HEMSの 「今でしょ」 がシャレにならないレベルに!

前回からの続きです) 

横浜スマートシティプロジェクト (YSCP) の枠組みを利用してHEMSを導入した場合のモデル収支は、

 ・HEMS設置費用   16万円以下 
 ・国からの補助金  ▲10万円 
 ・横浜市の補助金  ▲5万円 

となっており、これにより自己負担額が1万円以内に収まるとされています。(参考URL) 
前回ご紹介した太陽住建の 「自己負担ゼロ」 というのは、16万円以下が標準の設置費用を企業努力により15万円以下にまで圧縮し、全額を補助金で賄えるようにするという実にありがたいシステムである。 
私はこのように解釈していました。 

ところが、太陽住建の自己負担ゼロを報じるサイトを精読してみると、気になる注記があります。 

13073101消費税別

消費税別」。 

嫌な予感がして調べてみたところその予感は的中。 
HEMS補助金は、(国・横浜市ともに) 消費税対象外であることがわかりました。 

よって、設置費用が税抜で15万円 (税込157,500円) の場合、消費税の7,500円は自己負担。 

仮に設置費用を税込15万円ポッキリまで値切ったとしても消費税対象外のルールは変わらないため、補助金は本体価格分の142,857円しか支給されません。 消費税7,143円についてはガッチリ自腹であります。 

日本国民である以上納税の義務から逃れることはまかりならんと、こう言っているわけですな。 

そんなこと言ったって省エネ促進という意味では同様の役割を担っていた家電や住宅のエコポイントでは 「消費税は別でっせ」 なんて無粋なことは言われなかったのであり、制度設計のやり方次第ではHEMS補助だって同じように消費税までカバーすることは可能だったのではないかと妄想するにつけちょっぴりモヤモヤした感じは払拭しがたいのであります。 


まあそれでも費用対効果を考えれば1万円以下でHEMSが導入できるなら安いもんだよ。 ウン。 と気持ちをポジティブに切り替えようとしていた矢先、更に追い討ちをかけるような情報が飛び込んできました。 


国の補助金が10万円から7万円へ減額。 



マジっすか!? 


HEMS導入促進事業の推進母体である 一般社団法人 環境共創イニシアチブの発表によると、補助金10万円は8月末日で打ち切られ、9月より7万円になるとのこと。 

なんとまあタイミングのいいことに、前回の記事を書いた7月22日にアナウンスされていましたよ。 やれやれ。 

13073102減額


当初はYSCP募集締め切りの9月いっぱいを目標に意思決定すればよいといくぶんのんびり構えていたのが、それどころではなくなりました。 国の補助金10万円を受給するためには、8月31日までにHEMS購入の契約を終えてしまわなくてはなりません。 

それでなくても夏は何かと忙しいのに… 


つづく) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

ファブリックパネルを自作してみる

ファブリックパネルというのは読んで字の如く、四角いパネル状のベースに布地を張って作ったインテリアグッズ。 インテリアショップ等で販売されている他、構造が単純なことから自作にチャレンジしている方も多いようです。 

妻が家に飾ってみたいという希望をかなり以前から表明していたので、私もひとつDIYでやってみるかと思い立ちました。 

ベースの作成方法は人によってさまざまなようですが、今回は棒材で組んだ木枠に板を張るというオーソドックスな手法を試してみることに。 

ということで、まずはホームセンター (またもやシマホ。 4週連続…) にて材料を調達です。 

13073001材料

1×1のSPF材 (19×19×1820mm) を2本 (296円) と、920×450mmサイズのMDFボードを1枚 (158円)。 
その他、ネジなどの金具類は家にあった物を使用しました。 


