スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソファ内覧会 (後編) 弱点はこことここ!

少し間が空いてしまいましたが、マニアックな 「ソファ内覧会」 の後編でございます。

前回予告しました通り、今回はオーセンティシティ (AUTHENTICITY) タイプCの、ちょっぴりネガティブな点についてご紹介したいと思うわけです。

11111710フロントビュー
さあどんなネガティブポイントが見つかったのかッ?


1.サイドアームが…

タイプCのウォルナット角柱製サイドアーム。
コの字型のフレームが二重になったデザインは個人的にド真ん中のストライクであり、眺めるたびにニヤニヤ笑いを抑えきれません (変態か)。

11111703サイドアーム

ところが、ここに重大な落とし穴がッ!

寝転がった時に、(微妙に) 足が当たるのであります。

タイプC (3人掛け仕様) の座面の横幅は約170センチと、身長168センチの私がちょうど横になれる絶妙なサイズ。 しかしながら、あまりにも絶妙すぎて、仰向けに寝転んだ時に足裏がサイドアームに触れるか触れないかの緊張感タップリの位置関係となっているのです。

なので、つま先を少しでも伸ばそうとすると、足裏がたちまちサイドアーム内側のコの字部分にペタリと接触するという事態が発生し、それがちょっぴりストレスを感じさせるんですな。

11112101つま先
こういう具合にペタリと。

「内側のコの字」 さえ無ければサイドアームは完全に抜ける形状となり、足首が自由に伸ばせてより快適な寝そべり姿勢を確保できること間違いなしですが、もしも仮にそんなことになっていたらサイドデザインが決定的に物足りなくなってしまっているであろうことは火を見るより明らかなのであり、あぁもぉ俺はいったいどうなれば満足できるんだぁ! とアンビバレンツに煩悶することが更なるストレスを呼ぶという。

ソファはベッドじゃありませんからと言われてしまえばそれまでなんですけどね。


2.ヘッドレストが…

前回もご紹介した通り、オプションのヘッドレストは身体を背もたれに深くあずけた時のリラックス感を増幅してくれるスグレモノなのですが、現在のわれわれのように片方のクッションにだけ装着していると、ほんの少しですが見た目を損ないます。

といっても左右のどちらか片方にしかヘッドレストが乗っけられないのでアンバランスに見える といったような単純な話ではありません。

元凶は、ヘッドレストの差し込み部分であります。

11111714厚みが

ヘッドレスト本体の下部に伸びた板の部分を背クッションと背面フレームとの間に差し込むようにして固定するわけですが、ここの厚みが結構あるのです。 だいたい1.5センチくらい。

そうすると当然、ヘッドレストを取り付けた方の背クッションが板の厚みの分だけ前方へ押し出される格好になります。
他メーカーのソファの後付ヘッドレストの差し込み部分にはもっと細い金属製のフレームが採用されることが一般的なようですが、オーセンティシティのように1.5センチもの厚みがあり、しかも金属製ロッドとは異なり背面全体を覆う形状になっていると、それによる背クッションのズレは隠しようがありません。

11111715ズレる
ヘッドレストを差し込んだ右のクッションが前へ押し出されているのがわかります。

11111716ズレている
前方から見るとこんな具合。 ズレています。

11113008ヘッドレスト
一般的にはこういう形状が多いです。 これなら 「ズレ問題」 はほとんど起こらないと思われますが。

このようにして生じたズレが、ソファ全体を眺めた時のシルエットのバランスを微妙に損なうのです。
美しいフォルムが売りのひとつであるソファだけに、これは非常に惜しい。
左右で同じリラックス感を得るためではなく、この崩れたバランスを整える目的だけのためにヘッドレストをもう一つ欲しい。 そう思ってしまう程です (高いものなので簡単には手を出せないことは言うまでもありませんが)。


