スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンハウスでテンションMAX

先週末、東京都稲城市で開催されたジューテックホームのオープンハウスにお邪魔させていただいたのであります。 

13111202オープンハウス


もう建ててしまった人間が何を今さらというツッコミは覚悟の上。 将来の建築を真剣に検討されている他の見学者の方々の迷惑にならないよう車は会場の近くではなく駅近くの家電量販店の駐車場に停め徒歩でご訪問しましたのでどうかお許しいただきたく。 

ジューテックのオープンハウスイベントにおいては 「閑静な住宅街」 というのが決まり文句となっており、わが家みたいな目の前の道路をバスやトラックがバンバン走行しているような立地でも 「閑静な住宅街」 で一括りにされてしまうのですが、今回の会場となったお宅の周辺はその表現がふさわしい環境でした。 

よそ様のお住まいですので、当然ながら写真撮影、ましてやそれをブログで公開することなどもってのほか。 
ということで、以下、感想のみ書き留めておきます。 イメージしづらいと思いますが、備忘目的につき何卒ご容赦くださいませ。 



■ 外観はHMのモデルハウスからインスパイアされたという上下2色使いのサイディング張り。 
■ わが家もよく似ているので勝手にシンパシー (笑) 

 13111203オープンハウス
 これはわが家のオープンハウス時の写真。 震災の翌日と、今思えばものすごいタイミングの開催でした。 
 
■ 二階部分の板張り調のサイディングがものすごくリアルで驚いた。 
■ 雨どいの排水管?が、サイディングに合わせて上下に塗り分けられていた。 ジューテックらしい小技と感心。 
■ 郵便受けはお馴染み 「ボビ」 の2階建てで奥行きが深いタイプ (スイスボビというらしい)。 

 13111204スイスボビ
 スイスボビ。 収納力が頼もしそう。(画像はお借りしました) 

■ 玄関両脇のコートクローク、ウォークスルーシューズクローゼットをはじめとして、そこかしこに収納空間が充実。 
■ 壁紙は潔く全面ホワイトの同種類で統一。 シンプルで好ましい。 
■ クローズドタイプのキッチンは5畳くらいとかなりの広さで、非常に使い勝手がよさそう。 
■ オール電化ではなくキッチン火力はガス仕様。 やっぱりガスでしょう! 
■ ガスコンベクションオーブンも完備でまたまたシンパシー。 
■ 食洗機はミーレ! 国内メーカー製キッチンユニットに違和感なく溶け込んでいた。 

 13111205ミーレ食洗機
 わが家もいつかは… (@目黒ショールーム  

■ 水まわりの壁面の一部にエコカラットがデザイン的に配置されており、カッコよかった。 真似したい。 

■ スライドタイプの木製掃出し窓を初めて見た。 サッシのぶ厚さに仰天。 ちなみに一方ははめ殺しとのこと。 
■ 階段の木製手すりは上品なイメージ。 
■ 吹き抜けリビングの開放感は圧巻。 2階から見下ろした眺めが絶景。 
■ 吹き抜け部2階壁面の大型はめ殺し窓は、外観上最大ののフォーカルポイント。採光も最高 (駄洒落) 
■ LEDダウンライトとスポットライト中心の、シンプルな照明プランニング。 
■ ベッドサイドと思しき部分の壁に付いていた常夜灯がカッコよかった。 

 13111206パナソニックLEDタスクライト
 おそらくパナソニックのこちらだと思います。 引き出して手元灯にもなるという1台2役のスグレモノ。

■ 2階の浴室・洗面コーナーに、天窓が効果的に配置されていた。 
■ 壁面に固定するタイプの風呂ふたホルダーは水切れがよさそうで技アリ。 

■ 8畳くらいはありそうな広いロフトはエアコンも完備で、普通に生活できそう。 
■ ロフトの開口部から2階を見下ろせる仕様。 「つながっている感じ」 が好ましい。 
■ ロフトにも天窓あり。 陽当たりの良さは言わずもがな。 



以上、細かく書き出せばまだまだいろいろあるのですが、キリがありませんのでこのへんで。 

ありきたりな雰囲気やお仕着せ感のないオリジナリティにあふれたプランニングで、なおかつ一部のデザイナー系住宅にありがちな住み心地を犠牲にする悪い意味で 「とんがった」 部分とは一切無縁。 その場所で楽しく快適に暮らすことを考え抜いた末のこだわりと工夫が随所に感じられるお家でした。 

