に戻ることのなかった気まずい空気。 


経緯を散文的に書き連ねるとこのような具合になりますが、いまいち伝わりづらいと思いますので、以下、ダイアローグ形式でどうぞ。 


 K: 「さっそくですが神楽嶽さん、ご予算はどれくらいですか?」 
 神: 「そうですね。 正直予算は厳しいですが、○○万円までいけば考えたいと思います」 
 K: 「えっ?」
 神: 「ですから○○万円」 
 K: 「いや、それは無理ですね」 
 神: 「は?」 
 K: 「無理です」 
 神: 「いきなり無理ってあなた… この金額は以前そちらのBさんが提示された金額ですよ」 
 K: 「本当ですか?」 
 神: 「本当ですかって何ですかそれは? お疑いのようでしたらBさんに確認してください」 
 K: 「……」 
 神: 「確かに前回Bさんはギリギリまで頑張ったとおっしゃっていました。 
     それでもこの金額はBさんが出したものであり、私が勝手にでっち上げた数字じゃありません。 
     そちらが一度は出した数字を、いきなり 『無理です』 は失礼すぎやしませんか?」 
 K: 「……」 
 神: 「前回の条件を今回は出せないということそのものに文句をつけるつもりは一切ありません。 
     その場合は潔くあきらめます。 
     ですが、一応は検討してみるという姿勢くらい見せるのがスジというものでしょう。  
     その場で突っぱねるくらいなら、最初から予算なんて聞かないでくださいよ」 
 K: 「……」 
 神: 「……」 
 K: 「……」 
 神: 「……」 

……。 

いやまあね。 
あらためて書き連ねてみると私もいい加減大人げなかったなあと (少しは) 反省したりもするわけですが。 

とはいえ一度振り上げた拳はそう簡単には下ろせないのであり、一方の当事者たるK氏も関係修復に動く気配を一向に見せようとしなかったため (妻いわく 「見送りの時まで目がプンスカ怒っていた」 そうです)、交渉はそのままあっけなく決裂。 以来、その店へ足を運ぶことは二度となかったのであります。 


つづく) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

いやぁ、読んでてすっきりするやりとりですね!
神楽嶽さんは言うべきことを言っただけで、むしろこれほどしっかりと言える方ってあまりいないんじゃないですか?
VWってヤナセが手を引いてから「俺は外車を売ってるんだぜ」的な、なんか勘違いした営業(ちょっと毒吐きっぽいかしら)が増えたような気がします。
販売網がしっかりしてから歴史が浅いからかな。
私もVW1台目のポロを買った時にそういう営業に当たりました。

それにしてもこの営業は酷いですねぇ。
営業の方とは相性がありますけど、それ以前の話ですね^^;

すここ様

こんばんは。 
フォローしてくださって嬉しいです (^^) 

この営業氏は、たぶん、想定外の事態に出くわすと途端に取り乱して余裕を失うタイプではないかと思います。 
私も似たようなところがあるのでわかるのです (笑)。 
そういう意味ではやはり、相性が最悪の相手と当たったということなんでしょうね。 
クルマ1台買うのもなかなかたいへんであります。 

すここさんはVWとのお付き合いが長そうですね。 「ヤナセが手を引いてから」 のあたりに年季の入った感じがうかがえます。 
またこんどVWディーラーとの上手な付き合い方を教えて下さい (笑) 

No title

いつも楽しく読ませてもらってます。
なかなかひどい営業ですね。
私ではないですが、友人がゴルフのワゴン(ヴァリアント)を相模原のディーラーで購入したのですが、諸費用分値引き+ナビ無料だったそうです。駆け引きなく、すぐに出てきた条件だったようです。
このクラスの諸費用がいくらなのかわからないですが、参考までに。

you036様

おはようございます。
はじめまして (^^) 

その条件は、かなりよいものであると推察いたします。 
私はつい最近まで知らなかったのですが、VWのディーラーは系列が複数あるそうです。 ご友人はいいお店に当たったようでよかったですね。 

貴重な情報をありがとうございました。 ぜひ参考にさせていただきます。 
…と言いたいところなのですが、実はもう車を決めてしまいました。 せっかく情報をいただいたのに、ごめんなさい <(_ _)> 

またレポートいたします。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。