時計台DIY

ヘッポコDIYネタが続きますよ。


3年前の夏、六本木ヒルズの高級雑貨店にて92%引きで手に入れたTivoli Audio デュアルアラームスピーカー

16072801時計

寝室の畳の上を定位置に目ざまし時計として愛用してきたのですが、最近になって突然妻から撤去命令が下されました。
理由は「掃除する時に邪魔なのよ」。

…………。

逆らうとこわいので一も二もなく従うわけですが、かといって気に入って使っている物を仕舞い込んでしまうのは惜しい。というわけで次の置場を検討した結果、「1階の洗面所」が浮上しました。

 生理的欲求のため夜中に目が覚める(もうトシ)
    ↓
 朝まであとどれだけ寝られるのか確認したい
    ↓
 でも眼鏡を掛けていないから部屋の時計は見えない
    ↓
 スマホの画面で時刻を確認するのも何となくイヤだ
    ↓
 洗面所に時計があればついでに確認できるのに

というきわめてピンポイントなニーズが以前から私にはあり、洗面所への時計設置は懸案の一つになっていたのです。

具体的な置き場所としてはミラーキャビネットの上がうってつけ(というかそこ以外にない)。

16072802ミラーキャビネット

なのですが、ひとつ問題が。

16072803コード

直置きすると背後から別売りのラジオ(Model Three Clock Radio)に接続するためのコードがはみ出してみっともないんですな。
将来にわたってModel Threeを入手する予定はない(というか既に販売中止)のでコードは切断しても実用上何ら支障はないのですが、小心者ゆえ踏ん切りがつきません。

熟考の結果、空洞の台を作りその内部にケーブルを逃がす という方法を思いつき、さっそく実行に移しました。

16072804完成

台の製作には、いつものように廃材(イケアの書棚BILLYの棚板の余ったやつ)を活用。

16072805スカスカ

ネジ頭の露出を避けるため、断面を45度に切断したパーツを接合するという高度な技にチャレンジしたものの、テクニックが圧倒的に不足しているため案の定コーナーに盛大なすき間をこしらえてしまいました。作り直す気力もないのでこのまま続行です。

16072806画鋲

キャビネット上への設置にあたっては、手が当たったくらいでは動かないよう固定しつつ、ネジなどによる壁面やキャビネットのダメージは極力避けたかったので、台にネジ止めしたアルミ金具を画鋲で壁面に固定するという方式を採用しました。

16072807ケーブル収納

台の内側にケーブルをたくし込んで

16072808パイルダーオン

パイルダーオン!

16072809完了

こんなんなりました。

16072810露出

キャビネットの扉を開けると板材の不細工な断面が露出しますが、ふだんは見えないので心配ないさぁー

16072811デザイン?

台両端のすき間も、しばらく眺めているうちにそういう意匠のように見えて…こないかやっぱり。

16072812これでいいのだ

とにかく、深夜の厠で「あと○時間寝られるのか。ホッ」という安心感(「あと○分しか寝れんのかい!」のガッカリパターンもあるけど)を得るという所期の目的は十分に達せられたのであります。これでいいのだ。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

ケーブルをオーガナイズしてみた

わが家随一のケーブル・スパゲッティ魔窟、リビングのテレビ裏。

11042902ラジオ

目にするたびに心が折れそうになります。

この状態に終止符を打つべく、ケーブルオーガナイザー(ケーブルボックス)の導入に踏み切りました。


16072601手作り

ただし手作り。

16072602ダンボール

しかも段ボール製。

DIYにした最大の理由が「タダだから」であることは今更言うまでもありませんが、それ以外にもメリットがあります。

まず、サイズを自由に決められること。

16072603収納2

高さはテレビ台の下に収めるため低めに抑えつつ底面積はケーブル類を余裕を持って収納できるようある程度の広さを確保する といったニーズを市販品で満たすのは難しかったのではと思います。


16072604カスタマイズ

ケーブルを通す穴の位置や数を最適かつ必要最小限(トラッキング火災の原因となるホコリの侵入を極力回避するため)にカスタマイズできるのも、自作のメリットの一つですね。

ホコリをシャットアウトする一方で、電源タップやACアダプタが発する熱は外に逃がしたい ということで、

16072605排熱口

本体前面にルーバー状のスリットを設けてみました。通気性は確保しながら、下向きに角度を付けたルーバーでホコリの侵入を防ぐ効果を狙ったわけです。

ミカンやジャガイモの箱ではなくLOHACOの段ボールをさりげなく用いることで、おしゃれに敏感な層へのアピールも万全(謎)

