新聞ストッカーの作り方

先月作ったDIY新聞ストッカーの製作工程について記録しておきます。


14100215プレカット

ホームセンターでプレカットしてもらったSPF材。(1×4×6が1枚、1×10×3が2枚)

14100202カット後

ここから更にノコギリでパーツを切り出します。


14100203木取り

パーツ取りはこんな感じで。省力化のため、カットの手間は最小限で済ませられるよう工夫しました。


14100205まず側面パーツから(ネジ止め)

パーツが取れたら速攻で組み立てに入ります。木工用ボンドで仮組みしたのち木ネジで接合していきますが、ネジ頭丸出しのハイパーど素人工作(笑)
そのうち丸棒によるダボ埋めなどにも挑戦したいのですが時間も金も技術も(言い訳は見苦しいので以下自粛)


141002064セット(まちがってる)

側面の4つのパーツが完成した…ように見えますが、皆様お気付きでしょうか? この時点で決定的な間違いを犯していることに。

14100207当然の帰結・点対称・紐がかけづらいのが致命的

このまま組み立てるとこんな形(点対称)になってしまうのだッ!


14102101正解

正しくはこうなるべき(線対称)であるにもかかわらずッ!!(※作り直した後で撮影)


14100208正しい姿

というわけで半泣きになりながら二つを分解、左右逆の形状に作り直しました。笑いたきゃ笑えばいいさ。


14100210組み立て

いやあ生きているといろんなことがありますなあなどとうそぶきつつ組み立て再開。


14100211形に

底板を取り付けると一気に完成形に近づいて気分もアガるのであります。


14100212底補強

底板をもう1枚追加し、二重底構造にして強度を確保。


14100213一応完成

これで形は完成。ヘタクソな工作といえども思い描いたとおりの立体が組み上がっていくのは楽しいですね。

プレカットの状態からここまでで4時間くらいかかりましたが、失敗の手戻りの時間も含んでいるので要領よく進めれば2時間程度で出来るのではないかと思います。


14102120現在

で、これが現在の様子。試作品とはいえ、ささくれで怪我したりしないようサンドペーパーで最低限の表面処理は施してあります。


14102102邪道

先週末バルコニーで秋のバーベキュー大会を催した際などは調味料や食材の置台として大活躍。

先日のミニテーブル仕様といい、古新聞をストックするという本来の役割からどんどん遠ざかっているのが非常に気掛かりです(笑)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

一石三鳥

昨晩帰宅してリビングに入ると、表面仕上げがまだのため一旦片付けておいた筈の自作新聞ストッカーが、ソファの前にスツールモード(=逆さまの状態)で鎮座ましましているじゃあ~りませんか。

14100712テーブル

こんな座り心地の悪いシロモノ(しかも未完成)にまさか本当に誰か座らせたんじゃあるまいなと心配になって妻に尋ねると、「そうじゃなくて、マグカップとか置くのに便利なの」とのこと。


141007133WAY

ソファで休憩する際のミニテーブルとして使ってみたわけですな。(いろいろ検討していますがリビングには未だテーブルがありません)
スツールのみならずテーブルにもなる3WAY仕様だったとは、製作者すら知らなんだ。


14102202ふた付き

実は最初のプランニング段階では、フタを付けミニテーブルとして使用可能にするアイディアもありました(ひっくり返して使うのはそのたびにストックした新聞紙を取り出さねばならず実用的ではないので)。

試作品として早く形にすることを優先したためフタは見送りましたが、できればもう1台リビングに置いてもそれなりにサマになる物を製作したいという身の程知らずな野望を抱いており、その時はフタ付きテーブル仕様も素敵だネとあらぬ妄想に浸っているのであります。
正式な家具扱いなら多少お金をかけても言い訳が立つよなあとか、いや待てよ中に古新聞の詰まったテーブルなんてみっともないかなとか。

家づくりもそうですが、ああでもないこうでもないと計画している時がいちばん楽しいんですよね。


で、実行に移す前に計画だけでお腹いっぱいになってしまうという(笑)


続きます

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

DIYで作ったモノ

14092810洗濯室

洗面室のスロップシンク下に二段重ねで配置されたカゴ(たぶん無印の「ブリ材角型バスケット」というやつ。というかブリ材って何?)。

14092811新聞

この中に古新聞をストックしているのですが、使い勝手は正直あまりよろしくありません。特にたまった新聞を古紙回収に出す際、(1)カゴからいちいち取り出し(しかも3~4回に分けないと出せない) (2)再度積み上げ (3)紐でまとめる という一連のプロセスがなんとも面倒なのです。

この状況を解決できる収納箱が欲しい。

14092808これは何でしょう?

