スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終兵器なんちゃって芝

本日の昼間、わが家の外構を施工してもらった東鹿園の営業氏が御用聞きに訪ねて来られ、妻と立ち話になったとのこと。 

ちょうどよい機会なのでひどい有様になった庭の芝生について相談を持ちかけてみたところ、 「まずはとにかく肥料を撒くべし」 というアドバイスをいただいたそうです。 先週末に私のとった取りあえずのアクションがまさにそれだったのであり、少なくとも見当違いではなかったことがわかって少しばかりホッとしている次第でございます。 


で、その時に 「もし芝生がどうしようもなくなったら、こんなものもありますから」 と妻に渡されたチラシがこれ。 

12060101リアリーターフ?

人工芝 (リアリーターフ)。 

本物の芝生とほとんど見分けのつかない人工の芝 (というかその時点で既にリアリーじゃないじゃん というツッコミは無粋でしょうか)。 
驚くべきことに、芝の枯れた葉までリアルに再現されているそうです。 園芸のプロたる営業氏が 「本当にソックリで見分けがつかないんですよ!」 と熱く語っていたとのことなので、よっぽどすごい製品なのでしょう。 ぜひ一度実物をこの目で確かめてみたいものです。 カットサンプル請求したろかな。 

ともあれ、世の中というのは望めば (そしてそれなりの対価を支払えば) たいがいのものが手に入るところなのだということはよくわかりました。 万が一完全にお手上げ状態になったとしても最後のセーフティネットが用意されていると思えば気楽に取り組めるというものです。  

もっとも、芝生を相手に何年も格闘を続けた挙句敗北を喫した後に 「なんちゃって芝」 を張ろうという気持ちになれるかどうかについては甚だ疑問であったりもするのですが。 フェイクであれ何であれしばらくは芝の顔なんて見たくもねえや! みたいな感じにならないのかな。 

まあでも一応記憶にとどめておくことにしましょう。 
将来もし手を出すことになったらその時は思いっきり笑ってやって下さい (笑) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。





コメントの投稿

非公開コメント

天然がいいなぁ

人口芝ですか~ビルの屋上とかならいいですけどね
今はいいけど、10年後とかに、手間のかかるゴミにならないかと

以前紹介した芝ですが、やってみたいと思いながら早3年(^^;
毎年、今年こそはと思うんですけどね・・・・・・不精な私
今日は日差しも弱く涼しかったので、下準備ってわけでもないですが
庭の草むしりをやりました・・・今年は天候の影響か、割と少な目ですが、ほったらしでしたので
なんとかこんな感じに・・・ああぁ殺風景
http://uploda.cc/img/img1537.jpg
庭なんで手でむしりましたが、来週は地域の草刈デー(^^;
そのときは実家からお下がりの草刈機を担いでの作業になります。
写真の向かいの土地もそうですが、バブルな時の名残の空き地が多くて、草ぼうぼう・・・・・はぁ
所詮刈ってるだけなんで、梅雨前ですし、あっという間に元通りなんですけどね(笑

ローテク様

こんばんは。

やっぱり芝生は天然ですよね。 「10年後にゴミ」 というのは確かにおっしゃる通り。 人工だからといって永久に持つわけではないですね。 天然芝がんばります(笑)

写真拝見しました。 広そうな庭で羨ましいです。 現在何もないということは、これから如何様にもできるということですよ。 ティフトンも映えそうですね。 

実は私もかなり本気でティフトン導入に傾きつつあります。 決定したらまたブログでお知らせいたします。

お互い頑張りましょう (^^)
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。