FC2ブログ

LED非対応のポールセン照明器具と、LED電球が越えねばならないもう一つのハードルの話

昨年の記事でご紹介したルイスポールセン照明器具の省エネ電球 (LED電球&電球形蛍光灯) 対応リストは随時改訂されており、現行バージョンは既に第3版となっています。 

13071011ポールセンLED対応

LED電球の性能向上に伴い対応する照明器具は更に増加し、今や 「十分な明るさが得られない」 ことを理由に推奨LED電球無しとされている器具は2機種を残すのみとなりました。 

13071012適合なし

そのうちの一つは、PHアーティチョーク。 

13071013アーティチョーク

このゴージャスな押し出し (ちなみに標準同梱ランプは200W白熱電球か250Wハロゲン電球とのこと) を見れば、対応するLED電球が現時点で登場していないことも肯けようというものです。 

なんで? と首を傾げたくなるのはもう片方のほう。 
なんと、PH 4/3なんですよ。 

13071015うちの

わが家の天井にもぶら下がっている小っちゃいやつ。 

本体サイズも標準同梱ランプの消費電力もずっと大きなPHスノーボールやPH5-4 1/2にすら推奨LED電球が存在する現在、コンパクトなPH 4/3がLED電球NGのままとは一体どういうこと? という疑問が自然に頭をもたげるわけですが、実ははっきりした理由があります。 

それは何かと申しますと、「LED電球のサイズの問題」。 

PH 4/3は現行型PH5シリーズのようなソケット高の調節機能を持たないため、装着できる電球の高さ方向のサイズが極端に制限されるのです。 きちんと計測したわけではないためあくまでもイメージですが、標準同梱の100W白熱電球の高さプラス1センチでギリギリ、プラス2センチになると電球の頭がボトムカバーに干渉して装着不可能 といったところでしょうか。 

13071016干渉
100W白熱電球より2.5センチほど背の高い三菱電機LDA12L-H/Dで試しているところ。 電球の頭が邪魔でボトムカバーを取り付けることが出来ません。 


物理的に取り付け可能なLED電球も存在するにはするものの、そのようにコンパクトなタイプでは全光束や配光角、あるいは光源の位置等がネックとなって十分な明るさが得られないんですね。 

なお電球形蛍光灯の場合でも、以前の記事にも書いたとおり100W相当は装着不可能。 60W相当が限界です。 


こうしたことから、LED電球が白熱電球完全代替を宣言するためには (価格及び演色性に加え) コンパクトネスの問題、すなわち、同じ明るさを同じサイズで実現する という高いハードルが待ち構えているという事実が浮かび上がってきます。 既に長い歴史を持つ電球形蛍光灯ですら、この点においては結局最後まで白熱電球に太刀打ち出来なかったわけですから。 

白熱電球のプロダクトとしての完成度はきわめて高いものなのだなあと、今更ながらに感心する次第。 
(ここで 「エジソン偉い」 とか書こうと思ったら前の記事でもう書いてました (笑))  


ともあれ、

PH 4/3において、省エネ電球で標準同梱の白熱電球100W相当の明るさを得ることは (現時点では) 不可能。 

以上を、今後PH 4/3のLED化を考えてこのブログを訪れる方 (いらっしゃるかどうか自信はありませんが…) のための結論として記しておきます。 

こういったネタの決まり文句になっている感がありますが、LED電球のこれからの進化に期待しましょう。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

スポンサーサイト

スイッチネームカード自作の強力助っ人

スイッチプレートの件でネットを徘徊していた時に発見しました。 

13071005ド・フランス

ネームスイッチカード 印刷ツール」。 

パナソニック コスモシリーズワイド21用ネームスイッチカードの作成と印刷を行なうためのエクセルマクロファイルであります。 (ダウンロードページはこちら) 


13071003リスト選択

「リビング」、「玄関」 等のスイッチ名は、63種類のリストから選択可能。 


13071004マニアック

お約束の 「サウナ」 や 「トレーニング室」 もあるよ  


13071006さらにマニアック

任意入力にも対応しているのでリストにないマニアックなお部屋でも安心です。 


ちなみにパナソニックの 「L-comeスタッフブログ 汐留小町」 によれば、このツールが公開されたのは2年前、2011年の7月らしいのですが、

13071002リリース


奇しくもその1ヶ月ほど前、わたくしは当ブログで 「できれば無料ダウンロードとかにしてくれるともっとありがたい」 とつぶやいていたのでした。 
13071001要望


ぼくの願いを聞き届けてくれたんだねパナソニック! 


