進捗

わが家の「12ヶ月点検」で洗いだされた不備箇所の手直し工事はおかげさまで概ね順調な進捗を見せ、現時点で一箇所を残して全て対応が終了しました。

実はその残り一箇所というのが大きな問題ではないものの話がいくぶんややこしいことになっており(※ヒトの問題ではなく器具側の問題です)解決に時間がかかりそうな気配を見せているのが若干気掛かりではありますが、ここ1ヶ月半のジューテックホーム工事担当H氏の頑張りにひとまず感謝の意を表したいと思います。


14112001作業中


手直し工事の内容などについてはまたいずれご報告させていただきます。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

防音ドアの反りについて

点検の件でジューテックホームの訪問を受けた際、住宅のプロが3人も集まった機会を無駄にするのも勿体ないということで、懸案の一つであるピアノ室の防音ドアを見ていただきました。

昨秋の記事でも書いたとおり、ここではドア本体とドア枠 (パッキン) との間に隙間が生じるという問題が発生しています。

13112304半月
このように、ドア中央へ行くに従い隙間が広がっています。


ドアに「反り」が発生していることを前提に状況説明を行なう私の傍らで、う~んという表情で首を捻る営業担当T氏。

「無垢材ならわかりますが、MDF製のドアがこんなに反るという話はあまり聞かないんですが…」

とおっしゃる。

ドア本体ではなく、枠の方が歪んでいるのではないか というのがT氏の見解です。
長めの差し金(直角のスチール製定規)などあればすぐに確認できると言われましたが生憎わが家にそんな気の利いた装備はなく、結論は後日のメーカー調査まで持ち越しとなりました。



それから数日後、ふと思いついて「防音ドア 反り」でググってみると、なんとわが家で使っているダイケンの防音ドアの取扱説明書PDFが1位でヒットするじゃありませんか。

14100501ダイケンドア説明書


しかも、表紙のところに「木質ドアの『反り』について」という私のニーズドンピシャリの注意書きが掲載されています。調べてみるものですね。

ソーリー

特に、内装ドアの室内面側と室外面側の環境条件が大きく異なる場合、『反り』という現象が発生することがあります


これを読む限りでは、MDF製ドアであっても反り発生の可能性はあるようです。

続いて記載されている「『反り』の発生を出来るだけ抑える方法」によれば、

14100503反りを減らすために

(1) エアコンや暖房器具の熱風や熱気がドアに直接当たらないようにすること
(2) 冷暖房や除湿等により室内外の環境条件の差を極端に大きくしないこと
(3) ドアに直接日光が当たる場合はカーテン等により日光を遮ること


反りを抑制するためのポイントはこれら3点とのこと。

裏を返せばここで避けるべしとされている事項が反りの原因ということになるわけですが、(1)や(3)はわが家では該当しないことがドアとエアコン等の位置関係から明らかです。
いっぽう(2)に関しては具体的な数値基準が表されていないため可能性がないとは言えません。とはいえピアノ室内外の環境条件の差が常識的なレベルを超えているとは思えませんし、わが家でダメというならそれこそ全館空調の家以外では使い物にならないのではという気がします。

まあいずれにしても、メーカーによる確認を待つよりほかありません。そもそも歪んでいるのがドア本体なのかドア枠なのかも未だはっきりしていないわけですし。


先日、その確認を含む不具合対応のスケジュール案が担当H氏より送られてきました。

14100711スケジュール


諸課題解決へ向け確実に前進する様子に心強さを感じています。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

点検放置プレイの続報

入居して3年半経つのにまだ12ヶ月点検が終わらない問題」なんですが。

「またか」と言わずまあ聞いてやってください。愚痴にならないよう極力淡々と書きますので。



一度は解消したかに見えた放置プレイが実はまたもや再発していたことは、シャワーヘッド壊れたの記事で冗談めかしてご報告したとおり。
GW直前に行なわれた2回目の不具合対応工事後も依然半数近い案件が未解決のままで、それ以来5ヶ月近くの間音信不通の状態が続いたのであります(以前から繰り返していますが、未解決案件があることそのものではなく、油断すると数ヶ月間いっさいの連絡が途切れ対応状況が見えなくなってしまう点を不安視しています)。

ジューテックホームの工事担当氏とシャワーヘッドの件で電話で久しぶりに会話した折、「残りの宿題についても後日すぐに連絡を入れさせていただきますので!」と言われ10日ほど待ちましたがその間まったく音沙汰無し。

これ以上この状態を続けることはわれわれのみならずジューテックホームという会社のためにもならないと判断し、やむを得ず禁断のスイッチを押したのが9月25日のことです(「禁断のスイッチ」の正体は先方の立場もあるので公開を控えます。大声を出したとか手足を振り回して暴れたとかそういうのではありませんのでご心配なきよう)。

すると効果てきめん、その週末(つまり先週末)のうちにわが家へ説明に来ていただくことができました。しかも担当氏を含む3名の大所帯で。こんなに多くのジューテックホームメンバーをお迎えするのは家が完成して以来初の快挙(たぶん)。べつに大勢で来てもらえば解決する話でもありませんが誠意と真剣さは伝わってくるのであり、ちょっと嬉しかったですね。こんなことならもっと早くスイッチ押しときゃよかった。