13073002カット

骨組みとなるSPF材を必要な長さに切断します。 今回はMDFボードをカットせずにそのまま使うことにしたので、それに合わせたサイズで。 


13073003組む

カットしたSPF材を、木工用ボンドでMDFボードに貼り付けます。 変形防止を主目的として中央に補強材を1本入れました。 


13073004修正

…のですが、ここでこのままではまずいことに気がついてやり直し (理由は後ほど説明します)。 補強材を2本に増やしました。 行き当たりばったりでごめんなさい。 


13073005接合

木工用ボンドだけでそれなりの強度が出ますが、さすがにそれだけでは心もとないので木枠を木ネジで接続していきます。 


13073006MDFも

MDFボードも木ネジで固定。 このあたりは釘でも十分だと思われますが、手頃な長さの釘が手近になかったため木ネジで代用した次第。 


13073007固定完了

これでベースが完成。 かなり頑丈で、生地の張り替えにも余裕で対応できそうです。 


続いて壁掛け用の紐の取り付けにまいりましょう。 
私の好みで、紐が外に露出せず、パネルが壁面に隙間なく固定できる方法を工夫します。 

13073008洋灯吊

紐を通す金具は、これまた手近にあった洋灯吊を、

13073009加工

ペンチでヒートン状に加工して使います。 もちろんヒートンがあればなお結構。 


13073010吊り金具

こうして作った吊り金具を、2本の補強材の内側上方に固定します。 先ほど補強材を2本に増やしたのはこのため。 真ん中に1本では吊り金具が付けられませんので。 

当初はこれだけで行こうかと考えていたのですが、強度に不安を感じたため急遽方針変更。 

13073011下にも

下の木枠の内側にも金具を2本追加しました。 ネジ型の部品の引っ張り強度は横方向よりも縦方向のほうが強いと思われますゆえ。 


13073012ループ

4本の金具に適当な紐 (次男の写真を壁にディスプレイした時の余りを使用) を通してループにすれば完了です。 


13073013試験的に

既設の壁フックに試験的に掛けてみました。 


13073014ピッタリ

紐はパネル背後に完全に隠れ、横から見てもパネルが壁にぴったりと貼り付く感じでグッドですよマリナさん! 


続いていよいよファブリック張り… と行きたいところですが、まだ布地を入手していないため残念ながら今回はここで終了。 

ファブリック選択は私の独断でというわけにはいかないため、いずれ計画首謀者の妻と共に選びに行こうと思っております。 軽く調べてみたところ有名どころの布地は信じられないくらい高価なのでイケアあたりがリーズナブルなのではなかろうかと考えておりますがそれで妻が首をタテに振ってくれるかどうかはわからないのでした。 


つづく


13073015北欧ファブリック
ジューテックホームの広報誌 「WELL-DO」 2008年春号掲載の北欧ファブリック特集。 マリメッコ、クヴァドラ、タンペラ、サンドバーグ、スヴェンスクテン、ユンバリ、ヨブス、フィスバ、ボロス・コットン、アルメダール、ハートアート、ヨハンナ・グリクセン、アンヌ・ノーワーク、リズベット・フリース、レーナ・M・カールソン、ロッタ・ヤンスドッター…  取りあえずブランド名をぜんぶ書き写してみましたがかろうじてマリメッコというのを聞いたことがあるくらいであとは全くチンプンカンプンなのであった。 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

高級雑貨の巣窟へ潜入

そんなわけで六本木ヒルズのAGITO。 アギトではなくアジトと読みます。 

13072901鯵と

アジトというのはまさにあのアジト。 接頭語として 「革マル派の」 とか 「ルパンの」 とか 「ショッカーの」 などを伴うアレ。 ちなみにアジトの語源は 「agitating point」 なのだそうですね。 私はてっきりどこかの外国語に 「アジト」 という単語があるものだとばかり思い込んでいましたが。 

「反体制的扇動グループの地下活動拠点」 という意味の単語が果たして高級おしゃれ雑貨屋の店舗名にふさわしいのかどうかはよくわかりませんが、「オトナの隠れ家」 とか 「洗練された都会人の秘密基地」 的なニュアンスを持たせようという目論見なのでしょうたぶん。 

それはともかく六本木AGITO、ショップカテゴリ的にはアクタスコンランショップセンプレあるいは銀座和光などと同じハコに入ると見てよさそうです。 すなわち、「商品を眺める分には楽しいけれどひとたび物欲をそそられたが最後買いたくても手が出ないというストレスを抱え込むことを覚悟したうえで入店しなければならない店」 というカテゴリであります。 

ただここ数年わたくしもこの類の店に入って手ぶらで立ち去る経験を何度か繰り返すうちにだんだん免疫ができてきたようで、最近では物欲を意識的に麻痺させた状態でもっぱら眼福のみを愉しむことが出来るようになってきました。 ショップさんには申し訳ない話ではありますが。 

ということで、以下、AGITOで見て気になったアイテムについて記録しておきます。 


入り口を入ってすぐの結構な面積を割いた和風グッズ専用ゾーンに、どこかで見たような花器がディスプレイされていました。 

13072906ライフシェルズ

弟夫婦の引き出物でもらった (浴室で落下して真っ二つに割れたのを必死で修復した) 有機的デザインの陶製花器のビッグサイズバージョンであります。 

13072907エルエル

白山陶器の 「ライフシェルズ」 という製品であったことが判明。 どこの何という花器なのかという長年の疑問が、六本木で解消することになるとは思いませんでした。 

13072905ライフシェルズ

わが家のやつもしっかり健在です。 これは本当にすごくいい。 「あれは、いいものだ!」 と叫んでから死にたい。 


同じゾーンには、以前センプレで見て一目惚れした錫加工品の作り手である富山高岡の 「能作」 の製品が多数陳列されていました。 カゴや箸置きなどお馴染みの錫製品もありましたが、今回興味を引かれたのは真鍮製の風鈴です。 