んなこたぁないか。 




ともあれこのツール、ネームスイッチカードを一から作るよりずっと楽 (自分で作るとカードのサイズ設定が特に面倒) であることは間違いないと思われますので、カード交換を検討されている方のご参考になれば幸いに存じます。 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

スクエア&ホワイト&リーズナブルなスイッチプレート

わが家の壁面スイッチ及びコンセントのプレートは、パナソニックのベーシックグレード 「コスモシリーズワイド21」シリーズの 「スクエアタイプ」 を採用しています。 

13070907スイッチプレート

しかしながらこの製品、看板にいささか偽りがございまして、スクエアと銘打ちながら完全なスクエア形状ではありません。横方向の断面がカマボコ形にラウンドしているのです。 

13070908ラウンド
こんな具合に。 

同じパナソニックでも高価格帯の 「グレーシア」 や 「ラフィーネア」 には横方向断面まで四角いフルスクエアなタイプが存在するものの、カラーリングが施されたものばっかりでシンプルなホワイト色はラインナップされていない。 これはいったいどういうことなんだッ? 


…というような話を記事にしたためたのが約2年半前のこと。 

スクエアな形状はシンプルモダン志向のユーザーにこそ訴求するものであると思われ、シンプルモダンと言えば基本のホワイトは外せない筈。 それなのにどうしてラインナップに加えないの?ワァワァ!! とひとりで大騒ぎしていたわけですが、先日同記事へいただいたコメントを読んで、白色・フルスクエアタイプのプレートが既に世の中に登場していたことを知りました。 いつの間に… 


13070904ラフィーネアホワイトスクエア

ラフィーネアシリーズ スイッチ・コンセントプレート (スクエア) (ホワイト)。 

ミドルグレードのラフィーネアシリーズに追加される形で、昨年11月にリリースされたそうです。 

13070905スクエアだ!

中途半端スクエアなワイド21なんかとはもうぜんぜん違うんですから! と、これでもかとばかりに強調されているあたり、中途半端スクエアを選択せざるを得なかった者としてはチョット哀しくなるわけですが (笑)。 


スイッチハンドル (パチンと押す部分のこと) はストライプの入ったワイド21のものを流用するためフルホワイトに出来ないのが画竜点睛を欠く印象ですが、逆に言えばワイド21に対する追加コストはスイッチプレートの差額分だけで済むということ。 安価に導入できる点は評価すべきだと思います。 

試算してみますと、

スタンダードサイズのスイッチプレートの定価はラフィーネアが250円、ワイド21が110円なので、差額は

 250 - 110 = 140円 

業界に残る悪しき商慣習により4割5割引きは当たり前!が今なおまかり通る住設機器、ここでは控えめに7掛けとしておくと、実際の差額は

 140 × 70% = 98円 

1箇所あたり約100円の追加負担で、パーフェクトにスクエアなスイッチ、コンセントが手に入るわけです。 
家の中にコンセントとスイッチが100箇所あったとしても、全部で9,800円。 
いやいや贅沢は敵だ。 フルスクエアは勝負部屋 (なんじゃそりゃ) の10箇所だけにとどめておこう なんていう場合ならば、なんと980円。 

住宅にかかる全コストから見れば誤差と言ってよいほど (この発想は多用しすぎると危険ですけど) の金額で導入可能なのであり、フルスクエアにこだわりたいけれどもJIMBOなんかの高いやつはちょっとなあ… という層にはうってつけではなかろうかと考える次第であります。 

わたくし自身のことを申し上げるならどうしてあと3年早く出してくれなかったんだよパナソニックゥゥと怨み節タラタラなわけですが、ここはこれから家を建てられる方々のため、フルスクエアプレートの手軽な選択肢が現れたことを素直に喜ぶことにしましょう。 ウン。         …グスン。 


13070906よい
よいのだ。 



最後になりましたが、ラフィーネアホワイトスクエアタイプの存在を教えて下さった 「通りすがり」 さんに、心から感謝申し上げます。 ありがとうございました <(_ _)> 


ラフィーネアホワイトスクエアタイプのレビュー記事へ続きます)

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)