16072606おしゃれ番長

ちなみに「燃えやすい段ボールをケーブルボックスに使うのはけしからん」という意見もございますので、もし参考にされる場合はあくまでも自己責任にてお願い致したく。


ともあれこうして、テレビ裏のカオスにも(それなりの)秩序がもたらされました。

16072607スッキリ

何よりも、テレビ台の下からチラチラと見え隠れして微妙に鬱陶しかったケーブルを視界から遮断できたことが最大の収穫。お手軽DIYでも満足度は高いのであります。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑拍手代わりにクリックしていただけると更新の励みになります!

カレンダー(後編)

クラリス:「皆さん、どうか、お気をつけて。次元様も。」
次元: 「へ?」
クラリス:「必ず無事に戻ってくださいね。ご恩は一生忘れません。」
五ェ門:「さ、行かれよ。」
ルパン:「クラリス、急げ!」
クラリス:「ハイ!」
次元: 「次元様だと。」
五ェ門: 「可憐だ…

以上、前回のルパン画像のタネあかしであります。
ってダジャレかよ!





何事もなかったかのように本編突入。
前編は壁面へのマグネットボード設置まで紹介したところで力尽きてました。

というわけで、マグネットボードに張るカレンダー本体の製作に入ります。

16052201印刷

といっても取り立てて説明するようなことは何もなく、エクセルで適当にこしらえてA4サイズのケント紙にプリントアウト。
プリンターといえば、入居した年に買い替えたエプソンの複合機はせっかく5年保証付けたのに結局一度も故障せず。嬉しいやらくやしいやら。


16052205張り付け

印刷したカレンダー3か月分をボードに張り付けます。


16052202ネオジム磁石

ボードへの固定には、近所のセリアで調達したネオジム磁石を用いました。直径3ミリほどの極小タイプとは思えないハイパワーを誇る優れもの。えらいぞセリア。えらいぞ希土類。


16052204出来上がり

スペースに余裕があるので最上部に年間カレンダーを配置してみました。

こうしてDIY版3ヵ月カレンダーはめでたく完成したわけですが、メリットとデメリットが相半ばするのはもはや自作モノの宿命であると言えましょう。以下、簡単にご紹介しておきます。

【メリット】
・初期費用はそこそこかかりますが、長く使えば使うほど低コスト。
・デザインに凝れる。(※技量とセンス次第)
・達成感あり。(自己満足ともいう)

【デメリット】
・水がはねたりすると滲む。(染料インクだから? 顔料インクなら大丈夫かもしれません)
・湿度が上がると紙が微妙にふやけて縁がちょっとだらしない感じに。
・月が変わるたびに磁石をパチパチやりながら張り替えるのが非常に面倒

以上。

本人としては満足していますがデメリットを上回るメリットを有しているかという問いに胸を張ってイエスと答えることはできないのであり、そういう意味では上にも書いたとおり所詮自己満足の域を出ないシロモノなのかなと。それでももし、何かの参考にしていただけることがあるなら嬉しいです(^^)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

カレンダー(前編)

20160515可憐だ


長らくブログ執筆から遠ざかっていた件につき皆様に釈明せねばならないと思いつつ瞬く間に1ヶ月近くの歳月を過ごしてしまったわけですがよくよく考えてみると理由なんて無いに等しいので言い訳のしようがないことに気がつきました。敢えて言うならば「水は低きに流れる」ということですかなあワッハハハハハ!   ゴメンね。

歳月つながりということで(強引)、今回はカレンダーネタ。ずいぶん古い話になりますがご容赦くださいませ。

13120513壁掛け

一昨年のリビングの3ヵ月カレンダーの使い勝手がたいへんよろしかったので2015年も同じものを狙ったのですが残念ながら勤務先の貰い物カレンダーの山からは発掘できず。しゃあない自腹切るかと意を決し探してみたものの実店舗でもネットでも見当たりません。既に年明けから日が経っていたので品切れになっていたのかな。

