注文住宅の見積もりで損をしないために

最近某HMで注文住宅を建てた友人の経験談をご紹介します。 


友人は慎重な性格で、契約にあたってはまず設備等の仕様をしっかり固めてからという考えを持っていたのですが、「変更は後でいくらでもききますからまずは契約を」 と営業氏に促され、そういうことならとその時点での大雑把な見積もりをベースに工事請負契約を締結したそうです。 

その後の詳細検討により、設備の追加やグレードアップ等で100万円の追加コストが発生しました。 ところが、修正された積算書を見ると増加額は110万円になっている。 訝しく思って内訳をチェックすると、「諸経費」 の名目で10万円が追加計上されているではありませんか。 

以下、両者のやり取りです。 

友人: 「この 『諸経費』 という項目は初めて見たのですが?」 

営業氏: 「それは、仕様変更に伴う費用ですね。 追加金額の10%をいただいています。」 

友: 「なるほど。 もし契約前にこの100万円が計上されていたらどうなっていたのでしょう?」 

営: 「諸経費の10万円は発生していなかったことになります。」 

友: 「つまり、全く同じ家でも、仕様を最初に固めておくか後で追加するかによって価格が変わってくると?」 

営: 「そういうことになります。」 

友: 「最初に仕様を固めておきたいとお願いした際、後でいくらでも変更可能という話でしたよね?」 

営: 「はい。」 

友: 「その時、追加分には10%の諸経費が乗せられるという説明はしていただけましたっけ?」 

営: 「…いいえ。」 

友: 「最初に仕様を固めたいというこちらの希望を引っくり返したのはそちらですよね?」 

営: 「……はい。」 

友: 「そのために発生する可能性のある追加コストについて説明して下さらなかったのは何故ですか?」 

営: 「…………」 

友: 「…………」 


この話が最終的にどうなったかと申しますと、HM側が自らの非を認めて和解、追加仕様にかかる諸経費は請求されないことになり、事なきを得たそうです。 よかったよかった。 



注文住宅費用の中の 「諸経費」 は、施主にとってはブラックボックスになりがちな項目であり、トラブルの原因となることもしばしばという話を聞きます。 
諸経費に関する対応はHMによってまちまちであると思われますが、事前の説明なしで、当該仕様が事後追加であった場合にのみ諸経費を計上する (結果、全く同じ仕様の住宅の価格が、契約後の追加の有無によって異なることになる) というやり方は、私も問題であると感じます。 


こういったトラブルから身を守るための処し方につき脳内シミュレーションを試みたところ、

(1) 予め、HMに対して諸経費発生の仕組みについて確認しておく 

あるいは (若干裏ワザめきますが)、

(2) 契約時点では 「全部入り」、すなわち、希望する可能性のある設備は目一杯全部、各設備のグレードについても希望する可能性のあるいちばん高いレベルで見積もっておく (※減額の場合には諸経費を発生させづらいと推測されるため) 

こういった手段が有効なのではないかという結論に達しました (あくまでも机上の空論に過ぎぬためこれで万全とは言えませんが…)。 


以上、これからHMとの契約に臨まれる方のご参考になれば幸いです。 


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
姉さん、今回は画像も笑いも入れられず息が詰まりそうです! 

建具コストダウンのツケが回ってきた

13042901昭和の日

GW3日目。 昭和の日も快晴でありますが、次男坊の風邪が治ってきたと思ったら今度は私が軽く体調を崩しまして、自宅敷地内でゴソゴソと過ごしております。 

13042902水撒き

庭の手入れをしたり、

13042903整理

PCコーナーダンボール撤去プロジェクトを引き続き推進したり。 
家にいてもやることがいろいろあって飽きないなあ! とポジティブシンキング (笑)。 


13042906WTC折戸

さてそんな折、ウォークスルークロゼット (WTC) の折戸 (ダイケン FED300-12WH) がやけにガタつくのが気になって調べてみましたところ、軸受金具サイドのネジが緩んでいることが判明しました。 

13042904グラグラ

こんな具合にグラグラであります。 

13042907外し

底面のネジを外し、

13042908締め

緩んでいたサイドのネジをしっかりと締め込み、

13042909締め

底面ネジを元に戻せばOK。 
わが家のWTCはクロゼットとしての用途以外に通路としても頻繁に利用しているため、一般的なクロゼット折戸よりも酷使されているのかもしれません。 