以上の2点が、私の感じたこのソファの弱点であります。
のほうは、まあほとんど言いがかりだよなあと自分でも思っておりますが、のヘッドレストの件については今後の改善を是非望みたいところです。

他メーカーのように差し込み部を金属製フレームで作ってしまってはせっかくのウッドフレームの後ろ姿が台無しになってしまうということなのでしょうが、それならば金属フレームをむき出しのままとせずファブリックでカバーしてみるとか、あるいは現状のように板を使用するにしても必要な強度を確保したうえでもっと薄い素材を探してみるとか。

素人が考えるほど単純な話でないことは重々承知しておりますが、そういうヘッドレストができたらオーセンティシティの世界観は更に素敵なものになるであろうなと単純に夢想する次第であります。

11110202オーセンティシティソファタイプCAUTHENTICITY TYPE-C

ま、ネガティブポイントなどと言って重箱の隅をつついてみてもせいぜいこの程度なのであって、わたくしの傍目から見て超ウザいオーセンティシティ萌え~なスタンスは微動だにしないんですけどね (笑)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。
スポンサーサイト

80,000

8万件目のアクセス、本日いただきました。

皆様の温かい応援に心から感謝申し上げます。

11113002マースカレー
本文とは全く関係ありませんが東名のどこかのSAで山積みになっていたマースカレー。
カレーのように万人に愛されつつもピリリと辛いブログを目指したいものです。(と無理矢理こじつけてみる)



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

モミの木を退避させました

11112904イケアもみの木クリスマスツリー2011

先日の記事で、IKEAのモミの木クリスマスツリーの 「葉が落ちる問題」 についてふれましたが、その後情報を求めてイケアのオフィシャルブログを確認したところ、

・ある程度の葉落ちはどのツリーにもある。
・デコレーションするまでは、できるだけ暖かくならないところに保管したほうがよい。
・ツリーは寒い環境を好むので、室内で楽しむまではいっそ屋外に保管するのがいいかもしれない。


といった説明がなされており、やはり屋外へ置くのが安全なようです。

クリスマスが来る前に枯れてしまっては悲しすぎるので、わが家でも当面の間屋外へ退避させることにしました。
避難先は出来るだけ北国に近い場所ということで、玄関ポーチの脇を選択 (わが家は掟破りの北玄関なのであります)。

11112905抜け葉

移設作業の際に誤って一度倒してしまったのですが、それだけでこんなに盛大に葉が落ちました。 ほんの一週間程度とはいえ、温かい屋内はモミの木にとって相当過酷な環境だったようです。 ごめんよ。

11112906IKEAクリスマスツリー外置き

そんなわけで無事退避完了であります。 雨風で汚れないかしらと妻は心配しておりますが、ちょっとくらい汚れたって屋内で葉を全部落として枯れてしまうよりはずっとマシですわな。


11112907彼方に

エントランス側からの光景。
玄関につながるスロープの彼方にクリスマスツリーという眺めも、なかなか味わいがあってよろしいのではないかと。

暗くて寒い (モミの木にとっては) 良好な環境下で、元気に葉を茂らせてくれることを期待しましょう。

11112908代わりに花を

ツリーが去った寂しさを埋めるためというわけでもありませんが、階段下には新たにバラとカスミソウの花束をディスプレイしました。 これは先日のピアノ発表会の際に、妻が生徒さんの親御さんよりいただいたもの。 心遣いがありがたいのであります。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

いい加減だった駐車場の補修はどうなったか

11112901駐車場

7月に手直し工事を行なっていただいたものの、仕上がりがあまりにもお粗末なものであったため、塀レンガ落っこち事件を機に再度手直しを依頼していた駐車場の擬木平板 「アクシア・ヴィレッジ」 の補修が、昨日行なわれました。
本来先週実施の予定であったのが、届いた材料に割れが見つかったために再手配の必要が生じ、昨日に延期されたのでした。 まあいろいろとあるもんですな。

