スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1分の1

家作り関連の過去資料を整理していたところ、自分で描いたラクガキの類がいくつか発掘されました。 紙の上に具体化することで考えていることの整理ができ、なおかつジューテックホームとの打ち合わせにおいてもこちらのイメージを伝えるのに役立つということで、あの頃は何かというと紙にペンで描きなぐっていたような気がします。 

ポンチ絵

これは手描きではありませんが、間取りのイメージをエクセルで作成したもの。 天草ハウジングとの交渉決裂後、ジューテックホームとの打ち合わせ再開にあたり、心機一転で改めて一から組み直したプランです (妻が考えてラフを描き、私が清書しました)。 結局この間取りがほぼ完成形へと引き継がれることになったのであり、その意味ではひとつの記念碑的作品であると言えましょう (大袈裟)。 

外観CG

間取りがほぼ決まった段階で建築士さんが作って下さった外観CG。 これを見た時は他愛もなくテンションが上がりました。 

外観

で、それが実際はこのような姿に。 駐車場の車のランクがCGよりもグッと庶民的になっているのはご愛嬌ということで。 
そういえば家の広告の 「イメージ画」 の類に登場する自動車はBMWとアウディが群を抜いているような気がしますね (ベンツの登場率は実際の国内シェアよりも低いような…)。 あと北欧系だとボルボが定番だったり。 いずれにしてもうちのオペルは問題外ですけれども。 

ポーチの絵

建物周りのポーチについても紆余曲折の形跡が見られます。 
玄関前ポーチのスロープについては当初はこのように階段の両脇に設けることを考えたのですが、階段の幅が狭くなりすぎることとスロープ角度が急すぎであることにより、ジューテックホーム側からNGが出されました。 

12062820玄関ポーチ絵

結局その後もスロープのイメージが定まらなかったため、やむを得ず後付で対応することにしまして、

玄関ポーチ現物

入居してから外構の東鹿園に作ってもらいました。 もっぱら自転車用に設けたものですが長くなだらかなスロープは期せずしてバリアフリー対応にもなっていますね。 ジジイになって足腰が立たなくなっても安心であります。 

12062821子供室掃き出し窓ポーチ

いっぽう子供部屋掃き出し窓の前のポーチについては、

掃き出しポーチ現物

イメージ図のとおり、サイドが階段状のステップになりました。 なお和室掃き出し窓前のポーチについても同様の仕様にしなかったことを大後悔していることは1年前に反省スペシャルで書いた通りであります。 

階段の絵

これはずいぶん前にご紹介した階段のラクガキですね。 私はこれを描いてから階段がどのような姿になるのかをようやくイメージできるようになりました。 どうやら図面を頭の中で立体化する能力が完全に欠如しているようです (間取りオタクの妻はこの脳内3D化が得意だと自慢しています。 フンだ)。 

階段現物

実際の階段の写真。 これもイメージ通りの仕上がりで、建築中はずいぶん盛り上がったなあ… (遠い目) 


こうして改めて振り返ってみると、家作りには実物大のプラモデルを作るような面白さがありますね。 
この組み立ての醍醐味を一生の間でもう一度くらい味わえたらなあと思いますがたぶん無理なので、東京タワーのブロックあたりでお茶を濁しているわけです (笑) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

お気持ち一緒です

読み逃げのため、ご無沙汰しております。
無事にブレーカーをを「無料」で交換し、一般的なB契約になりました。
基本料金が安くなっても電気料金が安くなった実感は薄い…です。うちの場合。
「もう一度建てたい」というお気持ち、よく分かります。
うちも今回の家づくりで、反省、後悔していること(住まないと分からなかったこと)が
ありますので、この経験を活かしたいっ!と思うのですが、一生活かさず終わることでしょう。
その点、ジューテックホームの営業さんなどは、多くの家を見ているので、
カンペキな家が出来そうですね。

NIS様

おはようございます。
同じく読み逃げています。 ゴメンナサイ。 琥珀サン大きくなりましたねー。
懸賞の件も電気料金の件も楽しく読ませていただいております。 近々寄らせて下さいね。

私も、反省点が山ほどあるのに次に活かせそうにないのが悔しいです。
確かに住宅メーカーの営業さんなら完璧な家が作れそうですが、その営業さんが担当している日本全国の注文住宅で反省点が続出しているのは何故なのだろう? とか思ってしまいます(笑)

たぶん…

注文住宅の反省点が続出している理由…
営業という立場上、予算と土地に限りがあるお客さまの意見を最大限に尊重しているから…ではないかと思います。
お客さまの希望に真っ向から対立することも出来ないですしね(笑)
実際に自分が住まないと分からないこともありますし、あるんです、あったんですよ~(涙)
良かれと思ったことがそうでもなかったり…。3つくらい家を建てたらカンペキになるのでしょうか。

NIS様

こんばんは (^^)

「お客さまの意見を最大限に尊重しているから」。 
まさにおっしゃる通りだと思います。 営業マンさんとしては、「こうしておいたほうが絶対いいのになあ…」 と思っていて言い出せないケースが多いんでしょうね。 わが家でもいくつか思い当たる節があります (笑) そこを言葉巧みに誘導して下さるのが真の営業マンというものじゃないか?  なんていうのは甘えすぎというものなんでしょうねやっぱり。  

それにしても、NISさんにもそんな勢いで後悔されているポイントがあるとは、こう申し上げては失礼かもしれませんがたいへん興味深いです。 
是非いつか 「反省スペシャル」 をやって下さることを期待しております (笑)。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。