スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関ドアを塗りました

面倒な木製サッシのキシラデコール (長いので以下 「キシラ」 と略します) 塗布作業は掃き出し窓一組で早々に切り上げ、玄関ドア塗りのほうに逃避することにしました。 まあ気分転換も大切ということで。 

12080803拭く

塗布作業に先立ち、ドアの表面を雑巾で拭き上げておきます。 新築以来拭き掃除なんて一度もしていない (と思われる。 もしやっていたら妻ゴメン) だけあって、結構汚れていました。 家の 「顔」 なのに面目ないっす。 

12080804養生02

12080804養生

続きまして養生。 マスカー (テープ付き養生シート) を周囲に張り巡らせる他、今回はハンドルや鍵、飾り鋲にもマスキングを施してみました (と言ってもマスキングテープがなかったのでガムテープで適当に)。 
以前も書きましたがキシラは乾燥時間が長めなので、細かいマスキングなどは行なわずに塗装終了後まとめて雑巾などで拭うというのでも問題ないかと思います (その際、「ペイントうすめ液」 などがあればなお安心です)。 

12080805キシラ

養生が完了したら、いよいよ塗布開始。 
塗布作業中の写真は撮りませんでしたが、要はハケでキシラを塗る。 ただそれだけの単純作業であります。 

一応流れや注意点などを記しておきますと、

 ・キシラが結構飛び散るのでまちがっても勝負服は着用しないようにする 
 ・キシラの缶を振って攪拌し、小分け容器 (紙コップなど) に適量を移す 
 ・必要量はドア1枚で紙コップ7分目くらいといったところ 
 ・キシラに浸したハケは紙コップのフチでよくしごかないとたれまくって大変です 
 ・それでもたれる時はたれるので、上から下へと塗っていくのが基本 
 ・完全乾燥には一昼夜程度かかるため、作業終了後は塗布面に触れないようご家族に周知しましょう 

こんなところでしょうかね。 
1時間半ほどかかりましたが、ガラスが嵌っていない分サッシよりも楽に感じられました。 

メンテ前後を比較してみるとこんな具合です。 

12080806メンテ前後

右がメンテ後。 もともとちょっと薄めかな?という感じだった塗装が、メンテ後は黒々と重厚なイメージになりました。 

私はこの仕上がりにかなり満足したので妻にも自信満々で報告しましたが、反応はイマイチ。 どうやら塗膜が厚くなり木目が見えづらくなったことが不満な様子であります。 
「なんかベターッとして、いかにも 『塗りました』 という感じィ」 だって。 重々しくっていいじゃないかッ! 

なんだかこのパターン多いなあ (泣) 


(キシラ塗布メンテの話は挫けずに続きます) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。