スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IKEAのロールスクリーンの評価

前々回の記事で言及した玄関脇のマルチ土間スペースには、目隠し用にロールスクリーンを取り付けています。

16072401玄関

イケア港北にて買い求めDIYで設置しました。
商品名は「ISDANS ローラーブラインド」(80×160cm)、 当時の購入価格は1,290円。
(ちなみに「ISDANS」とはスウェーデン語でアイスダンスのことらしいです。)

設置レポート記事を「レビュー編へ続きます」の予告文で締め括ったままあっという間に2年以上の月日が過ぎ去ったわけですが、以下、開き直って長期使用レポートということにしてしまいます。それではどうぞ!


1.外観のおさらい

まずは現在の外観から。

↓玄関側より。
16072402表

↓土間スペース内側より。
16072403裏

高級感はありませんがみすぼらしいわけでもない、ごくごく普通の質感。わが家の壁紙に違和感なく溶け込んでいるところが気に入っています。かなり薄めの生地が使われており、遮光性はありません。

↓スクリーンを上げた状態。
16072404昇

昇降操作はプラスチック製の取っ手を持って行ないます。任意の場所で止めるとロックがかかり、その状態から少しだけ引き下げて離すとスルスルと巻き上がるという仕様(「スプリング式」というらしい)。ちなみに、ぶら下がっているト音記号の飾りは妻が100均で買ってきたものです。

16072405ト音記号


2.弱点

つづいてレビューにまいります。あえてウィークポイントの指摘から。

●仕様は値段なり

玄関で使用しているためか、下端部に黒い汚れが目立つようになってきています。

16072406汚れ

キッチンで使っている国内メーカー品のように取り外して洗濯できるとありがたいのですが、巻き取りパイプと生地が一体化した構造のため残念ながら不可能。

また、裁断面に特に加工がされていないためか、ほつれが目立ちます。

16072407ほつれ

実用に支障をきたすほどではありませんが、このあたりも低価格品として割り切った部分でしょうか。
生地の薄さも含め、あまりにもチープすぎるのでリピ不可!とするレビューも見られます(こちら)。ご参考まで。

●戻らない(笑)

スクリーンを巻き取りパイプが露出するまで引き下げると、通常の操作では巻き上げることができなくなってしまい、あせります。

16072408限界

その場合の対処法は、巻き取りパイプを手で直接握って回転させることでロックを解除するというきわめて原始的なもの。
限界まで引き下げないようにすれば回避可能とはいえ、毎回気を付けなければならないのは微妙にストレスがたまるのであり、できれば改善してほしい部分です。


3.長所

以上に述べた二つの弱点を抱えてはいますが、2年と5ヵ月のあいだ故障せずに使うことができています。安い割にはけっこう丈夫。それこそが、この製品の最大の美点だと思います。

以前国内大手メーカー品の設置を検討した時の価格は1万数千円であったと記憶しています。私が国内メーカー品のロールスクリーンに期待する耐用年数は20年程度ですが、10分の1の価格で2年以上使えたということは既に元は取ったと言ってよいのではないかと。これからどこまで寿命を延ばしてお得感を高めてくれるのか、とても楽しみです。

16072410現況


4.まとめ

というわけで、個人的にはたいへんお奨め♪
なのですが、残念ながらこの製品、(少なくとも日本では)既に販売が終了しているようです。
現在販売中のラインナップから仕様的に近いものを探してみたところ、「TUPPLUR」という製品が見つかりました。

16072409TUPPLUR.jpg

わが家のISDANSと同じ80cm幅の価格は1,799円と少し高くなりますが、遮光性能が追加されており、長さも160cmのISDANSと比べて195cmと余裕があります。ただ単に値上げするのではなくきっちりと付加価値を高めてくるあたり、あいかわらずニクいですな。

実は私も、ISDANSが壊れたら次はこれかなと、ひそかに狙いを定めていたりします。
おそるべしイケアスパイラル!