酷使の痕跡といえば他にもありまして、ドアパネルの角の部分に傷が数箇所見つかりました。 

13042905疵

ドアの開閉時に金具が当たった衝撃で生じたものと推測されます。 

13042910木工用ボンド

さっそく補修開始。 剥がれた部分を木工用ボンドで整え、

13042911修正液

修正液 (確か30年近く前に買ったものなのにいまだに現役で驚き) でチョチョイとな。 

13042912大体で

完了でございます。 そんなに目立つ部分じゃないから大体でエエのよ大体で。 

「傷も味のうち」 と言える無垢材と異なり、MDF材は傷が付くとあっという間にみすぼらしくなります。 建築プランニングの際、室内ドアの仕様をパイン無垢からMDFへ切り替えたのですが、MDFにはこういった弱点があったんですね。 

ま、それもコストダウンのために納得ずくで決めたこと。 こうやってマメに手を入れながら、大事に付き合っていこうと思っております。 



にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
いつも応援いただきありがとうございます。
上のバナーをクリックすると当ブログへランキングポイントが加算され、同時ににほんブログ村の輸入住宅/注文住宅のページが開きます。

施主支給 3つの心得

エアコンと「スノーボール」以外の施主支給品手配について、未だ一切手つかずの状態なのであります。

カワジュンの水まわりアクセサリなどについては、結構品薄である旨の情報がネットショップなどから発信されているようですので、そろそろ準備を始めなければと考えています。

ということで今回は、僭越ながら施主支給を行なう上での心得について自分なりに感じていることを整理してみようと思います。

(1) 施主支給の対象となりうるものを知る
まずは「何が施主支給の対象となるのか?」を知るところから始めましょう。
極端な話、住宅を構成する部材・設備は全て施主支給できる可能性があります。ネット掲示板などでは「構造材を施主支給した」というツワモノの例も報告されていたりしますので(すごいなあ)。

極端な例はさておくとして、一般的には、

・照明器具
・エアコン
・インターホンなどのその他電設器具
・キッチン、バスユニット、トイレなどの水まわり設備


などが代表格と言えるでしょうか。

(2) 施主支給の対象を決定する
施主支給にはかなりの手間がかかります。基本的には、施主自身の手で注文から受取、現場搬入までを行なうことになるものですから。HMや工務店との搬入スケジュール等の相談も必要となりますし。

なんでもかんでも施主支給と手を広げすぎると、破綻してしまう危険性があります。どの程度の手間がかかりそうか、自分がどこまで手間をかけられる余裕がありそうか、よく考えた上で施主支給対象を決めましょう。

施主支給にあたり、HM・工務店との間の搬入スケジュール調整などを一手に引き受けてくれるような業者も存在しているようですので、そういったところをうまく活用するのもよいかもしれません。

(3) 施主支給についてHM・工務店と交渉する
HMとの施主支給に関する交渉は、絶対に契約前に行なうべきです。しかもできるだけ個別具体的に。
施主支給交渉に関わる極意は、ほぼこの一点に尽きると言ってよいと思います。

契約前であれば、多少の無理なら聞いてもらえるかもしれません。よく言われることですが、われわれ施主が最も強い立場にあるのは契約前を置いて他にはありませんから。

もちろん、強い立場を利用してメチャクチャな要求をしてよいというわけではありません。そんなことをすると最悪の場合HM側が引いてしまう危険性があります。あくまでも「お願いベース」で相談してみる ということです。

私の場合、ジューテックホーム(ウェルダンノーブルハウス)との契約前に施主支給の件についてほとんど相談をしなかったことが反省点のひとつとなっています。「後悔している」というほどではありませんが、「契約前にお願いしておけば、もう少し施主支給範囲を広げられたかなー」と思っております。

まあ、契約前はいろいろと考えねばならないことが多くて、施主支給あたりにはなかなか考えがまわらなかったりするのが現実ですけれどね。

以上、これから施主支給を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
↑ここをクリックいただけると当ブログのランキングが上がって私は嬉しいのですが同時ににほんブログ村の輸入住宅ブログランキングにジャンプしますので煩わしく思われる方はクリックしないで下さい。詳しいご説明はこちら

コストダウン(その9) 施主支給(エアコン)(2)

