号泣必至?

(以下、「あまちゃん」 をご覧になっていない方はスルーにてお願いします。)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

13083101あまちゃん

ユイちゃんが本当に帰って来るつもりだったのか、それとも東京で暮らす覚悟だったのか、それは、誰にもわかりません。」 



うぐっ… 
やっぱりこれはそうなってしまうということなのでしょうか? 

これまでのアキ (能年玲奈) による語りが、この瞬間から春子 (小泉今日子) に替わっているのも実に意味深であります。 




いやー、テレビドラマでここまで締め付けられたのは久しぶりというか初めてかも。 

来週は子供とは一緒に観んようにせんと。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
「と見せかけて」 であってほしくもあり、それではイカンという気持ちもあり。 複雑。

保険会社は代車費用を支払わない? (3) (自動車事故の顛末 その12)

その11からの続きです) 

神楽嶽: 
「…ええとすみません、いま何とおっしゃいましたかね?」 

日本興亜:
「ですから、レンタカー費用は損害としてお認めして、過失割合分についてはお支払いさせていただきます。」 

神:
「………」 

興: 
「………」 


………………。 


拍 子 抜 け す る ほ ど あ っ さ り と 通 っ て し ま い ま し た 。 

てっきり押し問答のバトルになると思いやる気満々でいろいろ理論武装していたのに… 



ちなみに、レンタカー代を認める期間については、修理の場合は修理完了まで、買い替えの場合は買い替え意思決定から2週間が原則とのこと。 

2週間の根拠を尋ねると 「世の中の平均的な数字です」 などということを平気でおっしゃるので、

車の買い替えを決め、ディーラーをまわり、対象車種を決めて、価格交渉して、契約を行ない、納車に至る 

という一連のプロセスにかかる日数の全国平均が2週間ぽっちなわけないでしょうてやんでいべらぼうめと軽く噛みついてみましたがそこは敵もさるもの引っ掻くもの、「最終的にはそちらの保険会社さんと他の補償条件を含めた調整の中で2週間を延長できる道筋があるかもしれませんよ」 などとわかったようなわからないような寝技的理屈でうまいこと煙に巻かれてしまったのでした (笑)。 



まあそれはともかくとして、少なくとも世の中で言われている 「被害者の過失がゼロでなければ加害者側保険会社は代車については取りつく島もない」 という定説は、今回のケースではまったく当てはまらなかったのであり、

ん? 代車? アンタの生活で必要なことが説明できて、負担は過失割合相当分であることをきっちり理解できているんだったら、まあ支払ってもエエよ。 ただし2週間が限度やからね。 コレ絶対ね

という感じであったということです。 
世の中、本当のことは実際に経験してみないとわからないもんですね~ 

後になってあらためてネットで調べてみたら、

・2006年の不払い問題以降、損保会社は (ちょっとだけ) 改心し、被害者側に過失があっても必要に応じて損害額に含めることを認める方向で、多くの会社が足並みを揃えた。 
リュウタ×2さんのブログ 「交通事故被害者は2度泣かされる」) 

・過失のある事故だったが、自動車が通勤に必要な状況を詳しく説明したら、あっけないくらいにあっさりとレンタカーを手配してくれた。 
OKWave 「過失割合・代車について」) 

というような、過失事故でも代車費用負担に応じるケースに関する事例も見つかりました。 



今回の事例が一般的なのか特異なものなのかについては、私には判断がつきません。 保険会社により対応が大きく異なることも考えられます。 

ただ、損保各社の代車に関する対応が実はここ最近改善されて、現在は過失事故でも代車費用負担に応じるのがスタンダードとなっているにもかかわらず、ネット上では一昔前の定説が半ば都市伝説化して大手を振ってまかり通っている ということだってあり得るのではないかと思っています。 



いずれにしろ一つの事例をもって全体を語ることは不可能なわけですが、私としては、

結果がどうあれ、代車費用については過失がある場合でも最初から諦めないで相手方損保と交渉してみる価値は十分にある 

このことを (主に過失ありの場合の代車費用についてググった結果この記事へ辿り着かれた方のために) 声を大にして提言しておきたいと考えるものであります。 


なにしろ言うだけならタダですから。 
正しい権利を主張せずに泣き寝入りではもったいないですよ! 


続きます) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

クックパッドによるクックランド排除について思うこと

1年ほど前の記事でご紹介した 「クックパッドを丸裸に!」 の 「クックランド」 が、今年の6月くらいに閉鎖されました。 
クックパッド、クックランド双方ともにその理由を明らかにしていないようですが、もっぱらクックパッド側の圧力によるものという噂であります。 というか誰でもそう思いますわな。 

ちなみにクックランドと同じような情報を提供していた 「レシピランド」 というサイトも、同様に閉鎖に追い込まれたらしいです。 
現在はその機能を限定したというRECIPEFORESTというのが細々と生きながらえているようなので、ご参考まで。 こちらの命も風前の灯なのかなという気がしますが… 


しかしそれにしても 
(※ここから毒を吐きますので苦手な方は閲覧注意です) 



クックパッド



レシピの人気順検索を有料コンテンツのキモと位置付けている (らしい) クックパッドにとってクックランドのようなサイトが看過できない存在であることはそれなりに理解できるのですが、「ネット上で広く公開されている情報をあるロジックでもって並べ替えするというだけの行為」 を禁止・制限する権限を、果たして一企業が有しているのか? という点に関しては、モヤモヤとした思いを抑えることができません。 

ウマイのもマズイのもある玉石混交のレシピ群を無料でフル公開することで広く閲覧者を集め、まんまとレシピ人気順検索の有料サービスへ誘導、その一方で 「公開されている情報を機械的に並べ替えているに過ぎないサイト」 は全力で排除するというのは、ある意味 「おいしいとこ取り」 じゃないのか? という気がするのです。 