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!
スポンサーサイト

イケアの世界地図

いよいよ発売日を迎えたモミの木の売り切れが心配でIKEAのアンナツイッターを覗いていた際、日本海がどうのというなにやらキナ臭い書き込みに目が留まりました。


14112101ツイッター


野次馬根性丸出しでググってみましたらば、日本海の表記問題に関し韓国でイケアがえらい騒動に巻き込まれているようなんですな。

・韓国では12月にIKEA1号店が出店予定。
・イケアで販売している世界地図では日本海が「Sea of Japan」と表記されている。
・これに気付いた韓国メディアと消費者が猛反発。
 (※かの国では日本海ではなく「東海」と称するべしという運動が絶賛展開中)
・当該地図は韓国では発売しないとイケアは釈明するも、
・韓国は「日本海と表記した商品は韓国以外でも売っちゃダメ」と主張し譲らない構え。
・なぜか「商品価格が他の国よりも高い」との批判まで噴出。
・韓国IKEA1号店開店を目前にして不買運動の動きもあり、IKEAにとっては頭の痛い事態。


報道内容をざっくりまとめるとこんな感じ。最新のニュースによればグーグルやユニクロにまで累が及んでいるとかいないとか。まあご主張はいろいろおありなのでしょうが、グローバル企業の自国内以外での行動にまで注文をつけるのはどう考えても行き過ぎという気がしますし、「価格が高い」に至っては全然関係ないじゃん(笑)


それはともかく、IKEAは世界地図まで売っているんですね。店舗では見かけたことがないなと思いつつググってみたところ、やはり日本では販売されていない様子で(間違っていたら教えてください)、IKEA米国のサイトで見つけることが出来ました。


14112102イケア世界地図


画像を拡大してみますと、


14112103シーオブジャパン


確かに「SEA OF JAPAN」の文字が読み取れます。なるほど。


それにしてもビッグサイズ(2×1.4メートル)とはいえ地図1枚が129ドルとはイケアらしからぬ高価格路線と疑問に感じたのですが、これは地図というよりはインテリア用の壁掛けなのだそうです。素材も紙ではなく樹脂キャンバス地でアルミフレームによる補強付き。日本でも地図以外の柄がいくつか販売されています。


14112104PREMIAR.jpg

PREMIÄR/プレミエール シリーズ(ブルックリン・ブリッジ)


これの世界地図バージョンをドーンと部屋に飾ることができたら確かに結構いい感じかなとちょっぴり食指が動いたりもするわけですが、お隣の国であんな騒動が持ち上がった後となってはイケアジャパンでの販売は期待薄でしょうね。


もっともよく考えてみたらわが家にはこんなデカいもの飾る壁がないか(笑)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

イケア、ついに公式ネット通販に進出?

当ブログでちょくちょく槍玉に挙げているイケアのネット転売ショップ。


14110901イケア通販(笑)
例えばこういうお店。隅の方にIKEAの沿革やルーツを語るコーナーを設けるなどして正規ネットショップに見せかけようとする必死さが涙を誘います。


品物によっては正規品の倍以上の価格で転売するというビジネスが成立してしまうのは、ひとえにイケアジャパンがネット通販を行なっていないため。
近隣にイケアの店舗が無く、それでもどうしてもイケアの商品を手に入れたいという人は、旅行のついでなどの機会を利用する以外はこういった業者に頼らざるを得ないわけです。

イケアジャパンがこの事態を重く見たためかどうかは定かではありませんが、この11月より、ついに正規のネット販売が開始されました。

14110903イケアメールショッピングサービス


と言っても福岡県内限定なんですけどね。


14110902福岡メールショッピングサービス

福岡メールショッピングサービス

・対象: IKEA FAMILY メンバー
・配送先: 福岡県内(離島を除く)
・料金: 商品代金+配送料金(990円~)+ピックアップサービス料金(2,990円)
・支払: クレジットカード
・注文から受け取りまでの流れ
 (1) IKEA FAMILY メンバーに入会する
 (2) IKEAウェブサイトで商品を選び、ショッピングリストを作成
 (3) PDF形式のショッピングリストを専用サイトにて送信
 (4) クレジットカードにて支払、商品が届く



対象は離島を除く福岡県内在住のIKEA FAMILY メンバーのみであり、しかも商品代金以外の費用が最低でも3,980円かかってしまうという制約の多いサービスではありますが、イケアの日本法人がネット経由の注文に応じた個人への商品配送に乗り出したのは画期的なことだと思います。

