スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソファのメンテナンス

先週末は雨天のため木製サッシのキシラデコールメンテができませんでした。 
そのため不完全燃焼気味となったDIY意欲を無理矢理満たす代償行為として、ソファのオイルメンテナンスを実行したのであります。 木部を塗るという意味では同じようなものですから。 

というか窓だのだの家具だの、週末のたびに塗ってばっかりですわ (笑)。 

11103105メンテナンスキッド

オーセンティシティ用メンテナンスキッド同梱のオイルワックスはビボスのリボスもといリボスのビボスなのですが、7月に使った寄木スツールメンテ用オイルも同じくリボスのビボス。 今回は余っていたそちらを先に使用することにして、メンテナンスキッドの出番は次回以降にお預けであります。 

12090701クッション外して

クッションを取っ払い、

12090702空拭き

乾拭きして埃など取り除き、

12090703ペーパー

軽くサンドペーパーがけ。 

12090704ビンを振る

ビボスを振って、

12090705塗る

塗って、

12090706拭き取る

拭き取ります。 

詳細手順は寄木スツールの時と全く同様なので、関心がおありの方はそちらの記事をご参照下さい。 

12090707湿らせて

発火の危険性がある使用済みの布きれはよく洗った後水に浸し、軽く絞ってからポリ袋に入れて口をしばります。 布が乾く前にできるだけ早く可燃ゴミに出してしまいましょう。 

12090708終了

ここまでの所要時間は1時間弱といったところです。 
スツールの時は乾燥工程を3時間ほどで見切り終了してしまいましたが、今回はクッションカバーに万が一オイルが付着したりしては面倒なので、マニュアル通りたっぷり12時間の乾燥時間を取ってからクッションを戻しました。 

12090709ツヤ

ほんのちょっとばかり乾いて色あせたような感じだったフレームが、オイルワックス塗布後は深く上品なツヤをたたえております。 受け入れから1年近くを経てちょっぴり倦怠期気味であったところ、あらためて惚れ直すわたくし (笑)。 
 
無垢材オイル仕上げの家具をお持ちでメンテ未経験の方は是非一度ご自身の手でやってみて下さい。 愛着が深まること請け合いですよ!  

12090710オーセンティシティタイプC


そうそう、先般お伝えしたオーセンティシティソファ新型 「タイプE」 ですが、11月中旬より随時出荷予定だそうです (土井木工営業の方に教えていただきました)。 

こちらも楽しみですね。 


(タイプEの話は続きます) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。