というわけで、先週末のDIYにより製作を目論んだのは「新聞ストッカー」だったのであります。


日曜日の貴重な時間の半分以上を費やしてどうにかこうにか形にしたのがこちら↓

14092812新聞ストッカー

どうですか奥さん!イメージ図そのままでしょう!?(必死)


14092813張り出し

ポイントは内側の底から10センチくらいの所にせり出した4枚の板。

14092814新聞イン

収納した古新聞が、

14092815フロート構造

宙に浮く格好になるわけです。

14092816ウデ

下部4箇所の隙間から紐をくぐらせれば箱に入れた状態のままでまとめることができるというナイスアイディア。ドクター中松も真っ青の大発明であります!


考えたのは私じゃないんですけどね。

14092817パクリ元2

「新聞が浮く構造」のコンセプトは臆面もなく↑こちらからパクらせていただいたのでした。
デザインスタジオ DRILL DESIGNによる、「OLD NEWS PAPERS」。

スチールの骨組とタモ材とで構成された姿が実にスタイリッシュですが、残念ながら現在は販売終了となっている様子。

14093003高級家具

販売価格は123,429円 …ってマジっすか!?
ケタ間違っているんじゃないかと思いましたがよく読んでみると1台のみの限定販売(しかも製作総数はそれを含めて3台きり)だったようです。そりゃ高い筈だわ。


さて、パクリ元の超高級品よりも私の手作りストッカーが勝っている点がひとつだけあります。

それはネ、

14092818座り心地はよくない

ひっくり返すとスツールに変身することなんだ☆
これで急なお客様も安心だネ♪(本当に腰掛けることができました。座面の高さもいい感じ(笑))

まあわざわざ新聞出してひっくり返して座る機会なんてありませんが… 座り心地もものすごく悪いし。


ところで実は同様のフローティング構造を採用した製品がもっとお手頃な値段で売ってたりもします。

14093004庶民の味方

浮き浮き新聞ストッカー」(「らくらく新聞しばり」の名称で販売されている例もあり)。
安いショップだと2,000円弱。

………。

今回の製作のための出費とほぼ同額であることを考えるとわたくしのDIYは自己満足以外の何ものでもないわけですがいいんですいいんです自己さえ満足していれば!


作ることに意義があるのだッ!!


つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

発作的木工DIY

技術も道具もないくせに時折思い出したように顔を出すわたくしの木工系DIY衝動。
(過去作品(※笑うべからず): FAXスタンド壁に付けられる照明イケアBENNO上部追加ユニット回転窓用網戸ファブリックパネル

先週、その発作が例によって何の前ぶれもなく訪れたのであります。

14092807ポンチ絵

矢も盾もたまらずいい加減なポンチ絵を殴り描きしてイメージを固め、

14092803シマホ

土曜日の午後いつもの島忠ホームズ町田三輪店へ出撃、

14092809材料

調達した材料は以下の通り。

・SPF材 1×10×3(19×235×910mm) 2枚
・SPF材 1×4×6(19×89×1830mm) 1枚
・木ネジ 2パック

費用は合計2,000円くらい。


14092804カットコーナー受付

今回はこれまでよりもいくぶん手の込んだ工作になるため、木材のカットサービスというものを初めて利用してみました。電動工具レス、テクニックレスのわたくしが長尺の木材をきれいに切断したり接合のためのフラットな断面を確保するのは至難の業であることを、これまでの経験で学習したのです。


14092805カット受付用紙

シマホでカットサービスを頼む際は、このような用紙に依頼内容を図解で記入します。
カット料金は直線ワンカットあたり32円。3箇所頼んで96円支払いました。適正な対価なのかどうかはよくわかりませんが(私の前で料金を確認していたご婦人は去り際に一言「高っ!」と呟いてた)、いずれにせよ自分の手では不可能なことをやってもらえるのは助かるのであります。


14092806カット後

19×280×910mmのSPF材2枚をそれぞれカットしてもらった結果はこのとおり。いい案配ですな。


14092808これは何でしょう?