ユーザーを囲い込みたいだけならレシピの閲覧そのものを会員限定にしてしまえばあっという間に解決するわけで、そうしないのは間口を広げて有料会員候補の母集団を大きくしたいからという意図が透け透けの見え見え。 だったら他サイトによる並び替え程度はレシピフル公開によるあらかじめ想定された副作用に過ぎないものと割り切った上で、それを上回る魅力と価値を持つ (他者には簡単にマネできない) 有料サービスをどんどん拡充することで正々堂々と有料会員を獲得していく というのがエクセレントなやり方っつうもんじゃないの? とか。 

だいたい、人気順のソーティングみたいなマイクロソフトエクセルでもできるサービスだけで金を取るなんて、せこいというかカッコ悪いっすよ。 

まぁそもそも人気順が本当に美味しい順かどうかなんてきわめて怪しいもんだと思うんですけどね。 赤信号みんなで渡れば怖くないというか。 
事ここに至っては、本家の検索を使うのであれレシピフォレストを利用するのであれ、あえていちばん人気のないレシピにチャレンジしてみるという逆張り戦略こそが最高にクールなのかもしれません (笑)。 





以上、あるレシピ記事の前フリのつもりで書き始めましたが、好き勝手に書きなぐっているうちに行数が多くなってしまいましたので今回はここまでとさせていただきます。 

なお、クックパッド利用者あるいは有料会員の方々を揶揄したり批判したりする意図は全くありませんのでどうかご理解下さいませ。 

あ、もちろん、クックパッドの経営陣の方々に対しましては、思いっきり揶揄/批判/非難させていただいていますよ。 
みみっちい場外乱闘にかまけている暇があったらもっと本筋のところで努力しろ。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

保険会社は代車費用を支払わない? (2) (自動車事故の顛末 その11)

その10からの続きです) 

当初、VWディーラーより貸していただいた代車の返却期限は2週間。 その間はちょうどディーラー (及びその下請工場) の夏休みと重なっており、修理するにしろ新車に買い替えるにしろ、具体的なアクションに着手できるのは代車返却日の前後までずれ込まざるを得ない状況でした。 

このため、代車がなくなった後にレンタカーを借りねばならなくなる可能性があることが、早い段階から見通せていたのです。 

もしそうなった場合、相手方の保険会社 (日本興亜) は、果たしてレンタカー費用の支払に応じるのか? 

というか理屈から言っても過去の判例から見ても代車費用の過失割合分については相手保険会社が負担するのがスジというものなのであり、たとえ奴らがどんなに抵抗したって最後には絶対に払わせてみせるぞ! という固い決意のもと、日本興亜担当者に電話で突撃しました。 たしか事故の2日後、8月8日のことだったと思います。 
なお、自分の保険会社 (セゾン) を通さずに直接交渉の道を選んだのは、結局は同じ穴 (損保業界) のムジナでしかないセゾンが日本興亜に対し代車費用支払い要求を本気で行なってくれるとはとても思えなかったから。 味方すら信じることがのは実に哀しいことですがこれは明らかに私ではなく損保業界側の責任であります。 こんな私に誰がした。 


というわけで、以下、日本興亜担当者とのバトルの実況中継であります。 

神楽嶽: 
「近いうちに事故代車としてレンタカーを借りることになると思います。 その時、レンタカー費用のそちらへの請求はどのようにすればよいですか?」 

日本興亜:
「申し訳ございませんが、通常、過失のある場合には代車費用は損害として認めておりません。」 

そらそらやっぱりおいでなすったぞと。 
ここからが本番だぜ。 腕が鳴るぜ。 

神: 
「今そちらのおっしゃった 『通常』 というのが何を意味するのかはわかりませんが、とにかくこちらの話を聞いてください。」 

まずは小手調べに、現在置かれている状況と代車が必要な理由について、以下の内容を説明します。 

 (1) 今はディーラーの厚意で代車を出していただいているが、期間限定。 
 (2) 自動車は仕事で使ってはいないが、ないと生活上の不便を強いられる。 
 (3) 具体的には、妻による子供の送り迎え等が中心。 
 (4) 駅から遠いため、その他日常の買い物等にも自動車は必須。 
 (5) いずれも遊びやレジャーの類ではなく、生活そのものだ。 
 (6) 移動手段に過ぎないので、レンタカーの車格にはこだわらない。 コンパクトカーで十分。 
 (7) そちらに負担してもらうのは加害者の過失割合相当分 (8~9割) であることは了解している。 

神:
「そんなわけで、代車がないと生活に支障が生じます。 レンタカーを借りるとこちらにも過失分の負担が発生するので出来れば無しで済ませたいのですが、そういうわけにもいかないんですよ。」 

こんなありきたりの説明で相手が納得するわけがありませんが、最初のジャブはこの程度で。 抵抗してきたら次は 「判例・裁判・紛争処理センター」 のトリプルカウンターをお見舞いする構えです。 負けないぞ。 

興: 
「わかりました。 そういうご事情でしたら代車は必要になりますね。 レンタカー費用を損害としてお認め致します。」 



…あれ? 




続きます) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

まとめられちゃった☆

NAVERまとめの 「イケアの家具の積み込みに苦労している画像まとめ」 に                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

13082801まとめんな

わが家の先代愛車アストラ号の懐かしき姿がッ!! 

      13082802まとめんな2


べつに苦労なんかしてねえしとか思いつつ一応読み返したらけっこう苦労してました (笑) 



たいへんな積み込みもIKEAの楽しみのうちっすよ  


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)