グレート・ボールズ・オブ・ワイヤー

前回の記事はわけのわからない寸劇のまま唐突に終わってしまい申し訳ありませんでした <(_ _)> 

改めてご紹介します。 
グレートボールズオブワイヤー (Great balls of wire)。 
長いので、以下GBWと略します。 

12053101鈴?
しかしまあ何の偶然か、ドラえもんの首の鈴にソックリの形をしておりますな。 


つい最近新聞で紹介されていたのを見て興味を惹かれていたところ、先日扇風機を見に行ったジョージズの店頭に並んでいるのを偶然発見、これも何かの縁とばかりひとつ買い求めてみたのであります。 

長すぎて持て余すコード類をまとめるアイテムとしては

12053015こういうの

↑このような回転軸にぐるぐると巻きつけて収納するタイプが一般的かと思いますが、GBWはコードを適当に押し込めばOKという手軽さと、カラフルで超シンプルな球形というデザイン性がセールスポイント。 そこらへんに転がしておいても絵になります (たぶん)。 
カラーバリエーションはグリーンの他にオレンジ、レッド、ターコイズなど、9種類で展開。 

12053020GBWカラバリ
9色ぜんぶ揃えると希少性の高いアイテムがもらえるというようなコンプガチャみたいな企画は当然やっておりません。 グ○ーもD○NAもつぶれてしまえばいいのにと個人的には思っております。


んでこのGBW、やはりと言うべきか何と言うべきか、北欧発のプロダクトだそうですよ。 例によって例のごとく。 なんかくやしい。 

デンマークで2000年に創立されたボルドアンドバング社 (BALD & BANG) によるデザインで、2009年にレッドドットデザイン賞 (reddot design award  ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する世界的に権威あるデザイン賞) というのを受賞しているのだとか。 100均に並んでいても違和感がないことを考えると私の支払った525円のうち400円くらいはデザインの対価ということになるのであり、デザインが大きな付加価値を生み出し得るという事実を改めて思い知らずにはいられないのであります。 

とはいえ単に 「かわいい」 だけの製品ではなく、実際に使ってみて 「ケーブルをグイグイと突っ込むだけでOK」 という使い勝手のよさも際立っていると感じました。 デザインと機能を両立させているところは立派だと思います。 

ところで 「Great balls of wire」 という独特のネーミングですが、これはおそらく 「Great balls of fire」 をもじったものでしょう。 浅学な私としては 「ウィノナ・ライダーがまだ若くて可愛らしかった頃に出演した映画の題名」 としての認識しかなかったこの言葉、ジェリー・リー・ルイス (1950年代にアメリカで活躍したロックンロールのスター) の代表曲のタイトルだったんですね。 「火の玉ロック」 と言われれば確かに聞いたことがありますわ。 プレスリーの歌と勘違いしてましたけど (笑) 

12053014扇風機のコードに
特に用途を定めずに買いましたので、とりあえず扇風機の長いコードをまとめるのに使っています。


そんなわけで北欧発の 「火の玉ロック」 ならぬ 「電線玉ロック」、なかなかオススメです。 

ひとつ300円くらいだったらもっといいんですけどね。 ダイソーあたりがパクってくれないかな。 (ウソです。 デザインにはきちんと敬意とお金を払いましょう) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

ジャマなケーブルはこれでスッキリ解決!

12053011USBケーブルが

「ドラえもぉぉん パソコンに差したUSBのケーブルがじゃまでうっとうしくてしかたがないよ。 ひみつ道具でなんとかしてくれよう」 

「もうしょうがないなあのび太君は」 

パララパッパパー♪ 

12053009Great balls of wire

「『グレートボールズオブワイヤー』!」 

「ぐれえとぼおるずおぶわいやー? 何それ? ぼくまだ小学生だから英語で言われたってチンプンカンプンだよう」 

12053010ボール

「もうしょうがないなあのび太君は。 これは英語のダジャレだからわからなくても気にしなくたっていいんだよ。 ほら、箱から出すと本体はこのとおりさ」 

「なんだよこれ。 こんな切れ目の入ったゴムボールなんか出してもらっても役に立たないよう」 

12053012突っ込む

「もうしょうがないなあのび太君は。 こうやって使うんだよ。 余ったケーブルを適当にぐいぐいと押し込んで、」 

12053013スッキリ!