などと書くとたいへんエラソーですが、要するに私の個人的な好みにジャストミートであったということなのだと思います (施主の方にとっては全然嬉しくない賛辞ですけれども)。 
とにかくこれまでに見学させていただいたジューテックホームオープンハウスの中で、文句なしにナンバーワン! 
あまりにもテンションが上がりすぎて、あやうく現場にカバンを置き忘れて帰りそうになってしまったほどです (実話)。 こっぱずかしかったわ。 


建築希望者でもないわれわれに楽しい見学の機会を与えて下さった施主の方へは、この場を借りて御礼申し上げます。 本当にありがとうございました <(_ _)> 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。
スポンサーサイト

オープンハウスにおジャマ虫

12062420オープンハウス

この週末、ジューテックホームのオープンハウスイベントがわが家から比較的近い場所で開催されていたので、本日出かけてまいりました。 
「釣られた魚」 (すなわち金輪際新築を依頼する客にはなりそうにない人間) の分際で今更ノコノコとお邪魔してたいへん申し訳ないとは思うのですが、自分の家を建てたビルダーの手掛けた他の物件というのは何となく気になるものであり、機会があれば是非見せていただきたいと思うものなのです。 

近いとはいえ片道5kmくらいはありますのでさすがに徒歩は見合わせて自転車で行くことに。 妻とふたりそれぞれの愛車をエッチラオッチラ走らせて20分くらいで到着しましたのは、公営の緑地帯に隣接した閑静な住宅街であります。 

12062421緑地
緑地や公園がすぐそばというロケーションは個人的にたいへん羨ましいのです。 


よそ様のお宅ですので詳細なレポートは差し控えますが、とてもいいお家でした。
一段奥まって設計されているためにTV画面を壁面とツライチに配置することが可能なTVボードの設置場所、勝手口付きの広々としたパントリー、キッチンを中心に設けられた大小さまざまな造作棚、9畳もあって使い勝手のよさそうなロフト などなど、実際にそこで生活することを考え抜いたうえで練られたプランであるように感じられました。 

あと細かいところでは天井に取り付けられた火災警報器が非常に直径の短いコンパクトなもので驚いたり (おそらく日本フェンオールの 「煙雷」、「熱雷」 という製品。 わが家に設置する火災警報器を検討した時にはまったくノーチェックでした。 不覚ッ! ってピンポイントすぎますか? (笑))。 

12062499煙雷
これが 「煙雷 SF12A」。 価格は楽天で 2,500円くらいから。 コンパクトでいいっすねえ。 


何にしましても、新しい家を見せていただくというのはよいものです。 自分たちの家の建築当時を懐かしく思い出すこともできました。 
施主様とご家族の皆様へは、見学させていただいたことに感謝申し上げますとともに、ご入居後に楽しい生活を送られることを心よりお祈り申し上げます <(_ _)> 


ところでオープンハウスといえば、Yahoo!知恵袋のオープンハウスに関する質問の回答で当ブログにリンクが張られておりたいへん驚きました。 その質問は 「オープンハウスってかいてある、戸建ての物件には、本当に勝手に入っていいのでしょうか?」 というものだったのですが、ジューテックホームの場合は招待状の持参が必須となっているので勝手に入ろうとするとたぶん営業マンさんに羽交い絞めを食らいます (笑)。 
ご注意下さい。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のボタンをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時に輸入住宅のランキングページが開きます。

オープンハウスのご報告

皆さんこんにちは。
本日まで震災のため「自宅待機」の神楽嶽です。

被災された皆様へ心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り致します。

電力不足の状況に鑑み、当ブログの更新中断も検討しましたが、いろいろと考えました結果、出来る限り更新を続けていくことにしましたのでよろしくお願い致します。(節電のため、全文をノートに書いてからそれをタイピングする方式をとっております)


さて、先週末に開催されたわれらが新居のオープンハウスについて、簡単にご報告させていただきます。

11031603オープンハウス
春風にはためくジューテックホームののぼり。幸い両日とも晴天に恵まれました。

お客様は、12日に3組、13日に9組の方々がいらっしゃったとのことです。私が現場にいた12日の午前中と13日の夕方も、それぞれ何組かが見えられていました。オープンしたはいいけれど閑古鳥が鳴いたら悲しいなと心配していたので、お客様の姿を目にしてホッとした次第であります。