エアコン施主支給方針。前回の続きであります。
ダラダラやりすぎるのもなんなので駆け足で参りましょうか。(と言っても今回も長くなりますよー きっと)

■2010年モデル■
エアコンは各社とも1年に1度、秋から冬にかけて製品のモデルチェンジを行ないます。まさに今がそのタイミングというわけです。
すなわち、今は2010年モデルが叩き売りモードに突入しているということ。安いです。2011年モデルを春先まで待って購入したとしても、同じレベルまで下がることは期待できません。

機能については新モデルの方が上ということになるでしょうが、大幅に変わることはないため(三菱の7.1Kwモデルで見ると暖房機能が向上しているようですがわが家では暖房をエアコンに頼る予定がないので意味なし。床暖房の効果を信じます。頼むでー)2010年モデルで十分と割り切ることにします。

よって、2010年モデルに決定。

■家電量販店■
市販モデルを安く買いたい場合の選択肢は、オークションは信頼性に大きく疑問符が付くので却下とすると、家電量販店かネット通販のいずれかになるのではと思います。(そのほか「ジャパネットたかた」という大穴もあり)
ネット通販ですが、故障等のトラブルを想定した時に一抹の不安が… 高価でしかも長く使う品物のネット購入はためらわれます。

なんだかんだ言ってもやはり量販店のほうが、相手の「顔」が見えて、何かあったらすぐに実店舗に駆け込むことができる安心感があります。また、高価なモデルには10年間などの長期保証が付くことが多く、これもいざという時の安心につながります。

というわけで(値引き交渉は面倒だしポイントにポイントのつかないポイントは嫌いだけれども)家電量販店での購入に決定。

■11月中■
これは家電エコポイントを意識しています。できることなら12月からの減額措置の前に購入しておきたいのであります。しかしながら、4台ものエアコンを買ってきて保管できるスペースは今のわが家にはありません。
以前はそう考えて、エアコンは来年に入ってからしか買えないと結論づけていました。これは以前の記事でも書いたとおりです。

ところが、最近ヤマダ電機で話を聞いてみると、「購入手続きから3か月までは取り置きが可能」と言うのです。これには驚きました。というのも、過去に別の量販店(確かビックカメラだったと思います)で、「取り置きは1ヶ月が限度」という話を聞いた記憶があったからです。どこの店もそれと似たようなものと勝手に思い込んでいました。
この情報によって状況はガラリと変わり、「11月末購入→3ヶ月後の来年2月末に現場へ発送を予定→途中で少し延期して3月上旬に発送」というシナリオが十分成立することになったのであります。

購入タイミングは11月中に決定。
もうそれほど時間がありませんし、2010年モデルの品切れも心配なので、早期決着を目指します。

■可能な限り安く購入■
「他人よりも高い価格で買うのは嫌」のポリシーに従い、家電量販店との価格交渉にあたっては総力戦で臨む覚悟であります。
先日の冷蔵庫購入において、モデルチェンジ後の型落ち品にはかなりの買い叩き余地があることを学習しましたので、ここは血も涙もない客になって(前からそうですけど)店員さんには泣いてもらいます。

ただし、冷蔵庫の時のように5軒も6軒も店をまわるのは疲れるし時間もかかるので何としてでも避けたいところ。
そこで先日、ヤマダ電機某店にて店員さんをつかまえ、「まとめて4台購入するからとにかくギリギリの価格を出してくれ」と迫ったところ、かなりいいセン(と私には思える)の見積もりを出していただけました。ハイスペックの7.1Kw1台、ロースペックの2.8kw2台、2.2Kw1台(全て取付工事なし)の構成で約35万円(+ポイント約3.5万円)です。
このままで決定か、それとも他店交渉をからめてもう一段のアップを目指すかは今後の交渉次第ですが、とにもかくにも方針は「可能な限り安く購入」であります。

■設置工事はジューテックホームに依頼■
これはかなり悩みましたが、某店の店員さんのコメントが決定打となりました。

「うーん、取付はウチでやると雑になるという話も聞きますので、ハウジングメーカーさんにお願いしたほうがいいかもしれないですね」

噂にはよく聞く話ではありますが、当の店員さんの口から発せられると重みが違いますよね。(いっぽうで私は「なんて正直なんだろう」と純粋に感心しましたが)

