スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実にどうでもいい話ですが

皆さんこんにちは。

本日はいよいよ我が家の住宅ローンの融資実行日なのであります。
ウンついにこの日が来たか。

ということで今晩にもローンの総括レポートを当ブログにアップしたいと考えているのですが、それに先駆けて前回の住宅ローン関連記事の一部を修正しました (私はこういった過去記事の直しを実はちょくちょく行なっております)。

といっても実質的な内容に手を加えているわけではなく、どうでもよい言い回しを修正してみたりつまらないギャグを追加したりといった程度なのですが、そのついでに「うろ覚えシリーズ」の画像も新たに添付しております。

関心のある方がいらっしゃったら、覗いてみてください。
なお、出来のほうはいつものようにロクでもないものでありますので生暖かく見守っていただけると幸いに存じます。


ねっ本当にどうでもいい話だったでしょう?
(すみません…)
スポンサーサイト

まだありました

たった今まで息子たちとテレビで「ダイ・ハード」の1作目を見ていたのですが、どう考えてもシリーズ中ダントツの出来栄えですな。(私見では、1作目>>>越えられない壁>>>2>4>3 というランク付けであります)
そして野沢那智の吹き替えはやっぱり最高! シビれます。


さて本題であります。

すみません。昨日まとめたつもりの引っ越し話でしたがもうひとつ続きがあるのを忘れていました。

11033001ピアノ
本日午前中、妻の立ち会いのもと(もちろん私は出勤中)、このクレーンで

11033002ピアノ
グゥィィィィンと吊り下げられてベランダから2階リビングへと運ばれたのは

11033003ピアノ
もうおわかりでしょうか。

11033004ピアノ
そう、ピアノであります。

先週旧宅から運び出された後、ピカピカにクリーンナップされた姿で本日晴れてわが家に戻って来たのでした。
おかえり。

11033005ピアノ

もちろん妻は非常にご満悦なのですがその理由は外観がきれいになったからだけではなく、演奏した時の音の響きが予想以上に良好であることのほうが大きいようです。斜天井であるとはいえ普通よりも高い天井の音響効果は抜群だそうで。
妻の演奏を聴いてみると私にも確かにわかる(ような気がする)。

ところで次男坊はせっかく解放されていた毎日のピアノ練習がまた始まるので残念がっております。悲喜こもごもですな。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

エアコン処分、誤ったかッ!

新居からの自転車通勤を3日連続で敢行した結果脚内に発生した乳酸が分解しきれずああついに俺も年貢の納め時かと観念しかかっている神楽嶽でありますこんにちは。連日の往復50キロ超はこたえるのであります。


中年のボヤキはともかく本題。

先日の引っ越しの際、旧宅のエアコン(15年頑張ってくれた日立の「カラッと除湿の」しろくまくん)を処分したのであります。
家電リサイクル法の指定引取場所へ持ち込めばリサイクル分のエコポイントが取得できますが(新居用のエアコンを購入したのは昨年のことなので旧ルールが適用され、リサイクルポイントが加算されるのです)、処分費用とエコポイントで収支がおおむねプラマイゼロになるので、それならばと無料での処分を申し出てくれたシモツさんにお願いしたのでした。

ところが、本日の日経朝刊に気になる記事を発見。最近このパターンが多くて申し訳ありませんが。

記事によると、廃家電に含まれる銅の価格が上昇しているため、買取業者に持ち込めばエアコンや冷蔵庫などの使用済み家電を買い取ってもらえるらしいのです。
廃エアコンの買取価格相場は現在1キログラムあたり100円超で推移しているとのことで、仮に室外機込みで30キロだった場合、3,000円以上で買い取ってもらえるということに。

しまった3,000円取りっぱぐれたシモツに無料で引き取ってもらったのは失敗だったかッ!

と後悔しかけたのですが、冷静に考えてみると買い取り前提での取り外し工事無料であったのかもしれませんし、そうでなくともやたらと重くてかさ張る廃エアコンの業者への持ち込みを新生活対応で多忙を極めている中で行なっている時間的余裕は今のわれわれにはないのであります(無理矢理決行しようとすると間違いなく「こんな時にいったい何考えているのッ!」と妻にカミナリを落とされること必至)。

そんなわけでわれわれの場合は無料での処分は悪くないチョイスだったことになりますが、今後エアコン処分を考えていらっしゃる方は業者による買い取りという選択肢も一考の価値ありと思われますのでご参考まで。
家電リサイクル法のエアコン処分料金である2,100円(※4月より)を支払ってリサイクルするよりも3,000円で買い取ってもらえるほうが嬉しいに決まってますからねえ。なおこれは法に触れる行為ではないとのことです。念のため。

以上、本日昼休みの(セコい)小ネタでした。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

今回の引っ越しで思ったこと 引っ越しレポート(後編)

皆様こんばんは。

本日、勤務先近くのコンビニの棚にパック牛乳がずらりと並んでいるのを見ました。
首都圏ガソリンスタンドの行列渋滞はすっかり見かけなくなりました。
被災地の復興にはまだまだ多大な時間と労力を要し、福島原発の状況も予断を許しませんが、それでも、(ほんの少しずつであっても)地震以前の日常が戻ってくる様子を目にするのは嬉しいものです。

