スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名画座

昨日(海の日)は妻と共に映画を観てきたのであります。

劇場での映画鑑賞は3年前のゴジラ以来。
妻と2人きりとなると子供が生まれる前に本牧あたりのシネコンで見たたけしの「HANABI」が最後じゃなかったかと思います。だとすればほとんど20年ぶりになるわけで、まぁトシもとるわけですなあ。

下高井戸まで車で出かけて駅前の「ピッツェリア トニーノ」(本格的で美味いイタリアンです)で昼食を取った後向かったのはこれも駅にほど近い「下高井戸シネマ」。

17071801下高井戸シネマ
(Google Street Viewより引用)

今となっては貴重な存在の「ミニシアター」あるいは「名画座」であります。
最後にミニシアターに出かけたのは独身の時の「ブレードランナー最終版」あたりでは(以下略。昔語りが多いのは死期が近い証拠だろうか)

劇場のオープン直後からその日上映予定の映画のチケット販売が開始され、客は番号の付された整理券を受け取ります。
開場時刻のロビーは整理券を握った人びとで埋め尽くされ(場内の両脇にパイプ椅子まで追加設置されるという消防法大丈夫かと心配になるレベルの満員御礼状態でした)ますが、特に整理番号順に整列させられるわけでもなく、どうやって入場するんだろうと思っていたら、やがてロビー内に高らかに響き渡る「いちばーん、にばーん、さんばーん…」というアナウンスと、自分の整理番号がコールされるや否や遅れてはならじと上映室のドアめがけて猛ダッシュするお客さんの群れ。

ことほどさように下高井戸シネマの入場管理システムはきわめて原始的なものでした。

まあ小さな劇場がシネコンみたいな座席指定の予約システムを導入できるわけでもないでしょうし、そんな中ではこのやり方が最も確実な方法として編み出され定着したということなのだろうと推測したわけですが、それにつけても自分たちの番号がコールされるのを待ち構えている間はドキドキして困りました。世の中世知辛くなったものだとなんとなく溜息をつきたくなった次第。


それはともかくとして、この日観た映画はこちら↓

17071802ラ・ラ・ランド

感想↓(いくぶんネタばれ気味になりますゆえ20行ほど空けます)






















思いがけなく苦いです。

ラララな題名や前宣伝にごまかされて(私はごまかされた)ハッピーエンディングを期待していると裏切られますのでご注意あれ。
でもすごくいい作品で、「あぁ映画を観たな~」という気持ちにさせてくれました。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
それから主演のエマ・ストーンがたいへん可愛らしいので惚れた
スポンサーサイト

映画の中のイケア

先日、DVDで「(500)日のサマー」((500) Days of Summer)を観ました。


14090901サマーに恋をした


時間軸をシャッフルした構成はハードルが高そうで少々身構えますが、鑑賞し終えてみれば実はきわめてストレートなボーイミーツガール物語。ポップでチャーミングでちょっとだけ切ない、良くできた恋愛映画だと思います(冒頭で「これはラブストーリーではない」という断りが入ったりもしますがあれはわざと斜に構えてカッコつけてるだけ)。

「サマー」とは季節の夏を意味するのではなく、映画のヒロインの名前です。日本で言うと「夏ばっぱ」みたいなものです。主人公のトム君を500日にわたって翻弄する役回りなのでヒロインよりはファム・ファタールと言ったほうがしっくりくるかもしれません。
名前といえば、サマーを演じた女優ズーイー・デシャネル(Zooey Deschanel)のファーストネームは、サリンジャーの小説の登場人物であるゾーイー・グラース(Zooey Glass 最近の村上春樹訳での表記はズーイ・グラス)にちなんで付けられたものなのだそうです。

14090910フラニーとゾーイー

こっちのゾーイーは男性なんですけどね。まあいいけど。

なおタイトル中に「(500)」と括弧が付されている理由については一所懸命調べて以下の二つの英文サイト↓を見つけたのでどなたか翻訳して私に教えてください。

IMDb
Wikipedia
(なんだか双方でぜんぜん別の説明がされているような気がして仕方がないのですが気のせいでしょうか? そこらあたりも含めて是非)



さてここからが本題。
劇中でトムとサマーが同じ店でデートするシーンが2回出てきます。

その店というのが、IKEAなんですな。



上の動画はイケア(ロサンゼルスのバーバンク店だそうです)での最初のデートシーン。二人の初デートという設定なので嬉し恥ずかし感が炸裂しまくっているわけですが、時を経た二度目(といっても映画は時間を組み替えているので確かこちらのシーンのほうが先に登場したような気が)のイケアデートでは二人の間に秋風が吹き始めており、なんとか関係を修復したくて必死のトム君が最初のデートでの楽しかったやり取りをそっくり再現しようと試みるもサマーは浮かない表情のまま乗ってくる気配を見せないという。この2回のデートのコントラストが、大人の男性なら誰もがいつかどこかで一度は味わった苦い記憶を呼び起こさずにはおかないのであります。わたくしも会心の駄洒落を放ったにもかかわらず妻にガン無視された時など(以下略)