「最後に端の丸い穴からケーブルを出せば、ほら、みちがえるようにスッキリしただろう」 

「わあホントにスッキリだ!ありがとうドラえもん。 ところでこれはお店で買うといくらくらいするんだい?」 

「消費税込みで525円だよ。 関係ないけどついこのあいだ日経新聞でも紹介されていたよ」 

「525えん? まるでぼったくりバーのように高いじゃないか。 それじゃあぼくのおこづかいじゃたくさん買えないよう」 

「もうしょうがないなあのび太くんは」 

………

つづく) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

テッちゃんたちの聖地へ

先週の日曜日、さいたま市大宮の 「鉄道博物館」 へ行ってまいりました。 

12053002鉄道博物館

12053005列車

12053008200系

12053011ゴルゴ13

12053003寝る

12053004ときとあさま

12053007ミニ列車

12053010車輌と

12053009転車台など

2007年10月のオープン当時はすさまじい混雑ぶりだったそうですが今はさすがに落ち着いており、ストレスを感じない程度のほどよい混み具合でした。 
数多く展示されている車輌などからは本物だけが発することのできる有無を言わせない迫力がビシビシ伝わってきます。 普段電車というものを単なる移動手段としてしか認識していない私のような大人でも十分に楽しむことができました。 入場料も大人 1,000円と比較的リーズナブルなものなので、首都圏にお住まいの方は一度足を運んでみても損はないのではと思います。 

先週末は長男が泊りがけの学校行事で不在となったため、次男坊にもたまのひとりっ子気分を味わわせつつ好きな鉄道の世界を満喫させてやろうということで3人で出かけたわけですが、案の定彼は行きの電車内からテンションMAX状態。 心ゆくまで堪能した様子であり、連れて行ってやってよかったなと親バカ的に思った次第であります。 

勉強もしっかりやれよっ! 


12053006さようなら


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

インテリアショップでデザインコンシャスな扇風機を観察する

12052901ジョージズ横浜あざみ野店

先週の土曜日、インテリアショップ 「ジョージズ 横浜あざみ野店」 より、扇風機が入荷したとの連絡をいただきました。 Webの画像を見て気になってはいたものの実物を見ないことには判断がつかないため、店頭展示が始まったら連絡を下さるようお願いしていたのであります。 
 
家から歩いて20分弱と散歩にちょうどよい距離なので、連絡をもらったその日のうちに妻と共にぶらぶらと出かけてみました。 

その扇風機というのはこれ↓ 

12052902リビングファンDCモータータイプ

プラスマイナスゼロの 「リビングファン (DCモータータイプ)」。 以前の記事でもご紹介していましたね。 発売日が2回ほど延期され、このほどようやく出荷が始まったようです。 

上の写真ではゴチャゴチャしてわかりづらいので、カタログ写真のほうも掲載しておきましょう↓ 

12052903DCファン

こんな佇まいであります。 
ヘッドとベースが薄いグレー、ポール部がホワイトというツートーンのカラーリングですが、実物のグレーは画像よりももっと淡い色合いでした。 なおこれ以外に、ダークグレー&グレーのツートーンがラインナップされているそうです。 

12052904ファン部分

フロントガードは流行のフラット形状を採用しています。 背面のモーター部へ向けて妙な引っ掛かりのないなだらかな曲面で構成されたデザインは目に優しくていいですね。 わたくしカクカクしたやつも好きですが丸っこいのも決して嫌いではないのです。 

12052905ロゴ

「±0」 のブランドロゴは背面にさり気なく。 こういう奥ゆかしさは日本の家電大手も是非まねてほしいと願うわけですがなんだかいろいろと難しいようで。  

12052907十字ベース

デザイン上の最大のポイントは、やはりこの4本の足でしょうね。 軽やかな雰囲気がとても気に入っています。 今回の扇風機選びでいろいろ見ましたが、こういった意匠は他では見かけなかったような気がします。 
いっぽう電源はゴツいACアダプター外付けタイプであり、これは東芝のSIENTなどに比べるとマイナスポイント。 