その時の話し合いについても詳細は割愛させていただきますが、先方より、わが家のアフターケアに関する体制を抜本的に見直したいとの説明を受けました。ひとことで言うなら、これまでの1名による対応からチーム制に変更したいという申し入れです。

これまでの経緯が経緯だけにこれで万事うまく運ぶと100%信じることができないのが哀しいところですが、これまでの単なる決まり文句のような「頑張ります!」ではなく、解決に向けた具体的なアクションに踏み込んでもらえたことは確実な前進に映るのであり、かなり期待が持てるのではないかと思っています。


よろしく頼みますよホント。


つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

ロール網戸の取付説明書とクレ5-56に関する件

住宅ブログとしてのアイデンティティを(無理矢理)維持するため、たまには家関連の話題をば。

先日行なったロール網戸のDIY取り付けに関し、2点ほど追記しておきます。


【その1】取付説明書に関する件

説明書が同梱されていなかったため自己流で網戸取り付けを行なう羽目に陥ったじゃないかと先日の記事にてお伝えしましたが、


14052701ん?

古紙回収に出すべく解体していた梱包用段ボールの中からひらひらと舞い落ちてきた1枚の紙片。



14052702あった


ありました取付説明書。


………。


アミックス殿&ジューテックホーム殿、
売られてもいない喧嘩を勝手に受けて立った愚かなわたくしをどうか赦してください。
でも本当に気が付かなかったんですよぅ。

(今更ながら)目を通してみたところ、私の取り付けプロセスは一応正しかったようです。

14052703あってた

用途がわからないため放っておいた3枚の金属パーツも、推察したとおりわが家の取り付けにおいては不要なスペーサーであったことがわかって安心しました。

いやそれにしても反省反省。
ごめんね。



【その2】クレ5-56に関する件

前回記事で網戸昇降操作チェーンの潤滑油としてKURE5-56を使用した旨ご報告したところ、警告のコメントをいただきました。なんでも、KURE5-56は吹き過ぎると逆にサビの原因になるのだとか。

マジっすか?と驚きつつググってみましたらば、

 ・錆止め剤の使用で逆に錆びる?

 ・クレ556は使わない方が良い 付けるとその後すぐにさびる

 ・KURE556(クレ556)の代わりになる物って?

↑このあたりがヒットしました。ざっくりまとめると、

 ・KURE5-56は、
 ・きわめて高い洗浄効果を有するため、
 ・製品表面に本来必要な油膜までことごとく分解除去し、
 ・そのうえカラカラに乾燥させてしまうため、
 ・サビを促進する結果をもたらす


という理屈のようです。


14052704くれごーごーろく

これが本当だとすると「潤滑」「防錆」「防湿」等の効果を高らかに謳うKURE5-56の存在意義はほとんど根本から覆されることになるのであり、その意味で本説の真偽については大いに興味をそそられるところですが、さりとて自ら進んで人柱になる勇気もないので、今後KURE5-56の多用は控えようと決意した次第であります。

情報をお寄せ下さったmarron様、ありがとうございました<(_ _)>



140404152連

連日のように夏日を記録する中、増設した網戸が本領を発揮、エアコン・扇風機共にまだ稼働させずに済んでおります。
自然の風は心地よいですね。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

放置プレイの結末

点検手直し工事放置プレイ問題の続きです。
(アドバイス下さった方、ありがとうございました)


同じ日の午後13時頃、ジューテックホーム担当Hさんが3名の各設備施工業者さんを引き連れて、ニコニコとお見えになりました。

 神楽嶽: 「昼時にいきなり来られても困る」
 H氏: 「電話で日程のアポを取った際に13~14時の間に伺うと伝えたつもり」
 神: 「記憶にない」
 H: 「おかしいな」
 神: 「仮に事前の約束があったとしても、それから10日以上経っている。
    しかも、アポ時刻は1時間もの幅を残したままだ。
    前日あるいは当日に、あらためて正確な来訪時刻を伝えるべきだと思う」

 H: 「すみません」
 神: 「いま昼食中なのですぐに対応できない。1時間後にしてくれ」
 H: 「了解」

やりとりをフラットに表現するとこんな感じ。もちろん実際には私はもう少しエキサイトし、Hさんはもっと平謝りの体であったわけですが。


本件に関してグダグダと詳しく愚痴ろうかと思いましたが、どうにも筆が進まないので見合わせます。
今後は、時刻(幅のある「時間帯」ではなく)を事前に合意したうえで来訪いただくことを徹底しようと心に決めた次第。ってそれ社会人としての常識とちゃうの?


まあ、スッポカシを食らわされるよりはずっとマシだったということで。プラス思考。


14040601作業中


幸い手直し工事の首尾は上々で、懸案のいくつかはスッキリ解決しました。
近いうちにレポートさせていただきます。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)