…すみませんイケアの話でした。
映画のストーリーとは関係ありませんが、店内の様子が日本のイケアとソックリなんですよ奥様。

14090919構造材むき出し天井

構造材むき出しの安普請天井に始まり、

14090921お部屋ディスプレイ

何から何までイケアで揃えなければいけないという強迫観念を客の脳内に植え付ける「ステキなお部屋」のディスプレイ。

14090923スカしメッセージ(コピー?)

壁面のなんだかスカしたメッセージというかキャッチコピーもあるある!

14090924ポエング

右側に見えるのはベストセラーリラックスチェアのポエングの名前ですな。

14090922プライスタグ

下端がカラーリングされた細長いプライスタグに、

14090920ショッピングバッグ

とどめはお馴染みの黄色いショッピングバッグ。


もう、ここが港北のイケアだと言われてもまったく違和感がありません。
もちろんバーバンクのイケアが港北のイケアに似ているわけではなく、世界中のイケアの店舗仕様がオランダのグローバル本部により徹底的にコントロールされている結果なのですが、べつにここまで何から何まで一緒にせんでもええやんか。

まこと、全世界を同じ色(青と黄色)で染め上げようとするイケア帝国の執念には脱帽するほかないのであります。
きっとベルトコンベアに乗せられたように順路を歩くことを強いられ見たくもない商品をダラダラと強制的に見せられ最初は買うつもりのなかった商品いつの間にか買わねばという気分にさせられる店舗構造も同じに違いない。


14090924IKEAバーバンク
ちなみにこれがIKEAのLAバーバンク店。



以上、映画の話なのかイケアの話なのかどっちつかずでとっ散らかってしまいましたが、とにかく「(500)日のサマー」はお勧めでございます。クロエ・グレース・"ヒットガール"モレッツも出演してるしね☆

サマーといっても夏映画ではなく、むしろこれからのちょい物寂しくなる季節にうってつけだと思います。旧作なので安くレンタルできるのも景気回復が足踏みする昨今においてはポイント高し。こんどの連休は108円握ってTSUTAYAへ急げ!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

温かい涙があふれてくる少年と馬の愛の物語

1408082201馬

なんだか感動の舞台らしい「戦火の馬」(どうでもいいが何でもかんでも「戦火の」と付ける最近の傾向はいかがなものか)。


馬

この(作り物の)馬の


1408082202馬目

つぶらな瞳

















1408082203蠅目

映画「ザ・フライ」のコイツにそっくりであることに気付いてしまって以来夜も眠れません。






以上、この大発見をどうしても誰かに伝えたくてしたためました。


お食事中の方ごめんなさい。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
「ザ・フライ」はグロいけど愛の傑作なのだ!

怪獣王に俺はなる

14081003TOHOシネマズ2

昨日、ららぽーと横浜のTOHOシネマズにて映画を観てまいりました。

家族総出の劇場鑑賞は「カーズ2」以来3年ぶりであります。

鑑賞したのはこちら↓ 


14081001GODZILLA.jpg


アエエエオオオオオオオオオオオオオンン

ドドド・ドドド・ドドドドドドドドド ドドド・ドドド・ドドドドドドドドド♪
(伊福部昭作曲のテーマ。「ゴジラ・ゴジラ・ゴジラとメカゴジラ」と歌詞を付けて口ずさめば親しみやすさ倍増)

そう。
GODZILLA」でございます。

以下、箇条書きレビュー。
ネタバレ全開になりますので10行ほど空けま~す☆









よろしいですか?