そんなわけでDIYによる解決を試みました。
イケア港北にて金属製の掲示板を調達↓

16051502スポンタン

SPONTANマグネットボード(ホワイト)」。1,499円也。
なんとなくホワイトボードを思わせる佇まいですが、

16051503マーカー禁止

まさかのマーカー非対応。磁石による紙類などの掲示専用アイテムになりますのでご注意あれ。

16051504取付

カレンダー定位置に設置します。四隅に打ったネジの頭に引っ掛ける方式は以前導入したイケアの鏡と同じですな。

16051505完了

あっという間に取り付け完了♪
下のコンセントがスッポリと覆われてしまいましたがほとんど使っていなかったから別に構わないのだ。


(尻切れトンボで申し訳ございませんが続きは後編にて。久しぶりで画像の貼り方とか思い出すのに時間がかかってぼくなんだかとってもねむいんだ…)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

ヤッスーなタッカー対決

昨年の記事で予告したまま1年以上放りっぱなしだったダイソーとセリアの100均タッカー対決。


14111601タッカー
上がダイソー製「工作用ホッチキス」、下がセリア製「ハンディタッカー」。


時は満ちた(何の?)ということでいよいよ比較記事をしたためてみようと思うわけです。たいへんお待たせしました。って待たせすぎだろ! ごめんなさい!!



(1) 外観

両者の外観は双子のようによく似ております。

14111602双子

同じ機能を有するものゆえこんなものなのかもしれませんが、同じ金型使ってるの? とツッコミを入れたくなるほどの相似形。

とはいえ、レバーがプラスチック製のセリアに対しダイソーは金属を採用しているなど、ダイソー品のほうがいくぶんしっかりしている印象があります。ダイソーのほうが重め(ダイソー165g、セリア130g)なのはそのためでしょうか。



(2) 付属品

ダイソー品には「下あご」パーツが付属しており、強力ホッチキスとしても使用可能です(商品名も「タッカー」ではなく「工作用ホッチキス」ですし)。

14111603下あご

セリアの付属品は針(ステープル)のみですが、本数が200本とダイソー(90本)の2倍以上でお得感があります。



(3) 打ち込み力

最も肝心な針の「打ち込み」の力は、ツーバイ材への打ち込みに限って言えば大きな差は見られませんでした。
複数のタッカーの打ち込み力を検証したこちらのサイトでは、高価格の競合品を抑えてダイソーがトップの評価を得ているので(セリア品は比較対象外)、ハードな使用を前提とした場合はダイソー品のほうが安心感を得られるかもしれません。



(4) 価格

14111604300円

ダイソー315円、セリア105円(ともに消費税5%だった昨年の価格)。世間一般の基準に照らせばダイソーだって十分お買い得なのですが、セリアのほとんど異常とも思えるコスパの高さの前には霞んでしまいますね。



(5) 総評

以上より、

・コスパ重視なら、ダイソーの3分の1の価格で、しかも針は2倍以上付いてくるお得なセリア品。
・巨大ホッチキスとしても使用したかったり、針の打ち込み機能に高い品質を求める場合はダイソー品。


という結論になろうかと思います。

もっとも、100均の商品は入れ替わりが激しいのでセリアでもダイソーでも見つけたらたとえ当面の用途が思いつかなくてもとりあえず買っておく というのが個人的にはオススメなんですけどね(←断捨離の人が聞いたら卒倒しそうな思想)。


× × × × × × × × × × ×


さて、先日はこれらの100均タッカーを使ってファブリックパネルの張り替えを行なったわけですが、作業を進めているうちに、ファブリックパネルにはタッカーではなく普通のホッチキスのほうが適しているのではないかという考えが頭をもたげてきました。

というのも、太くて脚の長いタッカー針は張り替えの際に抜くのが結構面倒で、かなりの本数を使用するため全部抜こうとすると時間がかかるのです。

14111204抜く

椅子座面のように張った布に始終力がかかるようなケースであればタッカー針でガッチリ留めるのが望ましいのでしょうが、一旦張ったら張り替えるまでスタティックな状態に置かれるファブリックパネルの場合はそこまで強力に固定する必要はなく、ホッチキスの針程度で十分なのではないかと。それならば抜くのはラクチンというわけ。

もっとも、木材へのホッチキス打ち込みは丁寧にやらないと失敗してしまうという弱点(網戸張り替え時に経験済み。成功率は9割程度でした)を抱えており、要は打ち込みと引き抜きのどちらの作業を楽にしたいと考えるかが選択の分かれ道となるわけですが、次回の張り替え(いつになるかわからんけど)に当たってはとにかく一度ホッチキスで試してみようと目論んでいる次第です。



(ファブリックパネル張り替えとタッカーの話 これにてひとまず完)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)