12052906操作部

操作ボタンはヘッド部分に配置されています。 4本足のベースにはボタンを取り付けられなかったための苦肉の策かと思いましたが、妻に言わせると 「操作時にいちいち屈む必要がないのでラク」 とのこと。 言われてみれば確かにそういうメリットもありますね。 もちろんリモコン付属なのでそちらを使う限りでは関係のない話ですけれども。 

12052908ポール交換可能

ポール部は着脱が可能で、長さの異なる2種類のポールがセットされています。 これにより高さを99センチと76センチの二通りに設定することが可能となるわけです。 他メーカーの一般的な扇風機のように多段階の高さ調節は出来ませんが、個人的には二通りの高さがあれば十分ではないかと思えます。 ポールの交換作業は結構面倒そうですけどね。 


というわけで、じっくりじろじろと納得のいくまで観察させていただきました。 ジョージズさんありがとうございました <(_ _)> 

全体に見てかなりの好印象で、実物を見て裏切られることがなかったのはよかったです。 妻もずいぶんと気に入った様子であり、われわれの購入候補リストの最上位に躍り出た感があります。 
が、スペックなども加味してもう少し検討を加えるため即決は見合わせ、その日は手ぶらで帰宅しました。 なにしろこちらも14,700円と、 (グリーンファンやSIENTなどよりは手頃であるとはいえ) 扇風機としてはなかなかの高額商品ですので。 拙速は禁物なのであります。 

お金は大事だよ~♪ (古い?) 

つづく) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

やぶれかぶれプラス思考

日常生活で失敗したりうまくいかなかったりすることがあったら、あえてブログでネタにして自虐的に笑い飛ばすようにしています。 そうすることで自分の中でうまく消化を図るというか。 

ところが、自分がその出来事によって本当に凹んでいるような場合は、やっぱりなかなか書く気持ちが湧いてこないものですね。 そんなわけで今回は相当無理して書いているため筆の進みがものすごく遅いです (笑) 

コレ↓  

12052801芝生の惨状

わが家の芝庭の現在の様子です。 6月を目前にしてのこの惨状。  
どんなに薄目に開けて自分をごまかそうとしても、ダメであることが一目瞭然のダメ庭であります。 

12052806青々

昨年の今頃はこんなだったんですよ。 信じられません。 ううぅ…
どうやら完全に越冬に失敗したようです。 


まあしかしよく考えてみればわたくし園芸に関しては超のつく初心者なのであり、しかも以前も書きましたとおり小学校時代の植物栽培課題では育てるそばから次々に枯らしまくりまともに成長させた実績は6年間にわたってゼロであるという華麗なる経歴の持ち主。 そんな私がそう簡単にDIYガーデニングで成功を収めることができる道理などあろう筈がないのであります。 ここはもう開き直っていくしかありません。 

12052802肥料

とにかく出来ることからやってみようということで、近所の園芸店で芝生用の肥料 (「マイガーデン 芝生用」。 期せずしてつい先日毛虫退治用に買い求めた殺菌殺虫剤と同じく住友化学園芸の製品。 妙に縁がありますが別にまわし者ではございません) を買ってまいりまして、

12052803ばらまく

とりあえず一面にばら撒いてみました。 

直感的には既に手遅れという気がしていますが、失敗したら失敗したで失敗であったという経験値を新たにひとつ手に入れることができるというもの。 次はまた別の手立てを試してみればよろしい。 

何でもいいからやってみて、もしダメだったらそれも経験の積み重ねになるという (いささかヤケクソ気味の) 前向きな姿勢で取り組んでいくことに決めました。 芝庭についてはこれから5年後くらいに成功すればいいくらいののんびりした構えでやっていこうと思います。 どうせこれから一生住むんだから、5年なんて短いものです。 

ねっ! (カラ元気) 

12052804施肥後
施肥直後。 当たり前ですが何ひとつ変化はありません (笑) 

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)