神はいた (残り13日の現場 その1)

えー、
昨日はキレっぱなしで終了してどうも申し訳ございません。

昨日現場へ出向く前の午前中にジューテックホーム営業Tさんと別件でお話する機会があり、ついでにバルコニーの進捗について尋ねてみたところ「出来てるんじゃないかと思いますよー」などとおっしゃるものですからついついその気になっていたのであります。

しかしまあ落ち着いてよく考えてみますと残りの工期でバッチリと仕上げていただけさえすれば何の問題もないわけです。バルコニーの必要工期がどの程度のものなのかはわかりませんが、「刑事ジョンブック 目撃者」なんかではバルコニーどころか家1軒まるごとが1日であっという間に建っていた(違いましたっけ?)くらいだから、大丈夫でしょう。たぶん。


と、ここまで書いて中断し、本日の午後も現場へ出かけたのであります。建築中の現場を見るのも今日が最後になるだろうということで、今回は息子どもも引き連れて家族4人で。

家を出たのが16時前と遅かったこともあってか道は空いており30分足らずで現場に到着してみると、

11030601バルコニー01

ん?

11030602バルコニー02


思いっきり建築中ですバルコニー。


天はわれわれを見放してはいませんでした!
ねっだから言ったでしょ!(誰に?何を?)

11030603バルコニー03
ふもとから見上げる。この直前、おもりのついた器具で垂直を出す作業(らしき)が行なわれていました。
真っ直ぐ立つのは人間でもバルコニーでも大切ということで。


11030604バルコニー04
2階リビングより。普通に立っていらっしゃいますが結構怖いですよコレ。

11030605バルコニー05
おいとま間際に撮影。最初の写真と比べるとずいぶん進んでいるのがわかります。こりゃ大丈夫だわ。

これで今夜は枕を高くして寝られます。

いやホント失礼致しました。

(「その2」へつづく)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら

血圧の上がる光景 (残り14日の現場)

突然ですが本日の現場であります。

11030507現場

んで、こちらは一週間前の現場

11030508現場






全っ然変わってへんやん!

というかバルコニー、いっさい手つかずやん!

引き渡しまであと14日!
施主確認まであと8日!
オープンハウスまであと7日!
役所の完成検査まであと5日!


本当に終わるんかああああああああああああああ―ッ!?

つづく


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら

パクリじゃないのよ外観は (残り21日の現場その2)

前回の記事を書きこんだ直後、息子2人を連れて近所の「こども文化センター」の映画上映会に出かけ、「踊る大捜査線3」を観てきたのでありますがお願いですから感想は聞かないで下さい。「あーおもしろかった!」と息子どもがいたく満足した様子なのが唯一の救いであります(いったいどこがおもしろかったんだろう?)。

それはともかく昨日の現場。「足場が外れると感動する」旨、話には聞いておりましたが、いやー想像以上でしたね。
今後も、完成・オープンハウス・引き渡し・引っ越しと各種イベントが目白押しですが、この日がひとつのクライマックスであったことは間違いないでしょう。

外観11022605
床の形状を完全な長方形とはせずに一部切り欠きを入れたような形としたことにより、道路に面した東側の壁面が単調にならずに表情が出たのではないかと自画自賛しております。

また、先日ご紹介したフラワーボックスも、南側のフラットな壁の中でほどよいアクセントになっていると自画自(以下略)
外観11022604

せっかくですので昔書いた落書きと比較してみましょう。
フラワーボックスopp

イメージどおり…かな?

続いて北面。玄関はこちらに位置しております。掟破りの「裏口のような玄関」ですな。
ちなみに画像ではわかりませんが、玄関ドアは注文通りきちんとガラスなしの仕様になっておりました(以前、間違ってガラス付きになっているのではないかとひとりで勝手にドキドキしたことがある)。
外観11022606

玄関といえば、職人さんがポーチのタイルを施工中でした。
このタイル、にっくきリビエラ社取り扱いの製品(アバンギャルド サバン外用 T8041)なのですが、実物を見るとイイです。悔しいけど。
外観11022608

ところでこの外観、検討に検討を重ね、紆余曲折を経て決まったものでありますが、どーーーもどこかで見たことがあるような気がして仕方がない。

と思っていたら、

ジェイブリッサ施工例11022602

コレでした
ジューテックホーム ジェイ・ブリッサの施工例であります。49坪/2,520万円(税込)のやつ。

外観11022609

ソックリだよカラーリングいやマジで。これに気づいた時、妻と二人で笑い転げてしまいました。
でも偶然ですパクリじゃないんです本当です信じて下さい。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら

テンションの上がる光景 (残り21日の現場その1)

皆さんこんばんは。週末いかがお過ごしでしょうか。

さて私はこれから子供と出かけねばならないので長文は無理ですが、取り急ぎ本日の現場訪問(with妻)のご報告を。

先日の記事でバルコニー着工を期待する旨記しましたが、残念ながら本日時点ではまだ手がついていませんでした。営業Tさんのご説明によると、バルコニー施工は足場撤去後の作業となるとのこと。言われてみると確かにその通りであります。

ということは…?



