調達した材料でコレ↑の製作を目論んだわけですが、この怪しげな物体は一体何でしょう?


…ホントは結論まで書きたかったのですが眠くてたまらないので本日はここまで。ゴメンナサイ。


つづく

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

無印のテレビボードの顛末

昨日の記事ではお騒がせしてすみませんでした<(_ _)>

もうとっくに日付も変わったのでもとの正直で真面目なわたくしに戻ります。(←ツッコミどころ)




さて今回は、無印良品テレビボード(AVラック)不具合のお話の続きでございます。

思い起こせば2年前の春、わが家の無印良品AVラックの最初の不具合は、扉サイドのアームパーツで発生しました。
開閉時に過大な負荷がかかる構造になっていたらしく、最後には金属製のアームが関節部分で分解してしまうという信じられない結末を迎えたのです。

12051103アウト

このトラブル(※うちのやつ以外でも複数件発生したとのこと)を受け、無印は当該製品の仕様の抜本的な見直しを実行。これによりアームパーツは以前とは全く異なる形状に変更されたわけですが、初回の不具合のインパクトがよほど強烈であったのでしょうか、私の脳内には

 扉開閉の不具合 ⇒ アームの不具合

という回路がガッチリと形成されてしまったらしいんですな。

3度目の不具合発生に際し「アーム部に注油しても症状が改善しなければもはや処置無し」と思い込んでしまったのはこういった経緯によるものであり、決してわたくしの責任ではないのであります。



神楽嶽の奴のっけからいったい何をグダグダ言っているのかとお思いでしょう。

まあ聞いてやってください。


無印と電話で話してから数週間ほど経った日のことだったでしょうか、ふとした思い付きから、アームではなく扉の蝶番部分にKURE5-56を差してみたのです。

14040201呉5-56

すると、

開閉時の引っ掛かり症状がウソのように消えてしまったではありませんか!

これであっさり解決。

なんということでしょう?

無印に電話する前に一度でも蝶番部への注油を試みておけば、返金いたしますだのイヤそれはもったいないからやめてくださいだのといったシチ面倒くさいやり取りを繰り広げる必要はなかったということであります。


………。



ゴメン無印!

というか問い合わせた時に「アームに注油したけどダメだったんです」って伝えてるんだから「蝶番のほうは試してみましたか?」とかアドバイスしてくれよ無印!
(いやたぶん販売元といえどもそこまでの知見が蓄積されていなかったということだとは思いますけどね)


それにしてもこの蝶番、あらためてよく観察してみれば結構複雑な形状をしています。

14040204蝶番

もっと普通のシンプルな蝶番にしておけばこんなトラブルは起こらなかったんじゃないかという気がして仕方がないわけですが、きっとシロウトには考えの及ばない何らかの深い理由があるのでしょう。(それともいまどきの家具の蝶番ってみんなこんな形なの?)


ともあれ、扉が正常に動作するようになったことで問題は解消しました。

KURE5-56を差してから既に数ヵ月経過していますが今のところ再発の気配はなく、今後仮に再発したとしてもその程度の注油インターバルで解決するならば実用上の差し障りはありません。

ちなみにもうひとつのプチ不具合(扉開放時の左右段差)は未解決ですが、こちらについては実用上の問題は生じていないため当面放置することとします。まあ大丈夫でしょうたぶん。


14040203末永く


こうして「20年は使うぞ計画」の達成へ向け一つのハードルを乗り越えたわたくしに、惜しみない喝采をッ!


(などと強引に盛り上げつつ、無印良品AVラック 3回目の不具合編・完。 お付き合いいただきありがとうございました。)


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)