(1) ハリウッド映画に今更突っ込むのもどうかと思うが、ニッポンの描写が明らかにおかしい
(2) あんなスリーマイル島みたいな形の原発が日本のどこにあるというのだ?
(3) ボディに「国際学校」と太書しただけのスクールバスが日本のどこに(以下略)
(4) ジュリエット・ビノシュ嬢の容色がすっかり衰えていて泣けた。「汚れた血」の時はたいそう美しかったのに。うぅ
(5) ジュリエット・ビノシュ嬢が映画開始後10分くらいですぐ死んでしまうので泣けた
(6) 渡辺謙演ずる芹沢猪四郎博士は解説してるばっかりでまったく役に立っていない。「われわれはゴジラと呼んでいます (キリッ」
(7) 猪四郎というのは初代ゴジラの本多猪四郎監督からいただいたんだね
(8) 主人公の米兵がキック・アスのアーロン・ジョンソンだったことに後になって気づいた
(9) 波瑠による主人公の嫁の吹き替えがフットルースの近藤真彦を彷彿とさせる一世一代の(※もう二度とやるべきではないという意味)出来栄え
(10) 原発事故後の封鎖区域で防護マスクを外し深々と深呼吸するや否や「やはりここは放射能で汚染されてなんかいない!」と断言する主人公の親父。アンタはガイガーカウンターか!
(11) ゴジラは実はいいヤツだった
(12) ゴジラの出番が少なくてちょっと物足りなかった
(13) 敵役怪獣のムートー夫妻のほうが明らかに目立っていた
(14) 部下「もう一体のムートーは形状が異なります!」⇒隊長「ということは性別が違うんだな!」(断定)
(15) 部下「もう一体には翼があります!」⇒隊長「ということはオスだな!」(断定)
(16) メスムートーはエイリアンクイーンだったことが判明。卵焼かれて怒っているところなんかソックリ
(17) クライマックスは昔懐かしい怪獣プロレス★
(18) '98年版のマグロ食ってる奴と異なりこっちのゴジラはちゃんと口から火を吹いてくれたので嬉しい
(19) ムートーとの戦いで死んだと見せかけて実はノーダメージのゴジラ。つよいぞ! パート2も待ってるぞ!





とまあ全編これツッコミどころのオンパレード。
ところが、実を申しますとこの映画に対するわたくしの評価は「マル」でございます。4つ星差し上げてもいいくらい。いやマジで楽しかった。

思い返せば小学生の頃、休日の学校の体育館で定期的に開催されていた旧いゴジラ映画の上映会(「3大怪獣南海の大決戦」とかそういう感じのやつ)が私の映画原体験なのですが、当時手に汗握ってスクリーンに釘付けになった「正義の味方のゴジラが悪者の怪獣をやっつけてメデタシメデタシ」というお約束のプロットを、21世紀のハリウッド版ゴジラが見事なまでに忠実にトレースしていることには軽い衝撃を覚えました。てっきり'54年のオリジナル版と同様の「ゴジラ=人類の敵」路線でシリアスに攻めるものだとばかり思っていましたから。

そのぶん前宣伝でさかんにクローズアップされていた「人間ドラマ」のほうはそれなりと言うかはっきり言ってしまえば学芸会並みのお粗末ぶりですが、いいんですいいんです小難しい理屈は。臨場感あふれる巨大怪獣同士の取っ組み合いでカタルシスさえ感じさせてくれさえすればそれで十分満足。うむ。(ちなみに一見もっともらしい原発事故やヒロシマへの言及もそれらしく見せるための添え物に過ぎません)
今更シリアスなゴジラ映画を撮ろうと思っても戦後間もない被爆国で作られたオリジナル版には逆立ちしたって勝てっこない。ならばいっそのことB級に徹し、往年の怪獣プロレスを最新VFXで超リアルにスケールアップさせることのほうによっぽど意義があるし観客も呼べる。製作サイドはそう割り切ったのではないでしょうか。細部の詰めが甘くツッコミどころ満載のストーリーも、ありゃたぶん確信犯ですよ。


そんなわけで2014年版ゴジラ、アタマを空っぽにしてな~~んも考えずに楽しめる、夏休みにうってつけの娯楽映画だと思います。ジュラシックパークみたいに怪獣が人を食べちゃったりとかの露骨な残酷シーンも皆無なので、ご家族連れにもお奨めかと。


少なくともポ○モン映画よりは(以下自粛)


14081004ゴジラカップ
劇場ではこんな便乗グッズも売ってました。
そういえば折角大枚850円はたいて手に入れたパンフレットをどこかの店に置き忘れるという大失態。アエエエエエオオオオオオオオオオオオオオンンン!



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

【毒吐き注意】真夏の方程式

いやまあしかしそれにしてもあついったらありませんな。

14080603うだる



さて暑いといえば「真夏の方程式」(強引)

東野圭吾原作、福山雅治主演。
フジテレビ系ドラマ「ガリレオ」発の映画化企画第2弾。

6月くらいにテレビでやっていたのを録画して鑑賞しました。よせばいいのに。

(以下、前作「容疑者Xの献身」を含むネタバレが登場しますので未見または未読の方はご注意ください。それから、この映画を愛している方はお読みになっても一向に構いませんがけっこうな勢いでディスりますゆえご気分を害されても責任は持ちません。悪しからず)



