スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらべてみよう

写真データの整理をしていたら、時を置いて撮影されたほぼ同じアングルのわが家の外観写真が2枚出てきました。 

12071201以前
2011年4月30日撮影。 

12071202現在
2012年6月28日撮影。 

1年ちょっとの時間経過ですので大きく変わってはいませんが、細かな変化はいくつか確認することができます。 

12071203以前の花壇

12071204現在の花壇

何もなく殺風景だった歩道脇の花壇は、いまやカラミント・パラダイスと化しております。 というかこれじゃあ単なるハーブ畑であって 「花壇」 とは言えませんね。 カラやん (毎回しつこいですが愛称) も一応小さな花を咲かせてはいるのですが… 

春はチューリップだの水仙だのでそれなりに賑やかだったのですが、四季の花々の彩りを絶やさないように維持するのはなかなか難しいです。 まあ何もないよりはずっとマシということでひとつ。 緑一色というのも潔くていいじゃないですか。 


12071205以前の木

12071206現在の木

庭の2本の木 (トキワヤマボウシとシマトネリコ) は1年でずいぶん背が伸びて、枝ぶりも立派になりました。 子供の成長と同じで毎日見ていると気づかないもので、今回あらためて写真で比較してみて驚いた部分です。 

なおこの写真ではわかりませんが、現在両方の木とも葉が若干虫喰いの被害に遭っています。 前に買った殺虫殺菌剤が切れたので昨日替えを買って帰宅したら、妻も近所の園芸店で同じものを買ってきていました (笑)。 これから雨の間を縫ってせいぜい駆除活動に努めます。 それにしても植物って手がかかりますね。 木なんて植えてしまえばそれで終わりだなどと考えていた己の甘さに恥じ入る今日この頃。 


12071207バルコニー比較

イペ材バルコニーの退色 (いわゆる 「白銀化」) は情け容赦なく進行中。 建物の外観変化の中では、やはりこの部分が最も顕著です。 
昨秋と比べても更に色が抜け、施主としては 「いい感じにヤレてきているなあ」 と好意的に前向きにポジティブに解釈するわけですが、道行く人々の目にはここだけが極端に色落ちしてみすぼらしく映るかも。 「あと30年は大丈夫ですから」 と太書きして貼り付けておきましょうか (笑)。 


こうして家は年輪を刻んでいきます。 
いいかたちで歳を重ねていってほしいものです。 
(「ああお前もな」 と自分にツッコミを入れつつ) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^

本当に素敵なおうちですよね!
我が家も雪さえ降らなきゃこうしたかった、ってお家です^^
バルコニーの退色、本当にいい色。
みすぼらしい、なんて思う人はお尻の真ん中を蹴っ飛ばしてしまえばいいと思います(笑)
塀もかっこいいし。真似しちゃいそう^^;

窓も木製の窓は断熱性能がものすごく高いんですよね。
羨ましいです。

なんか突然現れて、勝手書いてごめんなさい。
退色がみすぼらしいと思う人もいる、という言葉に反応しちゃいました。。。

すここ様

こんばんは。
クールなすここさんに遊びにきていただけて感謝感激です (^^)

バルコニーの退色については、誰かにみすぼらしいと言われたわけではないんです。
ネットなどでそういう意見も散見されるなーというくらいで。 なんかすみません。 
でも怒っていただいて嬉しいです (^^) 

私は北海道という土地に思い入れがあり、おまけに階段なんてないに越したことはないと考えているので、すここさんの 「北国の平屋」 が羨ましいです。 猫も今は飼えないけれどいつか飼えればなと思ったり。 いわゆるひとつのないものねだりというやつですけれど (笑)。 

これからもすここさんの楽しいブログを期待しています。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。