なぜトイレのスイッチは部屋の外に設けなければならないのか?

ドアまわりに適切なスイッチ用スペースがなかったことから2階のトイレ照明にはやむを得ず人感センサーを採用しましたが、その場合でも親電源操作のためにスイッチプレートは必須。 わが家の場合はこれをトイレ奥の壁面に設置しています。 

13070401スイッチ3

前回の記事で書いた 「人感センサー式に頼らない解決法」 とは、このスイッチをもっと手前、ドアを開けてすぐ手の届く位置に配置するという単純な方法。 つまり、「ドアを開けてから照明を灯す/照明を切ってから退室する」 という通常の居室ではごく一般的なアクションを、トイレにも適用するということです。 

そうしていれば (余計なコストがかかる上に器具の選択肢も制限される) 人感式照明の採用は回避することができたということになるわけですが、トイレ内にスイッチを設けるという提案がなかったことを理由にインテリアコーディネーターさんを責める気持ちはありません。 なぜかと言えば、一般家庭においてトイレ照明スイッチをドア外に配置するのは半ば常識化していると思われるからです。 

ただ、世の中には 「トイレスイッチ室内設置積極採用派」 も少数ながら確実に存在するようで、ググってみるとこの問題についてさまざまな意見が交わされていることがわかります。 

それらの意見や情報を参考にしつつ、トイレの場合は室外にスイッチを設けることが一般的となっている理由について考えてみた結果、

 暗いままのトイレに入るのは嫌だから 

いささか乱暴ではありますが結局のところこの一点に集約されるのではないか という仮説に至りました。 

ただ、トイレの照明スイッチが室外に設けられなければならない理由を説明するのに、この仮説だけでは不十分です。 なぜなら、それを言うならばトイレ以外の通常の居室も基本的には同様である筈だからです。 
暗いトイレが嫌ならば暗い部屋だって同じように嫌な筈。 それなのに、通常の居室の照明スイッチは何故室外ではなく室内に設けられるのが一般的なのか? 今度はその理由を明らかにしなくてはなりません。 

それを説明するのが、

 通常の居室は、室内で点灯/消灯操作を反復する可能性があるから 

というロジックです。 

これは、寝室をイメージすると理解しやすいのではないかと思います。 就寝前にいちいちドアを開けて廊下側にあるスイッチをパチリ なんて、面倒でやってられないでしょう? 
その他の居室においても、寝室ほどの頻度ではないにせよ、例えばメイン照明を落として補助照明を点灯するというようなケースが想定されます。 

翻ってトイレの場合は、そのようなことは通常起こり得ません。 照明を灯し → 用を足し → 照明を切る。 至ってシンプルなものです (ごくたまにトイレをくつろぎの居室空間として活用するような事例を見聞きすることはありますが (笑))。 したがって、トイレのスイッチは室外にあっても何ら不都合はない ということになるわけです。 

ここまでをまとめると、

 ・あらかじめ明るくしてから入室したい というのは、実はあらゆる部屋に該当するニーズ 
 ・なので、本当は全居室とも室外に照明スイッチを設けたい 
 ・しかし、それでは室内滞在中の照明オンオフが面倒で現実的ではない 
 ・なので、スイッチは (やむを得ず) 室内に設置されることになる 
 ・一方、トイレは室内での照明オンオフを必要としない (※浴室や納戸などもこれに該当) 
 ・よって、当初のニーズどおり室外に照明スイッチを設けることができる 

ということになります。 
「暗いままの部屋には入りたくない」 という一種原初的とも言えそうな欲求に従う時、スイッチ配置において例外的なのは実はトイレ (や浴室や納戸) ではなく、通常の居室のほうなんですね。 



さて、以上の思考を逆にたどると、「ドアを開けた瞬間に室内が暗いことさえ我慢すれば、トイレの照明スイッチは室内にあっても一向に構わない」 ということになります。 

これはあくまでも個人的感覚ですが、過去 (私が子供の頃) に比べて劇的に改善された家庭用トイレの環境は今やきわめて清潔・快適で、昔のボットン式などに象徴される 「忌むべき空間」 的なイメージは払拭されているのではないかと感じます。 汚くも臭くもない場所であれば、ドアを開けてからスイッチを入れるまでのほんのわずかな時間が暗くてもさほど気になることはなく、すぐに慣れるのではないでしょうか。 