ある方は外壁をじっくりとご覧になっていたり、またある方は床暖房の初期コストを営業さんに尋ねていらっしゃったりと、当然のことながら着目されるポイントもお客さまによってさまざまでした。

11031601オープンハウス

いずれにしましても、われわれの家を少しでも参考にしていただけたのでしたら嬉しく思います。

営業Tさんより伺ったお話では、特に吹き抜け階段の評判がよかったとのこと。
「階段、とても好評でしたよ!」とのTさんの言葉に、「またまたそんな大げさなリップサービスを」などとシニカルに笑って返しつつも、内心ではガッツポーズを決めるわたくし。かなりの気合を入れて(妻が)プランニングした部分を褒めていただけるのは単純に嬉しいのであります。

11031605オープンハウス

そんなこんなでオープンハウスは無事終了。
皆様本当にありがとうございました。

11031604オープンハウス
こんな具合に頭をぶつけても大丈夫なように、ロフトへの階段上部の梁にはタオルが張り付けられていました。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がり、同時に輸入住宅の猛者・達人が集うランキングページにジャンプします。

オープンハウス開催中!

昨日より、われらが新居にて「オープンハウス」開催中であります!

11031319オープンハウス
ジューテックホームの新しい「のぼり」がはためいております。

11031306オープンハウス
工事担当H氏が事前の床拭きに大わらわの図。お疲れ様でございます。

晴天にも恵まれ何よりであります。

今から出かけねばなりません(下の息子にドラえもんの映画を見せる。orz)ので、続きはのちほど!

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がり、同時に輸入住宅の猛者・達人が揃うランキングページにジャンプします。

正解はこちら!

今日は暖かかったですねー@関東地方。自転車のサドルの上で間違いなく春の空気を感じましたよ。

さて、帰宅してメールを開くと、営業Tさんよりオープンハウスチラシのデータファイルが送られてきていたのであります。早技ですねー。

openhouse.jpg

先日の記事でチラシのアオリ文句を予想してみたわけですが、その「正解」は次のような内容でした。

・延床面積/36.82坪・2階にLDK採用の建物
・2×6耐震工法(高気密・高断熱・高遮熱構造
・スウェーデン製の木製3層ガラスサッシ採用
・開放感のあるストリップ階段と北欧パイン材を貼った勾配天井
・ピアノ室・和室・大きな収納クロークも完備
・蓄熱式温水床暖房(1階全面)装備
 (ご来場の際、ご体感いただけます)
 他にも見どころ満載!


ちなみに先日の私の予想は以下の通り。

・延床面積/36.82坪・3LDKの2階建て
・2×6耐震構造+高気密・高断熱・高遮熱構造
・スウェーデン製の木製3層ガラスサッシ採用
・シバグリを使った床材
・北欧パインを貼った勾配天井の2階リビング
・開放的な吹き抜け階段で上れるロフトスペース
・蓄熱式床暖房(1階全面)装備
 (ご来場の際、ご体感いただけます)

私がアピール点として挙げた「開放的な階段」「パイン材張りの勾配天井」「2階リビング」の3点は織り込まれております。

一方で、「シバグリの床」「階段で上れるロフト」については言及されませんでした。確かに「シバグリ」などは宣伝文句に採用するにはちょっと地味な印象かもしれないですね。私も家を建てるまでそんな木材の名前は聞いたこともありませんでしたし。実物はすっごくいい感じなんですよホントに。

逆に、私の予想しなかった「ピアノ室」「和室」「収納クローク」の3点がフィーチャーされております。
確かに収納クロークは1階、2階の両方に比較的大きなスペースを割いている(その代わり居室側の収納が極端に少ない)のでアピールできる部分かもしれませんが、ピアノ室と和室については「完備」と言われてもなあという気がしないでもありません。
特にピアノ室なんかオープンハウス当日はピアノ置いてませんから。

ジョン・レノンばりに「想像してごらん」ということなのでしょうか?

ともあれ、イチオシのポイントも主観(施主)と客観(メーカー)ではずいぶん違うものであるなと妙に感心した次第であります。

john and yoko love and peace
ひさびさのうろ覚えシリーズは「ジョン・レノンのリトグラフ」。(こんな感じじゃなかったっけ?)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。