おそらくコスト的には量販店に依頼したほうが安く済むと思われますが、ここは安心感を優先して「ジューテックホームに依頼」で決定。

ところで、量販店で「標準工事費込み」で売っているエアコンを「工事なし」で買うと、工事費ぶんの1万円程度の金額を引いてもらえます。当然と言えば当然すぎるほどの話ですが、私には意外でした。「もともとサービスでやらせていただいている工事ですので、工事なしでも価格は変わりません」などと来るとばかり思っていたからです。値引の仕組みは不透明でも、こういうところは明朗会計なんですね。

2010.11.9追記
工事料金値引の対応は会社及び同じ会社でも店舗によって異なります。

・ビックカメラ⇒ 「工事抜きの場合でも工事料金の値引きは行いません」(有楽町店 店員談)

・ヤマダ電機⇒ 「エアコン本体のみの販売は致しません」(首都圏チラシ記載)

但しヤマダ電機は店舗によって対応が異なります。大井町店、自由が丘店は値引き対応を恒常的に行なっている様子。向ヶ丘店ではチラシ通り「エアコン本体のみの販売はしない」との説明でしたが、他店舗では工事料金値引きで対応してもらえる旨を伝えると一転し、「『特別に』工事料金を引いて販売させていただきます」とのこと。交渉によって結果が違ってくるようです。

・コジマ⇒ 「工事料金を『若干』(私が聞いたときは8000円でした)値引きさせていただきます」(梶ヶ谷店 店員談)

このように各社バラバラで、しかもヤマダ電機のように会社全体のポリシーと店舗の対応が異なるケースも多そうです。
エアコンを量販店で購入して工事を他で行なうことを検討する場合は、その店舗と十分相談・交渉することをお奨めいたします。


■設置工事のタイミングに合わせて発送■
これはすでに「11月中」のところでご説明した通りですね。

ちなみに、ジューテックホーム(ウェルダンノーブルハウス)さんからは、エアコン施主支給の場合の支給タイミングとして、おおむね3月の初旬あたりになるだろうと言われています。
実は11月中の購入だと「3ヶ月ルール」で2月中の発送となってしまい少々具合が悪いのですが、「途中で都合が悪くなったことにして3月まで延ばしてもらえばいいんですよ」との裏ワザを某店店員さんに伝授していただきました。(先の「自分の店のエアコン工事は雑」発言と同じ店員さん。この人は若いのに商品知識や周辺情報に精通しており、しかもそれを立て板に水の調子で教えて下さるものだから私は本当に感心したものです)

以上、エアコン購入にあたっての基本方針を2回にわたってお届けしました。
やはり今回も長くなってしまってスミマセン。(そういえば妻は前回の記事の長さを見て「私は読まない」と言い切っておりました。(泣))

この方針に従って11月中に決着をつけます。
結果についてはまたいずれご報告致します。 (結果レポートはこちら) 

 ■本施策によるコストダウン効果:約36万円
(現時点での試算。ちなみにエアコン本体の価格差は40万円に達します。うーむ)

長いドラえもん2
妻が描いた本文と同じように長ーいドラえもん。首輪がないことを次男が速攻で指摘。「野良えもん」か?

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

コストダウン(その8) 施主支給(エアコン)(1)

ついにエアコンに関する方針を固めたのであります。

具体的なメーカー・品番等はこれから決定しますが、基本方針は、

・住宅設備用ではない一般品の
・2010年モデルを
・家電量販店で
・11月中に
・可能な限り安く購入し
・ジューテックに依頼する設置工事の
・タイミングに合わせて発送を行なってもらう


としました。

以下、それぞれの項目について説明していきます。が、おそらく大長編ドラえもんのように長くなると思いますので興味のない方は読み飛ばして下さいませ。

■住宅設備用ではない一般品■

家電メーカーの扱うエアコンには、「住宅設備用」とそれ以外の「一般品」の2種類が存在します。
住宅用は家電量販店などの一般ルートでは取り扱われず、もっぱらHMや工務店、あるいはリフォーム業者等の住宅設備関連業者を通してしか入手することができません。(そのほか、価格コムに掲載の業者では取り扱いがあるようです)
メーカー都合の販売戦略による区分であると考えられますが、ここでその是非を論ずることは控えます。

ジューテックホーム(ウェルダンノーブルハウス)は、三菱電機とのパイプが太いようで、取り扱う住宅設備用エアコンは三菱電機製となります(ちなみに換気設備についても同様です)。