11112902擬木平板

私は仕事で不在であったため妻が対応しましたが、今朝確認したところでは、以前より相当まともな状態になっているように見えます。

11110514駐車場

ちなみに以前の状態はこちら↑。 写真の方向が違うため比較しづらいかもしれませんが、周りと比べて一回りほど小さくなっていた平板が正しいサイズになっています。 また、工事部の周囲に貼られた養生テープの跡もすっかり消え、見栄えがよくなりました。

一方で平板周囲のモルタル目地の違和感については完全払拭には至らないようですが、こちらについてはやむをえないものとして受け入れようと思っています。 こんな細かいところに気がつく人は施主以外にはいないと思われますし (笑)

ともあれこれにて外構問題はひとまず一件落着ということで。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

デジカメではダメだから

前回からの続きです)

ピアノ発表会という長丁場をビデオに収めるにあたって私が選択したのは、結局、「以前使っていたビデオカメラを引っ張り出してくる」 というオーソドックスな (そして最もお金のかからない) 手法でした。
これを機に新しいビデオカメラを購入してしまうという安直な解決策も一瞬頭をよぎりましたが、数万円のキャッシュアウトを伴う投資を決断するにはあまりにも時間が不足していたため見合わせたのであります。

引っ越しのドサクサでビデオカメラが未開封の荷物の奥深くに埋もれてしまっていることも懸念されましたが、妻の力を借りて何とか無事発掘に成功し、急いで動作チェックやらバッテリー充電やらの準備を行なったのが発表会前日の26日のこと。 ぎりぎりまで腰を上げないのはいつもの話ということでひとつ。

11112803カメラを引っ張り出す
とにかくいろいろひっぱり出してきて充電しているところ。

さてわが家には何故かDVC方式のビデオカメラが2台あります。
DCR-TRV5 と、DCR-TRV17。 いずれもまだソニーらしさを何とか保っていた頃のソニー製 (こういう言い方をするとストリンガー氏は怒るらしいけど)。
これらのカメラが現役の頃は TRV5をメイン機、TRV17をバックアップ機として使用していましたが、今回もまさに同様の使い方を想定して準備しました。 まずTRV5で撮影を行ない、バッテリーが心もとなくなってきたところでTRV17へバトンタッチするというわけです。

11112801ビデオカメラ
左から、DCR-TRV5、TRV17。 それぞれ1998年と2000年の発売。 よく頑張っています。

ところがフタを開けてみるとTRV5のスタミナは想像以上で、合計2時間近い撮影を1台でこなしてくれました。 しかもバッテリー残量表示を見ると更に100分以上の撮影が可能という頼もしさ。 この強壮ぶりにはほとんど感動すら覚えましたね。 (昔の) ソニー偉い!

各社ビデオカメラのカタログ (今日電器屋でもらってきた) 上で、「同梱バッテリーでも長時間! 連続撮影時間1時間40分」 などというヘボいデータが誇らしげに堂々と喧伝されていたりするのを見るにつけ新型の購買意欲はどんどん減退していくのであり、今回のようなロングイベントの際にはこれら2台にもうしばらく働いてもらおうかなという思いを強くするわたくしなのでした。

11112802ホール

さてところで肝心のピアノ発表会の方ですが、おかげさまで盛会のうちに終了しました。

生徒さんたちがこれまでの練習の成果を100%出し尽くそうと真剣にピアノと対峙している姿は、その技量の巧拙にかかわらず清清しいものです。 中には自分の演奏の出来栄えに満足できずに悔し涙に暮れている男の子などもいたりして。 その失敗を糧にまた頑張れ!

妻も懸案の発表会をようやく終えてホッとしているようです。 ピアノ教師としてこの一大イベントが終わらないことにはどうにも落ち着かないらしく、これまで一緒に庭いじりなどしていてもどうしても本腰が入らない様子であったのが、今は 「これから年末まで、家のことに気合いを入れるぞー!」 と大張り切りしています。 師走やからね。 頑張ろ。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。