今後この試みがイケアの他店舗にも広がり、最終的に全国をカバーした一般的なスタイルのネット通販に発展するといいですね。ボッタクリ転売業者にカモられている方々のためにも、早期の実現を心から願うものです。
(私が転売業者を目の敵にすることに首を傾げる方がいらっしゃるかもしれませんが、殊更イケアジャパンの肩を持っているわけではありません。通常の手段による入手が困難な顧客に対し法外なプレミアムを付けて横流しするというダフ屋まがいの商売に唯々虫唾が走るのです。少々偏った態度であることは重々承知しておりますが個人的感覚につき是非ご容赦を。なお業者自身からの反論はいつでも受けて立ちます。って読んでるわけないか)



最後になりましたが、今回の情報が当ブログを応援して下さっているAoy様よりお寄せいただいたものであることを付記させていただきます。Aoyさん、ありがとうございました<(_ _)>


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

北欧の犬と日本の鳥

13060208イケア犬3匹

子供部屋のイケアの犬尻フック「BÄSTIS」。

最初に挫折した個体に続き、残り2頭もこのほど戦線離脱を余儀なくされることとなりました。

14100221用済み


初回の反省を踏まえ比較的軽い手提げ類のみを掛けるようにしたため基部プラパーツの破損こそ免れたものの、今度は壁側のネジのほうが負担に耐え切れず、グラグラに緩んで使い物にならなくなってしまったのであります。

先日訪れたイケア港北で手に取ってみて気付いたのですが、現行のBÄSTISはネジを引っ掛ける溝が旧タイプ(=わが家で使っているバージョン)よりも深く刻まれており、基部パーツもより厚く丈夫そうなものに改良されています。おそらく破損等のトラブル回避を狙ってのことでしょう。

14100220犬比較2
右が現行の新しいタイプ。違いは一目瞭然であります。


とはいえ壁面に打ったネジの頭にプラ製ベースパーツを引っ掛けるという基本構造そのものに何ら変化はないため、BÄSTISの用途はごく軽量の小物を掛けるキーフックに限定するのが無難、というかわが家のようにバッグを掛けて使おうとするのはどう見ても無謀であることが明らかになったのであり、以上、人柱報告としてご参考いただければ幸いに存じます。


さて、わが家におけるもう一つのキーフック邪道利用と言えば、玄関脇多目的土間スペースに設置した鳥のくちばし型「Bird Hook」

14100222とり

指定耐荷重1kgのところ無理矢理除雪用スコップをぶら下げて半年以上が経過しましたが、現在のところ外れるような様子はなく、頑張って耐えております。

どうやら北欧の犬よりも日本のトリのほうがずっと根性があるようで。これぞまさしく大和魂?


14100201イケアブレッカ

BÄSTISの後釜としてイケア港北にてBLECKA(ブレッカ)という亜鉛フックを調達済みですが、こちらについてもいずれ機会があればご報告したいと思っています。


それにしてもわれながら尽きませんね~IKEAネタ…


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

IKEA立川で思ったこと

皆様こんばんは。

今回は先週末初めて訪れたイケア立川で感じたことについてつらつらと記してみたいと思います。


14092501イケア立川

自宅から自転車で(そこそこ頑張って)およそ1時間10分。走行距離は25キロ弱といったところでしょうか(随分前にサイクルコンピュータが壊れたまま放置しているので正確な距離がわかりません(泣))。


14092503長い

建物の間口が思いのほか狭いなという印象を受けましたが、そのぶん奥行き(南北方向)が長いです。まるでスターデストロイヤーのようであります。


14092502駐車場

駐車場入り口。開店時刻の1時間前から利用できます。
イケア既存店舗と異なり有料とされていること(駐車時間や店舗での買い物の有無等に関係なく一律1,000円)が、オープン当時から話題になっていました。

ところがつい最近この方針が変更されたようで、店内では「家具または雑貨をお買い求めいただいたお客様の駐車料金は無料となります」というアナウンスが流れているではありませんか。近くのスタッフさんに尋ねてみると、心持ち気まずそうな面持で「9月から変わりました」とおっしゃる。

後ほど確認してみたところIKEA立川の公式サイトにも掲載されていたので、時限的ではない恒久的措置とみてよいのではないかと思います。


14092521イケア立川駐車場無料

無料となるのは「家具か雑貨」を購入した場合で、レストランやフードマーケット等の食品系のみでは対象外。その他注意事項等は上の画像をご参考下さい。


それではいざ店内へ突入♪


14092504閑散


…きゃ、客が少ない。

開店直後とはいえ、ここが本当にあのイケアなのか? と疑ってしまいたくなるほどの静けさであります。大丈夫かな?