ドアの傍にスイッチが見つからないと来客が混乱する という意見が出てくるかもしれませんが、それは人感センサー式の場合でも同じですよね。 


とまあそんなわけで、わが家の2階のトイレは人感式ではなく、通常照明を室内に設けたスイッチで操作する方式が正解だったなと思っています。 べつに 「あ~あ」 と凹んでいるほどではありませんが、もし今同様の選択を迫られたら、迷わず自信を持ってこちらの方法を採用するでしょう。 

なお、その場合はもちろん、1階のトイレも室内スイッチで統一することを忘れてはいけません。 前回も書いたように、用途が同じ複数の部屋の照明スイッチの操作環境が異なっていることが無用なストレスを生むのは明らかだからです。 

130704021階スイッチ
1階のミニ洗面&トイレのスイッチ。 2階のスイッチを室内にするなら、こちらも揃えて室内にすべき ということ。 



以上、実に些末な (でも万人の生活にもれなく密着しているという意味ではきわめて重要な問題であると個人的には確信している) 事柄について重厚長大に語らせていただきました。 もう思い残すことはありません (笑)。 

最後までお付き合いいただいた方 (果たしていらっしゃるのか?) へ心からの感謝を申し上げると共に、この記事がいつの日か 「トイレスイッチ問題」 に心を悩ませている方々の参考にしていただけることを願う次第でございます。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

電灯点けっぱなし問題 【解答編】

そんなわけで、1階トイレの電灯点けっぱなし問題の解答編。 

前回記事にいただいたコメントですここさんが見事看破された通り、わが家の2階にあるもう一つのトイレの照明は人感センサー式であります。 したがってこちらでは消し忘れは起こりようがありません。 

13062501人感ブラケット
オーデリック製の人感センサー一体型ブラケット照明 「OB 080 932」。 

この、「2階は自動式/1階は手動式」 という相違が、習慣化によるミステイクを引き起こします。 

すなわち、手動スイッチ操作の不要な2階に慣れた結果、1階でも無意識のうちに操作不要であると勘違いが生じ、消灯操作の忘れにつながる ということです。 

実際に起こった消し忘れの理由は検証不能であるためあくまでも推測の域を出ませんが、少なくともこの双方の方式の相違が原因の一端を担っているのは確実だろうと感じています。 以前の反省スペシャルでご紹介した自動水栓の事例と同じパターンですな。 

ともあれ、私としてはこの実体験に基づき、家にトイレを複数個所設置する場合は照明スイッチの自動/手動の仕様を揃えておくことをお勧めする次第であります。 


130625022階



で、ここからは更に個人的な見解とお断りしたうえで言わせていただきたいのですが、トイレの照明スイッチを自動にする必要は全然ないんじゃないかなーと。 

人感センサー式のトイレ照明のデメリットは、

 ・手動式に比べて余計なコストがかかる 
 ・じっと動かないでいると、人がいなくなったと勘違いして勝手に明かりを消されてしまう 
 ・退室してから自動消灯するまでの消費電力が無駄 
 ・無駄と言えば微々たるものといえども人感センサーの消費電力も無駄 
 ・自動式に慣れ過ぎると、自宅以外の場所でも消し忘れを起こす懸念がある 

すぐに思いつくものだけでもこれだけ挙げることができます。 「消し忘れ防止」 程度のメリット (他に思いつきません) とは、ちょっと引き合わないと思いませんか? そもそも毎回必ず消灯するよう気を配ることはわれわれ中高年にとってはボケ防止の意味で逆にメリットと言えないこともありませんし。 

冗談はともかく、人の通行時以外は消灯しておくことで確実な省エネにつながるエントランス照明や、両手が荷物でふさがっている時に威力を発揮する内玄関の照明等と比べ、トイレ照明については人感式導入の積極的な意義を見出しづらいのではないかと感じています。 

13062503玄関照明
人感センサーの内玄関照明。 エントランスやポーチを含め、夜間の帰宅時に自動で明るく点灯してくれるのは気分が和みます。 


そんな考え方を持つ私が現実にはトイレの人感照明を、しかも二箇所あるうちの片側にだけ導入することになったのは何故か?
ありていに申し上げますとその理由は、インテリアコーディネーターさんより 「そうする以外にない」 という助言を受けたからであります。 

