スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポットライトに癒される

2階リビングの斜天井には、メインのペンダント照明 (パナソニック スフィア) に加えてスポットライトを2灯設置しています。 

12060201スポットライト

オーデリック 「WHITE GEAR」 シリーズの OS 047 289L。 白熱灯換算100W相当の電球型蛍光灯を使用するタイプのスポットライトです。 余計な主張のないシンプルなデザインのものを という条件で選びました。 

120602022連スポット

メイン照明なしでこの2灯のみ点灯させるとこんな具合。 非常にくつろいだ雰囲気になります。 

12060203ピアノ側

ピアノ側。 上の三角形の壁に映ったスフィアのまるい影がポイント。 
次男坊がよく点灯させてピアノの練習をしていますが、ほぼ毎回消し忘れるためケチンボエコロジストのわたくしとしてはそれを目撃するたびに心中穏やかではいられません。 

12060204ソファ側

ソファ側。 この光の下でソファに寝転がり、カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲あたりに耳を傾けつつまどろんだりしているのはまさに至福の時間であります。 
ステレオにつないだメモリーウォークマンによるランダム再生なので、その次に流れてくるのが嘉門達夫の 「ハンバーガーショップ」 などであったりすることも起こりうるわけですがそれもまた一興ということで。 

こういったサブ照明は生活のためのあかりという観点からは必要のないものでありムダと言われればハイその通りでございますと頷くしかないのですが、リラックス効果の高さを考えると意味のあるプチ贅沢 (と言っても一箇所あたり1万円いってませんよ) ではないかと思っている次第です。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

コメントの投稿

非公開コメント

ありますねぇ

神楽嶽博士さん、おはようございます。

間接照明はオシャレでいいですよね。照明にまで凝ってこそ、理想の空間が作れると常々思っています。センスもないと、なかなか演出できません。日本は家の中を煌々と照らすのが一般的というか、間接照明を上手に生活に取り入れるのは遅れてる感じがします。

ところで、笑っちゃいました。カヴァレリアの後の嘉門達夫って・・・、精神を狙ったテロ攻撃ですね。(笑) ランダム再生で流れてくる音楽に翻弄されることありますよね。私もパソコンなんかで適当に音楽を聴いてて、静かな音楽で気分良く妄想に耽っていたら、突然、綾小路きみまろの漫談が流れてきて目の玉ひんむいたことがあります。無料だった(ここポイント)ので図書館で借りて、さっさと返す為にとりあえずPCに落として忘れていたのがいけなかったんですよね。気分台無しと思いつつ、その後は爆笑して気分もスッキリ♪ 笑いは心の栄養です。嘉門達夫グッドです。

撫子様

こんばんは。 

「カヴァレリアのあとに嘉門達夫」 の感覚、わかっていただけて嬉しいです。 いろいろ入れてランダム再生していると、こういうことありますよね。 

しかし 「綾小路きみまろ」 って。 
破壊力ありすぎて大爆笑してしまいましたよ。 ある意味嘉門達夫を超えている気が…
確かに世の憂さを忘れられるような気がします。 忘れちゃいけない大事なことまで忘れてしまいそうな気もしますが (笑) 

「買うほどでもなく、有料でレンタルするほどでもないCDを図書館で(無料で)借りる」。 よくわかります。 あと、ツタヤにもなかなかないようなレアアイテムが発見できたりもするんですよね。 私は以前港区の図書館で「美空ひばり大全集」を借りたことがあります。 

しばらくご無沙汰しているので、また借りてこようかなあ。 
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。