13072908能作真鍮風鈴

滑らかなテクスチャーに渋めの輝き。 
手に取って鳴らしてみたところ、実に爽やかな音色を奏でました。 これを窓辺に吊るしておけば音色聴きたさにエアコンの使用が減って、電気代で元が取れるかも。 買っちゃおかな。 


13072902ストウブさん

キッチン用品のコーナーには、おなじみ 「ストウブ」 の鍋の姿もあります。 ちなみにわが家の鋳物ホーロー鍋購入計画は気温上昇とともにすっかり頓挫しており、いま 「ストウブ」 と聞いても 「あまちゃん」 のストーブさんを思い出すのが関の山であります。 


13072903パロット

舶来高級オーディオも充実。 これはおハイソMP3スピーカーのParrot by STARCK 「Zikmu」。 なおParrot と STARCK と Zikmu が、それぞれ会社名を表すのかブランド名を表すのか製品名を表すのか、公式サイトを一読しただけではさっぱり理解できません。 このケムに巻く感じも高級ブランドならではの味わいでしょうか。 


13072904チボリオーディオ

同じくこだわり派のための海外製オーディオ 「Tivoli Audio」。 お値段は Parrot よりはかわいいですが、単なる据え置き型のラジオが3万円も4万円もするというのはやっぱりかわいくない。 でもレトロフューチャーなデザインは個人的にはツボ。 だれか買うてくれまへんか。 

つづく) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

こんな夏なら悪くない

夕方、たまプラーザ駅前の夏祭りを覗いてまいりました。 

13072801砂塚珈琲店

駅前の商店街にある珈琲豆の店に併設の喫茶店 「砂塚珈琲店」 にてテイクアウトしたのが、

13072802コーヒーゼリー

コーヒーゼリーと、

13072803コーヒーフロート

コーヒーフロート。 どちらも350円也。 
ソフトクリームの下の層がコーヒーゼリーかアイスコーヒーかの違いなんですけど。 

苦みの効いた本格的なコーヒーと甘いソフトクリームのコントラストが鮮やかで、本当に美味いです。 一年前の同じ祭りの日に初めていただいて以来、妻ともどもすっかりファンになってしまいました。 

砂塚珈琲店、たまプラーザの名店だと思います。 
お近くにお越しの際は是非どうぞ。 


13072804お祭り

夕方の涼しい風の吹きぬける中、夏祭りの雰囲気を堪能しました。 

こういう夏はいいですね。 




13072805ビール

んで、今はブログ書きながら6Pチーズをつまみにビールを堪能しているわけです。 毎度のパターンで申し訳ありませんけれども。 

こういう夏もいいっすね。 


幸せだなあ。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

おうちハンバーガーショップパート2

というわけで本日の夕食はおうちハンバーガーショップパート2。 

パート1の時は合挽使用でしたが、今回はオール牛であります。 

13072711手製挽肉

安い切り落とし肉を買ってきて5ミリ厚くらいにスライス、お手軽自家製挽肉を作ります。 
冷凍庫で2時間くらい軽く凍らせておくと切りやすくてよいです。 

13072712ビーフ100%

塩、胡椒、ナツメグをふって粘りが出るまで捏ねまくり。 
今回は卵黄やおろし玉ねぎなどのつなぎは一切加えず、正真正銘のビーフ100%で攻めてみました。 

13072713焼く

薄べったく成形し、強火で焼きます。 

13072714縮んだ

けっこう縮むんですよねー 

13072715盛り付け

野菜やらベーコンやら、一緒にはさむ食材と共に盛り付け。 ちょっと米国のダイナー風? 行ったことありませんけど。 

13072716芋もね

ハンバーガーといえばポテトは欠かせませんな。 

13072717手ばさみバーガー

それぞれ思い思いの流儀ではさんでかぶりつく、手巻き寿司ならぬ手挟みハンバーガーであります。 


う ま い ! 


なんだかマクドナルドがアベノミクスに乗じて1000円バーガーとか出しているそうですが、ちゃんちゃらおかしいぜ! 
(ホントはすっごく食べてみたいんですけど (笑)) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)