 ・2階トイレドアの周辺には、裏側に配線を通すことのできる中空の壁がない 
      
 ・すなわち、トイレ入室前に操作可能な場所にスイッチプレートを取り付けることができない 
      
 ・適切な場所にスイッチを配置できない以上、人感式を採用するしかない 

というのが、ICさんのロジックでした。 

そのアドバイスを素直に採り入れた結果現在の形に至ったわけですが、今にして思えば、これについても発想を変えれば別の解決法があったかなーと思っています。 

長くなりましたので、その話はまたいずれ。 

13062504ドア
2階トイレのドア。 左側のドアとの間に壁がありますが、この裏は柱なので配線を通すことが出来ないのであります。 



それにつけても今回はトイレトイレと何度も下品に連呼してすみませんでした。 
「お手洗い」 と上品に書くのも何となくキャラに合わない気がしてはばかられまして。  はばかりだけに (ぷっ) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

電灯の点けっぱなしは何故起こるのか?  【住んでわかった反省スペシャル (その8)】

いやあ、入居してそれなりに時間が経っても、「ここはこうしておけばよかった!」 というポイントはちょこちょこと出てくるものですね。 

というわけで、1年5ヶ月ぶりの 「反省スペシャル」。 
今回の反省の舞台は、1階廊下の北の突き当たりに位置するトイレ兼ミニ洗面であります。 

13062407トイレ&ミニ洗面

ここの天井付け照明について、ある問題が生じています。 

13062408照明

それは、「消し忘れの頻発」。 

夜間、廊下を歩いていてふと目を留めると、無人の筈のトイレのドア上方の小さな明かり窓から光がもれている ということが結構な頻度で発生するのです。 

13062409確認窓
こんな具合に。 明かり窓は便利なんですけどね。 

神楽嶽家の省エネ担当部長をもって任じるわたくしはこの光景を目にするたびに軽く鬱になるわけですが、もちろん自分自身が犯人である可能性も否定できないため (絶対俺じゃないからな! と言いたくてもそれを証明する手立てがないのがつらい)、ストレスは更に増幅するという。 

これが単なるケアレスミスの産物ということであれば家庭内で今後の注意喚起を行なえば済む話ですが、実はこの消し忘れは状況が少しばかり複雑で、背景にはわが家の照明設備の仕様に起因する構造的な問題が横たわっているのであります。 


さてここで問題 (このパターン多くてスミマセン)。 

消し忘れ頻発の原因になっている照明設備の仕様とは、どんなものでしょうか? 


ヒント: わが家には2階にもトイレがありますが、そこではこの問題は絶対に発生しません。 


続きます) 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

水量調整ができました!

昨年3月19日の建物引き渡しの際にジューテックホームより受け取ったマニュアルファイル。
パイプファイルにわが家の住設機器の取扱説明書がすべて綴じ込まれており、その重量約3.5kg。 もはやちょっとした凶器にもなりうるボリューム感であります。

12012603ファイル

ページを繰って水栓関連の取扱説明書を発掘し、

12012604トリセツ

調べてみましたらば、しっかり記載されていましたよ。
水栓から流れる水の量の調整方法に関する説明が。

12012605水量調節方法

昨日の記事にdoofenshmirtzさんよりいただいたコメントで、水栓の水量調整は可能な筈であるとのご指摘をいただいたので、取り急ぎマニュアルをひも解いてみたわけです。

12012606スロップシンク水栓
まずスロップシンクのほうですが、

12012607スロップシンク水量調節
水栓の付け根のところにあるマイナスネジ (流量調節栓あるいは止水栓というらしい) をドライバーで回すことで水量が調節できます (右に回すと締まり、蛇口から流れる水の勢いが弱まる)。

12012608洗面所水栓
続いて洗面化粧台のシンクは、

12012609水管
下部の引き出しを開けると、左右にやはりマイナスネジ状の流量調節栓 (左がお湯用、右が水用) がありますので、

12012610調節
マイナスドライバーにて同様の要領で調整します。 ここはスロップシンクとは逆に水量を増やしたいので、左に回して栓を開けます。


ということで、水栓の水量調整方法は、100パーセント完璧に、doofenshmirtzさんからいただいたアドバイスの通りでした! すごい!
問題が生じた時に取説もめくらずただ悶々としたまま無為に日々を過ごすという自らのあり方を振り返って深く反省してみたりもするわけですが、ともかく貴重なご助言をいただいたことに心から感謝申し上げます。 おかげで水量問題は見事に解決しました。 doofenshmirtzさん、ありがとうございました。