現場11022601

そう、この通り、

足場がはずれてついに建物の全貌が明らかにッ!

妻と二人でテンションMAX。年甲斐もなく大盛り上がりであります。

(とりあえず今回はここまで。続きはまたあらためて


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら

もう頬づえはつかない (残り28日の現場)

桃井かおりでしたかね。
ミル姉ぇさんよぉん。(全国200人(推定)読者のうちひとりでもわかってくださる方がいたら私は嬉しい)

現場11022406

本日は19日午後の現場訪問のお話であります。
残念ながら工事はお休みでした。スケジュール通り進行していることの証と頭では理解してはおりますが建物の中に入れないのはやはり悲しい。いっそのことジューテックホームから鍵をひとつもらいたいくらいですが、彼らにも現場管理責任がある以上絶対にやりたがらないでしょうね。

まあそんなわけで今回のレポートは外装関連に限定されてしまいますがご容赦下さい。

今回のひとつめの目玉といえば、やはり2階窓際の「フラワーボックス」でしょう。
プランニングしていることを当ブログで5ヶ月ほど前にご紹介した窓際に花を飾るための木箱(即物的に言うと実に味気ないがつまりはそういうこと)」が、ついに現実のものとなったのであります。

フラワーボックス11022404

今のところ植物全般に関心が薄くしたがってフラワーボックスにも特段の愛情を注いでいるわけではない私ではありますが、それでも実物を目にするとやはり感慨深いものがあり、足場に上って至近距離からしげしげと眺めまわしてしまいました。
見た時の第一印象は、「思ったよりも大きい」というものでしたね。チマチマちっちゃいものにしてしまうと入れたい鉢が入れられないということかと思いますが、とにかく押し出しがよくて立派であります。「おらおらフラワーボックスやで文句あるかっ!」という感じで。

材質はとにかく堅くて丈夫で20年も30年も長持ちするという常識はずれの特性が笑いすら誘う「イペ材」であります。もし本当に20年朽ち果てずに永らえたとしたらその時私は60過ぎのジジイですよ。1986年のマリリンならぬ2031年の神楽嶽は園芸にも年齢なりの関心を持って自分で育てた花をフラワーボックスに飾ったりしているのでしょうか。
そんな姿まったくこれっきしもイメージできませんが人間いつどのように変わるかわかったものじゃありませんから。もし5年前の私が注文住宅づくりに血道をあげている現在の私の姿を見たらまちがいなく仰天するでしょう。


イペ材といえばもうひとつ、同じイペ材で製作予定の2階ウッドバルコニーの材料とおぼしきが、いよいよ現場に搬入されており、
バルコニーイペ材11022405

壁面にはバルコニーの基部がガッチリと据え付けられておりました。
イペバルコニー基部11022408

「最後の大物登場」という感じですねえ。これが完成したあかつきには私のテンションもまたぞろ上がりまくることでありましょう。

ところでこのバルコニーについてはひとつペンディングとなっていた(はずの)事項がありましてそれは何かと言うと「方杖(ほうづえ)」に関する件。
何やねん方杖って?とお思いの御仁もいらっしゃると思いますのでご説明致しますと、「柱と横架材の取合部に斜めに入れる部材」(「住宅建築専門用語辞典」より)のことであります。言葉ではわかりづらいので下の画像を参照して下さい。
バルコニー本体と柱を斜めに補強している柱が「方杖」です。

方杖11022401
(ジューテックホームの情報誌「ウェルドゥ」より転載させていただきました。)

プランニング段階でのジューテックホームの話では、バルコニーの強度計算の結果次第では方杖が必要になるかもしれない とのことでした。
その場合は施工前に教えていただけるとのことでしたので結局方杖は不要になったのだと理解しております。個人的な好みではないほうがスッキリしてよいと思っていたのでありがたい限り。

ちなみにこの「方杖」。私はこの記事を書くにあたってネットで調べるまで、「頬杖」と表記するものであると100%信じて疑っていませんでした。だってそっくりじゃないですか桃井かおりが頬杖をついている姿に。
いやはや思い込みというのは恐ろしいとの思いを抱くのと同時に何でも調べてみることは大切であると感じた次第であります。

さて、われらが新居の工事もいよいよクライマックス。今週末の現場ではバルコニーがその姿を現すのではないでしょうか。
その時はまたアゲアゲでレポートさせていただきますのでご期待下さい。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
にほんブログ村
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)