各メーカーとも、住宅設備用と一般用とで仕様を変えることがあるようですが、こと三菱電機の最上位シリーズ(住宅用:ZXV 一般用:ZW)に関しては、一見しただけでは型番以外の相違点を見つけることができません。
両者のホームページも、

 住宅設備用(ZXV)
 一般用(ZW)

リンク先を見ていただけるとわかりますが、もう双子のようにソックリ というかほぼ同じです。

ただ、目を皿のようにして探してみると、配管に関するスペック(配管長/高低差)に違いがあることがわかります。住宅設備用のほうが、より高い場所に・より長い配管を使って設置できますよ ということになっているんですね。

それからもう一点、これは両者のカタログを見るとわかりますが、住宅設備用については、全グレード・全モデルについて「日本製」であることが強調されています。いっぽう、一般用カタログをななめ読みする限りでは、製造国を知ることはできません(どこかに小さい文字で記載されているかもしれませんが)。

以上のような相違点の存在は認識しましたが、問題は、「だからどうなのか?」であります。

先に製造国について延べますと、これはもう個人的偏見の世界になりますが、頭の古い私はメイドインジャパンのほうを好みます。(今いちばん購買意欲がわかないのは理不尽なわがままばかり言って日本を困らせているお隣の大国製の製品)

いっぽうの配管については、われわれの場合そんなに高い場所への設置ではないため、スペックとしては一般用で十分です。ただし、このスペック差が何に起因するものなのかについては大いに気になります。この相違の背景にカタログでは読み取れないなんらかの決定的な違いがあるのであれば、あえて住宅設備用のほうを選択する理由になるかもしれません。

ここまで調べた後、三菱電機の「お客様相談センター」に電話で問い合わせてみました。
私もかなり食い下がりましたので途中でこじれたりもしましたが結果のみ以下の通りご紹介します。

【製造国】
・一般品についても、全グレード全モデルが日本製。静岡製作所とのこと。

【配管スペック】
・ZXV(住宅設備用)とZW(一般品)との間に機能上の違いはない
・コンプレッサーについても同じ部品を使用している
・ただし、配管に関する「保証値」は変えている
・機能・部品ともに同じであるにもかかわらず保証値だけを変える理由については「わからない」(そんな回答でいいの?)

ということです。
製造国についてはいずれもメイドインジャパンということで無事解決ですが、配管スペックについては肝心なところが不明のままです
解釈次第では「完全に全く同じ製品だが保証値のみを変えている」と理解できなくもありませんが、本当にそんなことがあり得るのか(あるいはあってよいのか)という根本的な疑問は解消しません。全く同じ製品なら、一般用でも住宅設備用と同じ保証値を付けるべきではないのか と考えてしまいます。

ネット上に解答を求めてみても、「どちらも同じ製品だ」「住宅設備用のほうが丈夫で長持ちだ」という2種類の主張が存在し、残念ながら両者とも十分なロジックや説得力を持っているようには思えません。

完全に手詰まりとなりましたので、ここでやむなく見切り発車の結論を出すことにしました。
それは、「両者に決定的な差が存在することが明らかでない以上、同等であると見なす。よって、価格の安いほうを選択する」というものです。

ということで価格比較に移るわけですが、これは大方の予想通り一般品の圧勝であります。

三菱電機の2010年モデルの最上位シリーズ(住宅用:ZXV 一般用:ZW)の7.1Kwモデルをそれぞれ比較すると、両者の価格差はおおむね15万円ほど。(住宅設備用はジューテックホームの見積価格、一般用は家電量販店で教えてもらったおおよその価格)設置工事をジューテックホームに依頼した場合の料金の差額(よくある話ですが施主支給の場合のほうが余計に支払わねばなりません)を勘案しても、一般用のコスト優位は揺らぎません。

ここに至ってようやくこの問題にケリがつきました(長かったでしょう?)。

私は、住宅設備用ではなく、一般用のエアコンを選択します

(まだまだ終わってたまるものですかッ! というわけで懲りずに(2)に続きます)

ド×えもん
関係ありませんがうまい棒のキャラってドラえもんのパクリですよね

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
プロフィール

神楽嶽ヒロシ

Author:神楽嶽ヒロシ
いらっしゃいませ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
pid (8)
月別アーカイブ
最新コメント
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
カウンタ(2011年1月22日設置)