さて本日は、先にお伝えした引っ越しレポートの後編をお送り致します。


1.シモツ引越サービスの評価

11032901シモツのトラック

今回引越を依頼したシモツ引越サービスの仕事ぶりには、十分に合格点を与えることができると評価しております。
大手の半額前後の見積もり結果に対する「安かろう悪かろう」の懸念がチョッピリあったことは否めませんが、幸いそれは杞憂に終わり、キッチリと仕事をこなしていただけました。

あえてマイナスポイントを挙げるならば、「『期待以上のサービス』というものが見られなかったこと」になるでしょうか。
学生の頃(20年ほど前)、引っ越しを含む荷物運送のアルバイトをしたことがあるのですが、今回の引っ越しではその時の現場と寸分たがわぬ光景が眼前で展開しているように思え、軽い既視感を覚えた程です。特に、愛想に乏しい(というか愛想のふりまき方というものをまだ知らないんですな)若い運送スタッフの姿は20年前の私そっくりでしたねー。いや懐かしい。

まあ、「モノを運ぶ」という引っ越しの基本的なジョブプロセスは何年経っても変わるものではないので無理もないような気もしますが、それでも大手業者などではサービスやプロセスについて洗練を図ってきているのではないかと思えるのであります(心がこもっているかどうかは別として)。
そういった変化と無縁である(ように見える)ところに、シモツの「地場の運送会社らしさ」を感じた次第であります。

それから、ここだけは是非改善してほしいと思ったのが、照明や洗濯機の設置についてであります。
左右対称になってほしい照明器具がそうなっていなかったり、洗濯機の設置について致命的なものではないとはいえ明らかなミスが見受けられたのは残念でした。

11032902排水口
美しくない画像で申し訳ありませんが旧宅の洗濯機排水口(引っ越し後に撮影)。外して新居へ持っていかねばならなかったアタッチメント(半透明のパーツ)が取り残されていました。

結局いろいろ文句を言っておりますが、コストパフォーマンスを考えると十分以上の仕事ぶりであったことは間違いありません。大手のサービスがいかに洗練されたものであったとしても、シモツの2倍の対価を支払うに足るものであるとは思えませんので。
その一方で、「感動するような引っ越し」というのがどんなものなのか、是非体験してみたいという思いもないわけではありませんが。


2.引っ越しを終えて (次に引っ越しする時に気をつけたいこと)

正直言ってこんな面倒なことはもう二度とやりたくはありませんが、もし万が一もう一度引っ越しをすることになったとしたらば、事前の検討と準備にもっと時間を割きたいですね。

以前にも少しふれましたが、梱包作業を依頼する場合は「梱包しないでよい荷物」を事前に考えて仕分けしておくとか、不用品は引っ越し前にできるだけ処分しておくとか、転居先でのそれぞれの荷物の行き先については綿密に決めておくなど、転居先での暮らし方を十分にシミュレートした上で事前に決められることは決定しておくのが望ましいと思います。

とはいえ、今回は今回でわれわれはベストを尽くしましたし、何よりも、地震の影響が残る中で結果的には大過なく引っ越しを済ませることができたのは本当に幸運であったと感謝している次第であります。いやホントに。

11032903この街で


とまあそんなわけで、当ブログにおける「引っ越しネタ」は、これにて終了となります。こうして総括したことで、自分の中で一区切りつけることができた気がしております。

これから新居を充実の空間とするために家族と頑張っていきますので、応援よろしくお願い致します。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

計画停電を想定した冷蔵庫とは?

新居の照明導入にあわせて家電エコポイントで省エネ電球(LED電球・電球型蛍光灯)を買いまくったことは前にご報告したとおりであります。

11032801エコ電球
画像中のすべての照明が、電球型蛍光灯あるいはLED電球。
確かに演色性は白熱球に一歩及ばないかもしれないがこのご時世そんなことは言ってられないのだ。


これによりわが家の照明器具のエコ成績は既にかなり高いものとなっている筈ですが、ミニクリプトン等の従来型電球を使用している器具もまだ残っております。
地震による電力不足に対し微力ながら貢献したいとの思いから、これらについてもLED電球に交換しようかなと考えていた(幸いエコポイントもまだ残っておりますので)矢先、家電エコポイント期間延長のニュースが飛び込んできました。

本日付の日経朝刊の記事によりますと、経済産業省が地震による電力不足に対する緊急対策の一環として原案をまとめたとのこと。

・東北地方、関東地方に限り期間を延長する。予算は約1,000億円を想定。
・電力消費量の大きな薄型テレビは対象から除外する方針
・計画停電を想定した電機各社の新商品も対象に加える


概略このような内容とのことです。

計画停電を想定した電機各社の新商品」って何なの?という疑問がわきますが、記事にはその一例として「夜間に保冷剤を急速冷凍しておくことで停電時の庫内温度を一定に保つ冷蔵庫」というのが紹介されていました。地震発生から2週間あまりの段階で既にそんなものが新商品候補としてエントリーされているということに対する驚きを禁じえません。
もちろん震災前から開発が進められていた製品であると思われますが、それにしてもすごい。

日本企業の底力のようなものを感じ、単純に嬉しくなってしまいました。

がんばろう日本!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。