東急セキュリティの○○商法

なにやら不穏当なタイトルで申し訳ございません。
そのわけはこれです。

脅迫

ボカシを入れまくっているのでわかりづらいと思いますが、先日、東急セキュリティから届いた一連の資料の中にあった、われわれの新居予定地周辺の「空き巣被害発生状況」と「侵入犯罪発生状況 一覧表」であります。
見ると、われわれの新居の地域の空き巣被害件数は、他と比べてかなり多い部類に入るようです。
要するに、「お住まいの地域はこれだけ危険ですから、東急セキュリティに入ったほうが身のためですよ」とおっしゃっているわけですな。

なるほどよくわかりました。
警備システム、導入しましょう。



東急セキュリティ以外で。




東急さんには申し訳ないのですが、私はこのような、人の不安や恐怖心をいたずらにあおる商法があまり好きではないのです(というか大嫌い)。

警備会社がセールスのためにこのような情報を活用すること自体は全く問題ないと思います。

ただしそれは、顧客から求めがあった時に限り、しかも文書だけではなく口頭説明付きで行なうべきではないかと思うのです。そうしないと、必要以上の恐怖心を顧客に対して植え付け、加入しなくてもよい契約にやみくもに走らせる結果を招きかねないのではないでしょうか。

今回私は東急さんに対してこのような情報の提供を求めてはおりません。にもかかわらず、営業担当者が、黙って・一方的に「犯罪発生状況」を資料に同封して送ってきたことに、私はいささか腹を立てているのであります。ちなみにセコムやALSOKからはこの類のものは一切送られてきていません。

いたずらに事を荒立てるのは本意ではありませんのでクレームを入れたりするつもりはありませんが、とにかくこれで東急セキュリティは脱落です。御苦労様でした。

なお、本ブログにおけるセキュリティに関する話題はこれで終了とさせていただきます。
警備会社との契約の有無、あるいはどこの業者と契約するのかなどの情報についてあまりつまびらかにするのは、それこそセキュリティ上問題がある という助言を知人からもらい、確かにその通りと思ったからであります。
(なんとも世知辛い世の中ですね)

そのようなわけで、あしからずご了承下さいませ。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら

東急セキュリティの営業攻勢(警備会社の効用について考えてみる)

先日ジューテックホーム(ウェルダンノーブルハウス)営業Tさんを介してこちらの連絡先をお伝えしたところ、本日、東急セキュリティの営業Sさんから電話をいただきました。

警備会社の営業担当だけあって元気な方です。
(という感想は「イチ、ニ、サン、シ、アルソック!」のCMの見すぎか)

取り急ぎ大雑把なコストを教えていただきましたが、イニシャルは10万円台後半から、ランニングは月々3000円から という料金体系とのこと。なお、費用に関する交渉余地については、「イニシャルについてはあるがランニングについてはない」という回答でした。

また、セコムやALSOKという大手が存在する中での東急セキュリティの「強み」(=ユーザーとして東急セキュリティを選ぶ動機付け)は何なのか、あえてご質問してみたのですが、

(1) 警備員の待機場所からの距離が他社よりも近い
(2) 警備員の待機場所2拠点でカバーする
(3) 子供が帰宅してセキュリティが解除された際に携帯電話にメールが入るサービスがある
(4) 月々の料金が最初の6ヶ月間無料
(5) そのほか東急TOPカードのポイントプレゼントや東急系のスポーツクラブの優待サービスなどあり


こんなところだそうです。

このうち、セキュリティサービスそのものに関わる強みは(1)(2)あたりと思われますが、「2拠点でカバー」とだけ言われてもそれだけで優劣は判断できません。問題は拠点数ではなく、拠点に待機している警備員の数なのではないかと指摘したところ、「法律により警備員の数は明らかにできないし、同じ理由で他社の警備員数もわからない」とのこと。
まあ、警備員の数だけがわかっても、契約世帯数とのバランスがわからないと判断できませんけどね。他社との比較優位を定量的に測るのは難しいのかもしれません。じゃあ何で決めればいいんだろう? 結局ブランド力ということになるのかな?

最後に、空き巣等の被害に遭うリスク確率についても知りたかったので質問してみたところ、
「会社設立後6年間(予想以上に若い会社なので驚きました)。現在の加入世帯数がマンションを含めると25万世帯。その中で、空き巣被害はゼロ、空き巣未遂と思われるガラス破壊が1件のみ
という回答をいただきました。

たったのそれだけ? その程度のリスクならセキュリティなんか要らないんじゃない?
と直感的に思ってしまいましたが、セキュリティに加入している(=玄関にステッカーが貼ってある)ことによる犯罪抑止効果もあるかもしれませんので何とも言えないですね。

一方で、ネットを見ていると「警備会社のステッカーを貼っていることは挑戦的な態度であり逆に犯罪者を呼び込む」という、よくわからない極論も存在するようです。

結局はお守り程度の効果なのかなという気もして、10年間で50万円以上支払わねばならないお守りが高いのやら安いのやら。
というか高いよなあ…

というわけで本件についてはまったく考えのまとまらない神楽嶽なのであります。
さてどうしたものでしょう。

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

東急セキュリティの魔手(嘘)

雨ですね(@関東)
長男が楽しみにしていた「かわさき市民祭り」も開催中止とのことで、競輪場で走れるイベントがふいになってしまって私も残念です。
それから何より建築現場が心配だ。はよやめー!(※「早く止んでください」という意味の関西弁)

そういえば先日ジューテックホーム(ウェルダンノーブルハウス)営業Tさんより電話がありました。
私は不在だったので妻が電話を受けたのですが、なんでも、東急セキュリティの営業マンがわれわれの建築現場を見て、是非話(売り込み)をさせてもらいたいので私の電話番号を教えてくれとお願いされたとのこと。勝手に教えるわけにもいかないので可否を確認するため電話を下さったわけです。

セキュリティには関心がありますので快諾の旨Tさんにメールしました。その営業マンさんからそのうちお電話をいただけるでしょう。
イニシャル5万円、ランニング500円/月くらいだったら速攻でハンコを押すと言いたいところですが、本当にそんなに安かったら逆に大丈夫かと心配になりますね。何でもそうですが適正な価格の見極めが肝心でなおかつ難しい。

以上、先日の外構業者さんに続く「飛び込み営業」第2弾のお話でした。
景気の回復も各業界の最前線で働く営業の皆様の力に負うところが大きいと思っておりますので大いにがんばってほしいと思います。(ただし不動産投資とNTT光回線のしつこくて無礼で非常識な電話営業を除く)

モノクローム
降ってます

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)