14092505売り場は2階のみ

既存店舗が「2階に家具のショールームエリア、1階に生活雑貨のマーケットホール」という配置であるのに対し、立川店は2階にショールームとマーケットホールの両方を詰め込んでいます。
最後には会計のため1階へ移動するとはいえ、品物選びをワンフロアで済ませられるのは、ただでさえ「あてどもなく放浪している感」の強いイケアにおいては気分的に楽でよいのではないかと。

建物が細長いおかげで(あいかわらずクネクネと方向転換を強いられはするものの)北方向への進行が基本となり、これもまたイケアではお馴染みの「どちらの方角へ向かって歩いているのかわからなくなる不快感」が軽減されていることも個人的には好印象でした。


14092601イケア立川

それ以外のフロアデザインや並んでいる商品などについては馴染みのイケア港北と大きく変わるところはなく、たぶん目隠しして連れてこられたらどちらかわからないと思います。真ん中に写ったソファ(KLIPPAN)の柄がサイケデリック。


14092507宅配レジ

当初渋滞の激化に配慮して自家用車ではなく公共交通機関での来店を強力に推奨していた関係から、宅配サービスが使いやすくなっています。
既存店で宅配サービスを利用する場合、まずレジで会計を済ませてから宅配サービスエリアへ向かうという二度手間を強いられますが、立川では宅配サービスコーナーにレジを統合させることによりワンストップでの手続きが可能となっているわけです。

そのほか、以前は「SUICA等のIC乗車券使用で来店し2万円以上購入した場合の宅配料金を実質半額にする(50%分の買い物券を還元する)」というサービスがありましたが、現在は廃止されているとの由。これは先述の駐車場無料化と連動していそうですね。


1409250910時までは一般レジクローズ。コストダウン。けっこう追いつめられている?

まあ私は宅配を利用するわけではないので一般のレジへ向かったのですが、着いてみるとレジはもぬけの殻。人っ子ひとりいません。
スタッフさんを捕まえて尋ねてみると「今の時間はこちらのレジのみ開けていますので」と言われ、宅配コーナーへ連行されました。なんでも午前10時までは人件費削減のため(※実際にそう言った)、一般レジは閉めて宅配コーナーのレジ一本で対応しているとのことです。大丈夫かな?


1409251010時でも閑散

買い物の後、50km走行分のエネルギーと水分をビストロコーナーにて補給。コンビニで500mlペットボトルを買うのと同じくらいの料金(150円)でホットドッグ&ドリンク飲み放題というのは実にありがたいのであります。
上の画像は午前10時頃の様子ですが、人影は依然まばらであり、4人掛けテーブルを余裕で独り占めできました。イケアのビストロでこんな経験は初めてであります。大丈夫かな?


そんなわけでイケア立川の(個人的)まとめ↓

・家具か雑貨の購入で駐車場無料になった
・品物選びは2階ワンフロアでOK
・宅配サービス利用が便利
・(朝は)客が少ない
・(朝は)レジが無人
・大丈夫かな?



店内に人が少ないのは歩きやすく買い物もスムーズで客としてはありがたいのですが、それにしてもいささか少なすぎでは?という印象です。
その大きな理由の一つとして、これまでの「駐車場有料施策」の存在があることは間違いないでしょう。とりわけ、別のイケア店舗で無料駐車場を一度でも利用したことのある人の抵抗感は相当強いものと思われます(私だったら駐車料金1,000円のままなら車では100%行かない)。
鳴り物入りで掲げた「公共交通シフトへの挑戦」の御旗をいともあっさりと取り下げ、「とにかく買い物さえすれば駐車場無料」に転換するというなりふり構わぬふるまいが、客足の伸び悩みに対するイケア立川の危機感の表れであることは想像に難くありません。

4月10日のオープンからまもなく半年、本年度の後半戦で駐車場無料化によりどこまで集客を挽回できるのか、非常に興味深いところです。


14092599ご来店ありがとう


予想外の売れ行き不振にゼェゼェ喘いでいるイケアなんて、弱い横綱みたいでつまらない。
憎らしいほど強かった全盛期の北の湖みたいなドヤ顔を取り戻してくれることを、心より期待するものであります。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。