それから、スロップシンク周りのクリーナーによる汚れについても、ちむどんさんからのアドバイスに従いメラミンスポンジでこすってみたところ、完全とは言えないものの状況は確実に改善しました。 これから時間のある時に少しずつこすり洗いを続けてみたいと思っています。 ちむどんさん、ありがとうございました。



こういうことがあるからブログはやめられないなあと、つくづく思っています。 ご助言により懸案や問題点が解決することももちろんですが、それより何より、助けて下さる皆様の温かい心遣いが嬉しいのです。 いやホントに。 感謝・感謝であります。

そんなわけで今回はいつになく白モードの神楽嶽でございました。
そのうちラブアンドピースとか叫びだし始めるとさすがにまずいので、もう寝ます。
おやすみなさい。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。

飛び散る汚れた水の恐怖! 住んでわかった反省スペシャル(その7)

お待ちかね、本年一発目の反省スペシャルであります。
ちなみにわれわれの家づくりにおけるその他の失敗・反省・後悔の数々は、右のカテゴリから 「反省スペシャル」 をクリックすれば閲覧できるよっ! 便利だねっ!(ヤケクソ)

それではまいりましょうか。
わが家の2階の洗濯室にはスロップシンクを据え付けてあり、洗濯の下洗いや水拭き掃除の他、いろいろな場面で重宝しています。

12012510スロップシンク
シンクはINAXのS-17、水栓は同じくINAXのシングルレバー混合水栓 SF-HB435S(170) であります。

先週末にオーブンミトン引っ掛け用フックのニセ木目塗装を行なった後の筆やパレット等の洗浄もこの場所で行なったのですが、ひとつどうにも看過できない問題が。

水滴が周囲にハネまくるのです。 

シンクもそれなりに深めに作られてはいますが、その分水栓からの高さがあり、しかもこの水栓、なぜか妙に水圧が強く、レバーを少し上げただけでムダに勢いよく水流がほとばしるんですな。 これに筆などを洗う際のアクションが加わると、水滴を一切飛び散らさずに作業を終えるのは至難の業というかほぼ無理。 それもきれいな水であればよいのですが、ここで発生する水滴は基本的には汚れるか着色されるかしており、それが周りの壁に飛び散って付着する、と。 これがなかなか鬱陶しいのであります。

12012511水勢
ムダに景気がいいです。 同じ2階でも洗面所の化粧台の水栓なんて逆に弱すぎて物足りないくらいなのに。 何故?

ここで反省ポイントはスロップシンク本体についてではなく、シンク周囲の壁面に、2階フロアのメインとして採用したのと同じ普通の壁紙を、なーんも考えずに貼ってしまったこと です。

スロップシンクの周囲には、タイルや樹脂製パネル等、撥水性のある素材を用いるべきでした。 あるいは壁紙にするにしても撥水加工が施されているタイプなどを選ぶべき。 そうすればいくら水滴が跳ねようとも、サッと拭き取るだけでたちどころに解決ですから。 
というかよく考えてみると、キッチンにしろ洗面所にしろ水まわりの壁面にそういった素材を採用することは定番中の定番ですよね。 建築前の内装プランニング時にそのことに気付くことのできなかったのは痛恨の極みなのであります。

思い起こせば入居して間もない頃、次男坊が学校の上履きをここで洗っている途中に飛び散らせたクリーナーの跡と思しき汚れを壁一面に発見した時 (この件は発生当時あまりにもショックでブログにアップする気が起こりませんでした) は彼を叱りとばしたものですが、これには人為的ミス (=不必要なまでに大量のクリーナーを使用したこと) に加え、構造的欠陥も作用していたんですねえ。

12012512靴クリーナーの跡
薄緑色のクリーナーの跡がおわかりでしょうか。 いやあ最初に見た時は愕然としましたね。 もう慣れましたけど(笑)

まあ、例によって済んだことを嘆いても仕方がありませんので、DIYで腕を振るう場所が増えたぜ! と (なかばムリヤリ) ポジティブに捉えることにしています。 エコカラットなんかいいんじゃない? とか。(高いけど)

以上、またもやおマヌケなお話をカミングアウトしてしまいましたが、われわれのこの失敗を他山の石として、皆様の建築やリフォームのプランニングなどに活かしていただけると嬉しく存じます。 合言葉は、「水まわりは是非撥水素材で!」 ですよ(笑)


水量調整成功編へつづく)

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑応援いただきありがとうございます。ここをクリックすると当ブログのランキングポイントが追加され、同時に輸入住宅のランキングページへジャンプします。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)