14080601まなつのほうていしき




まずはどういうお話かを簡単にご説明しておきましょう。

【娘(杏)】
中学生の時、自分が戸籍上の父親の子供ではないことを知る女性(西田尚美)の訪問を受け錯乱した結果彼女を包丁で刺し殺すも、その罪を実父(白竜)が被ったのをよいことにまんまと司直の手を逃れる。16年後の現在、実父の愛した地元の海を守るという大義名分のもと身も固めずまっくろな顔してダイビングにうつつを抜かす気ままな日々。

【母親(風吹ジュン)】
夫ではない男性の子供を産むという不貞を働いたばかりではなく、その男性が娘の殺人の罪を被るのを黙認。その16年後、今度は夫が殺害した男性の死体遺棄を幇助する。

【父親(前田吟)】
自分の家族の秘密を探ろうとする元刑事(塩見三省)を口封じの目的で謀殺。しかもその殺害行為を何の罪もない小学生の甥っ子に手伝わせ、彼の心に一生消えないトラウマを残す。


という、まあ何と言うかあまり近所に住んでいてほしくない人殺し一家とあいかわらずイケメンの福山くんとあまりかわいくない小学生が繰り広げるひと夏の物語であります。(レギュラーの小うるさい女刑事(吉高由里子)も一応登場しますが、テレビドラマよりも重い映画の雰囲気から浮いてしまうことが懸念されたのか存在感はきわめて希薄)

一応付言しておきますが、原作者及び映画製作者はこの家族を許しがたい極悪人としてではなく、「それぞれが心の奥底に悲しい秘密を隠した哀れむべき人々」みたいな感じで描こうとしています。
全然そうは見えないところがこの映画の最大の欠点なんですけれども。

映画後半、お約束に従い福山くん演ずるところのガリレオ准教授によって真実は暴かれるわけですが、前田吟は「それは全部あなた(福山)の作り話です」と完全バックレを決め込み、過去の罪を認め一度は警察へ出頭しようと決意した杏も福山に「それでは君のお父さんのしてくれたことが無駄になる」とかなんとか説得されてあっさり翻意、ダイビング三昧の生活に戻ります。結局、2件の殺人事件の犯人(吟と杏)は法の裁きを受けることなくのうのうと社会生活を続けていくのであり、殺された哀れな2人の魂は浮かばれないまま彼岸と此岸との間をさまよい続けるのでした。

数年前に読んだ原作の読後感もあまり芳しいものではありませんでしたが、ドラマとなって生身の人間が演じることでその印象に拍車がかかり、この家族への共感というものを微塵も感じることが出来ず、最初から最後までただもうひたすら不快さだけが残ります。

杏も吟も他人様の命を奪ったうえその罪を償ってもいないくせに(死ぬまで背負い続ける十字架ァ? そんな目に見えないもののことなんて知らん知らん)何被害者ヅラしてんの? みたいな。

ちなみに、他人の秘密に付け込む強請屋の女性(西田)が杏に刺し殺されるのは自ら蒔いた種と言えなくもありませんが、吟に一酸化炭素中毒死させられる元刑事(塩見)のほうは過去自分が捕えた白竜が実は無実であることを証明するために真実を探ろうとするたいへん実直な人物で、自業自得感は微塵も感じられません。残された奥さんが気の毒としか言いようがない。


こういった「特殊な事情がありどうしてもやむを得ない場合は他人を傷つけたり殺したりしても構わない」という思想が東野圭吾作品の多くに見え隠れしているようで、15年来の愛読者ながらこの点に関しては昔からずっと気になっています。むろんフィクションゆえ道徳や倫理にのみ縛られる必要はないわけですが、前作「容疑者Xの献身」の犯人なんて、自分が(一方的に)思いを寄せる母娘の犯罪をカムフラージュするためだけの目的で全く無関係かつ何の罪もない路上生活者をさくっと殺しちゃいますから。そりゃいくらなんでも自己中心的過ぎるっつうもんでしょ。自らの手を汚してまで愛する人たちを護ったからこその「献身」だとかなんとか言ったって、いちばんの犠牲者は間違いなくこのホームレス氏。これじゃ「容疑者Xの」じゃなくて「ホームレスXの献身」じゃないかーッ!!

ハァハァ。

「真夏の~」にしろ「容疑者X~」にしろ、犯人たちのジコチューぶりを容認することが感情移入の大前提となっているので、そこが納得できない人間には観ていて辛いものがありますね。もっとも、どちらの作品も原作のモヤモヤ感はギリギリ許容範囲に収まっていたことを考えると、映画の描き方のほうに問題があるのかもしれませんけれども。


…………。


もう我慢できないので書いちゃいますが、大駄作です。福山や杏(とか吟とかジュンとか)の大ファン以外の方にはおすすめできないんじゃないかなーと。


以上でございます。

ごめんね。


というかこんなしょうもない映画がどうして30億円も稼ぐかな。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。